« 12人の優しい日本人 | トップページ | 絶叫の抒情 »

2006.04.02

「チェーホフの戦争」

宮沢章夫 青土社 2005-12-28

「三人姉妹」の新聞を読みながらのチェブトキン(軍医)の「バルザック、ベルジーチェフにおいて結婚」という台詞がある。バルザックの結婚は1850年である、すると、舞台は、第5次露土戦争が1853、クリミヤ戦争が1854の前夜ではないか。三人姉妹家族のほかの登場人物が、軍人であるという異様な劇は、家族に襲いかかる戦争の影を書いたものではないか、と作家は書く。(え、えっ三人姉妹のそれぞれの生き方を書いたものじゃなかったの??)。

でも、説得力がある、そういやぁ、昨年夏みた「上演されなかった三人姉妹」って芝居は、チェチェン紛争で、劇場を占拠したテロが見守るなか、演じられる「三人姉妹」ってのは、日本で上演すると、こういう風になるって意味でもともとのチェーホフ劇に近いかもしれない。

|

« 12人の優しい日本人 | トップページ | 絶叫の抒情 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/140581/9401441

この記事へのトラックバック一覧です: 「チェーホフの戦争」:

« 12人の優しい日本人 | トップページ | 絶叫の抒情 »