« 自分さがしに過去に戻るのは、、、、つらい。。。 | トップページ | 「重慶森林」@映画 »

2006.05.05

風雅の虎の巻橋本治@ちくま文庫(2003-7)

「大江戸歌舞伎はこんなもの」以来すっかり、橋本さんのファンです。

「なんだって、日本人が、フラメンコや、フラダンスや、インド舞踊やと一緒に盆踊りをやらなきゃなんないんだ」え、ぇ「スペイン人が、清元でもならってるのかい!」
(大笑)

こういう、横町の大家さんふうに日本文化の本質が解き明かされてゆく。ふーん、すごい!そうだったんだ!と相づちを入れてる間に読み終えました。

お茶なんてのは、いいいかい、「金持ちが貧乏人のこころを忘れないようにやってんだ」。日本料理の極意は、接待される側は、気ままに振る舞っていいという美学に満ちている。しかし、条件があって、「ええしのぼん」風でなきゃいけない。貧乏人がかってきままにしてたら、あとで笑われるだけだ。(っても、江戸時代に高級料亭なんてなかったんだ!)

うーん、そうか、「やつし」ってのも、金持ちのぼんぼんが、貧乏人に身をやつすから面白いんだ。貧乏人が貧乏人の格好してても、おもしろくもなんともない。

貴種流離譚の世界ですな〜。

そういやぁ、知人に茶室持ってる人がいるけど、外から隠れてるから、いいけど、あれ、普通のビルとか、家とかと、道通りにならんでいると、貧相だもんな(^^)。

で、冒頭の答え。日本人は、他国を対等の他国(違う宗教を持ち、文化を持つ)と認識しない。だって、日本人は宗教がない、異教がない、だから、すぐ、同化できるんだ、って。

|

« 自分さがしに過去に戻るのは、、、、つらい。。。 | トップページ | 「重慶森林」@映画 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/140581/9910169

この記事へのトラックバック一覧です: 風雅の虎の巻橋本治@ちくま文庫(2003-7):

» 【書名】 風雅の虎の巻[文庫版] [PukiWiki digital-momonga (PukiWiki/TrackBack 0.3)]
[一覧] 書籍一覧 リスト未収録一覧 文庫版などの単著(蔵書) 2003.7 ISBN4-480-03865-5 【書名】 風雅の虎の巻 この本の要約 † 関連情報 † この項目に関するオンラインリソース † レビュー・インプレッション 橋本治... [続きを読む]

受信: 2006.05.12 01:52

« 自分さがしに過去に戻るのは、、、、つらい。。。 | トップページ | 「重慶森林」@映画 »