« 悠亭日常2006-4-23 | トップページ | 悠亭読書2006-4-26 »

2006.04.24

観なかった芝居。。。。「さんしょう太夫」

ふじたあさや作、香川良成演出の「さんしょう太夫」@前進座
おなじみの「安寿と厨子王」の説教節をみたひとから、最初、説教語りが舞台にあがり、、、それぞれ、安寿、、、などの役を演じ、最後は、また、最初登場した姿になって客席から出て行く、、、、、、

ってな芝居でって話を聞いて、ひゃ〜すごいな。って何がすごいんやろう、ってそれから考えてた(下手な考え休むに似たり)。

安寿と厨子王の物語って、説教節だったんだ。つーことは、語る人がいたわけだ。
ブレヒトの「異化効果」って、観客に感情移入させずに、カタルシスをあじあわさせないって芝居の演出なんだけど、それを思い出した。

この芝居、物語だけではなく、物語が作られてゆく、ものがたり、のバックステージまで見せる。

で、この物語をつくったのは、当時の民衆でもあり、支配層でもある。

安寿、厨子王が売られゆく、社会。でも、その社会に反抗するには、「山椒大夫」より、偉くならねばならぬ、下層のままでは、仕返しはできない。

こう語ることによって、社会に反抗するエネルギーを、上に上昇してゆくエネルギーにすいとってゆく。

うまい、物語だ、民衆の叛乱のエネルギーを、「カタルシス」(復讐物語が成就する)を与え、エネルギーを吸収する。。。。

たぶん、おいらが、芝居の感想を聞いただけで、面白いと思ったのは、こんな理由からかな。

|

« 悠亭日常2006-4-23 | トップページ | 悠亭読書2006-4-26 »

コメント

こんばんは。
山椒大夫というと、子どもの頃に観た「東映まんがまつり」のアニメを思い出します。
アニメといって、馬鹿にできません。
それはそれは、今のアニメにはない、たおやかさのあるなめらかな動きと美しい映像でした。

なんちって、原作は、読んだのか?>自分(爆)

社会的な不公平感からくる不満を上昇志向のエネルギーに転化する作用がある、ということでしょうか? うーん。上昇するには、時間がかかりそうですね。

投稿: あかん隊 | 2006.04.24 23:44

■あかん隊さん、おはよう。
もともとは、説教節なんですけど(って浪花節みたいなもんかな(^^ゞ)、この物語がはやったってことは、中世に、涙を流して聞いてた人がいるんだ。なにか仕返ししようとすると、上昇しなきゃ、って、そのうち、あれ、なんでこんなことしてんだ、になりますよね、きっと。

投稿: 悠 | 2006.04.25 07:00

はじめまして.
この作品はついこの間前進座劇場に観に行き,感想をblogに記しています.
歌舞伎や狂言の「型」の影響がある様式的な演技にもかかわらず,親子の別れとか母との再会などのベタな泣かせの場面でぐっと泣かされてしまいました.
公演はよくお客さんが入っていましたが,若い観客が少なかったのが残念です.

投稿: camin | 2006.04.27 09:26

■caminさん、はじめまして。
お寄りいただきありがとうございました。ブログ読ませていただきました。
最初に説教節がはじまるのですね。
芝居によって、客層がちがうのですよね。若い人がいないと、ほんと、さみしいときがあります。

投稿: 悠 | 2006.04.27 09:52

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/140581/9747965

この記事へのトラックバック一覧です: 観なかった芝居。。。。「さんしょう太夫」:

« 悠亭日常2006-4-23 | トップページ | 悠亭読書2006-4-26 »