« 「月のサバクをとぼとぼと、砂丘を越えて~♪」 | トップページ | TVがインテリのものだったころ(^^ゞ »

2006.05.20

深沢さん、すごい!

敦さん、スペインの男性、ちょび髭に、最初は黒に白っぽい縦縞のスーツ、つぎは、ピンクに白縞のシャツ、サスペンダ、膝下パンツってないでたち、もう、出てきただけど、大笑い。

「おかしな二人」@ニール・サイモン 浅丘ルリ子、渡辺えり子他。

亭主と喧嘩して、友人のところへ逃げてくるフローレンス(浅丘)。潔癖、きれい好きのフローレンス(浅丘)と、整理ができない、散らかし放題、自由奔放のオリーブ(渡辺)が同居し、ついには、互いがストレスをためて決裂ってな喜劇。

うーん、フローレンス(浅丘)、亭主との生活も、きっと、オリーブ(渡辺)と一緒に暮らしてるのと同じだろうなと、彷彿させる。帰宅時間がおくれるときは電話せよ。煙草はやめろ、ジュースカップの下には、コースターを置け、ベタ足で歩くな、食べた後の皿は片付けろ。

独身のオリーブ(渡辺)を慕う、スペインの兄弟を、部屋に招待し、アバンチュールをともくろむ渡辺の企てをおじゃんにするフローレンス(浅丘)。

女性に情熱的なスペインの男を深沢さんが演じてました。

テンポよく、カーテンコールも、劇中で歌われた「ケセラセラ」を、深沢さんの「ご一緒に!」の言葉にこたえて、合唱してきました、笑。

でも、一週間に、3本のお芝居みるってこと、東京遠征でもないかぎり、あまり記憶がない、芝居三昧の日々だな(^^ゞ

|

« 「月のサバクをとぼとぼと、砂丘を越えて~♪」 | トップページ | TVがインテリのものだったころ(^^ゞ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/140581/10160417

この記事へのトラックバック一覧です: 深沢さん、すごい!:

« 「月のサバクをとぼとぼと、砂丘を越えて~♪」 | トップページ | TVがインテリのものだったころ(^^ゞ »