« 「シアターアーツ」2006春号 | トップページ | 南への思いはあつい、、、、 »

2006.04.16

「中江丑吉の人間像」@風媒社

1976-7-5 第2刷新定版 1970-6-10第1刷ってあるけど、1970年に購入した記憶はないので、1976年ころに購入したんだ。捜し物をしていて見つけた。明治デモクラシーで、土佐派は、福沢諭吉の英国流二大政党説に対抗して、ルソーを訳していた中江兆民により、フランス流の政治を主張したと、あるから、その関連かも。丑吉は、兆民の子。大正はじめから北京に住み、昭和17年没(54歳)

日本の敗戦を早くから予想。
当時丑吉宅を訪れた東京帝大生が、中国インテリと交わしている会話
学「我々は平和を愛す、チャイニーズ、インテリゲンチャは如何に」
中「我々はこの戦争が長引くことを望む。日本はかならず疲弊する。日本の一時的支配が10年、20年続こうが、いつかは、日本がチャイナから退却してゆかねばならぬのは、チャイナの歴史からはあきらかである」

後の東京教育大学教授となる人は、当時の満鉄に就職しようとして、丑吉から「満州事変からの進行は、日本が世界からいじめられる発端だ。大きな機関には就職するな」とアドバイスされている。

(麻の白服をきた白人をみて)「あれは、半ダースももっててどんどん着替えるんだぜ、あんたの一張羅とはわけがちがう。日本の資本主義はまだサラリーマンに白服を着せられないんだぜ」

こういう中江さんに接した人の中江さんの回想録等である。

|

« 「シアターアーツ」2006春号 | トップページ | 南への思いはあつい、、、、 »

コメント

悠さん、こんにちわ。
恥ずかしながら・・・中江丑吉という人物を存じ上げません。
(どれくらい恥ずかしいのかも見当がつきません)
が、麻の白服話はいーですねぇ。
これだけで人物像がふくらみます。
今なら、白い麻スーツのビジネスマンは流行りませんし、日本の資本主義はサラリーマンに暖かい昼飯も食べさせらんねーんだぜ!と言って・・・・ヴェトナムやタイと比較しちゃったりして(笑)

投稿: みほ | 2006.04.18 17:54

■みほさん、こんばんは。
>ヴェトナムやタイと比較しちゃったりして
サラリーマンの昼食どうしてんでしょ。そばや、定食屋さんであうけど(おいらもいいもの食べてません(^_^;)。すこし、時間のあるとき食べにいくところは、お客さん、女性ばっかし。絶対女性の方がいいもの食べてますね。ヴェトナム、タイは、どうなんです??
丑吉さんって、おいらの友人、知人、だれも知らない、その程度の知名度です(^^)。

投稿: 悠 | 2006.04.18 19:35

私の周りはワンコイン族ではないと思うのですが・・・
コンビニのおにぎりとか、パンとか・・・多いですよ。
ヴェトナム、タイに限らないかもしれませんが・・・勝手な持論ですが、アジアで一番ゴハンをおろそかにしてるのって、日本人かな~と思います。
私自身は、少しおろそかにしてもいーのかな~って思ってますけど(^_^.)
違う意味で、白い服着せられません・・・。

投稿: みほ | 2006.04.19 16:59

■みほさん、こんばんは。
他の国はしらないのですが、そうか、日本って、あんまりゆったりすごしてなさそうですね。休みの取り方みてても^_^;。女性の服装が、白がおおいな~と思うこのふぉろですが。

投稿: 悠 | 2006.04.19 20:11

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/140581/9622061

この記事へのトラックバック一覧です: 「中江丑吉の人間像」@風媒社:

« 「シアターアーツ」2006春号 | トップページ | 南への思いはあつい、、、、 »