« 「劇作は愉し」@斉藤憐 | トップページ | 風雅の虎の巻橋本治@ちくま文庫(2003-7) »

2006.05.05

自分さがしに過去に戻るのは、、、、つらい。。。

過去っても、過去をともにした、現在の女性に会いに行くのって大変だな〜
「ブロークン・フラワーズ」@映画
未来ー現在ー過去と時は流れるのではなく、未来をはらんだ今、過去を引きずった今があるんだ、と、「今」を認識させてくれる。

だって、過去つきあった女性に「男の子を産まなかったか?」と聞いて、その女性に泣かれ、その亭主からどつかれ、気をうしなう。なんて、しゃべってるとき、予想できませんやね。
亭主の顔がアップになる、カメラ引く、亭主が腕をまげ、その腕がまえにくりだす、画面まっくろになる、で、主人公がどつかれたことがわかるー古典的技法なんだろうけど。

「もし、むかし、つきあっていた女性たちのひとりが、子供を産んでいたら」「その女性はだれだ」と、いうプロットがいい。

あとは、それぞれの女性の反応、女性の現在の夫の反応、そして、息子だと思う青年には気味悪がられる。
一人の女性の亭主からは、晩飯を一緒にとさそわれるが、その晩飯が、おにぎりつぶしたようなご飯に梅干し、にんじんの炒め物(?)ってもの。

なぞときは、完成せず、過去ー未来をはらんだ、現在にただよってる、かっこわるい、優柔不断の、中年のおじさん。まー、おもしろかった。

じぶんさがしがロマンなのは、じぶんの未来を探してるからなんだ。過去にさかのぼると、つらいぞ(^^)。

|

« 「劇作は愉し」@斉藤憐 | トップページ | 風雅の虎の巻橋本治@ちくま文庫(2003-7) »

コメント

観ましたよ~♪悠さん・・
本当・・「もし、むかし、つきあっていた女性たちのひとりが、子供を産んでいたら」・・
これは観たくなりますよね~(*^。^*)
このビル・マーレイの表情がまたいいなぁ・・かなりこの映画ハマっちゃいました。。
「ロストイン」のビル・マーレイも好きですがこのビル・マーレイもメロメロちゃんです(爆)

投稿: はむきち | 2006.05.08 02:17

>ビル・マーレイの表情
あれ、はむきちさん、そーだったのですか。
殴られてしょぼいとことか、いつになっても、若い女の子のふとももみたりしてる、おじさんが、よかった、おいらには(笑)。

投稿: 悠 | 2006.05.08 19:03

可笑しくて、哀しくて、微妙な余韻が残りました。
ちょっと変なかんじの音楽もお気に入りです。
一見、無気力というか枯れているというかのおじさんなのに、それでも女たらしだった過去は漂っているところも、微妙で良かったです。
音楽とか、映像とか、映画全体の絶妙な”間”が気に入っています。

投稿: いわい | 2006.05.16 17:44

■いわいさん、こんばんは。
うーん、いくつになっても枯れずに、すきあらば、ふともも鑑賞までするってな、おじさん、よかったです、おいら。
音楽も!ですね。

投稿: 悠 | 2006.05.16 19:43

悠さん こんばんわ。
>じぶんさがしがロマンなのは、じぶんの未来を探してるからなんだ。
そうだ、そうだ!!
過去にさかのぼったって、今が変わるわけじゃないですもんねー!
私の未来にロマンがありますように(><)

投稿: みほ | 2006.05.21 21:42

でも、他人が過去と現在の間でしどろもどろ
してるのを見るのは、ちょっとイジワルだけど
面白いですよねえ。
隣のウィンストンが世話を焼く気持ちがわかりますよ!
みんな、暇なんですよねえ・・・。

投稿: RIN | 2006.05.22 01:06

■みほさん、こんばんは。
やっぱり番号がつくと、<ロマンは、未来>派なんですね(^^ゞ。
ロマンのひとつや、ふたつ、おいちゃんはなぁ、昔、、、(あれ、おいらもないや(T_T)
)。

投稿: 悠 | 2006.05.22 08:03

■RINさん、おはよう。
一人で暮らしてると、気分的には、あーなるんだろうな~って気がします。世話やかれるのも(^^ゞ

投稿: 悠 | 2006.05.22 08:06

こんにちは♪
「かもめ食堂」に引き続きこの映画もツボでした。
ビル・マーレイがすんごいお金持ちなのにジャージ着てるのがいいです。しかも同じメーカーの色違いばっかり(笑)
隣人の言う事に「ノー」ばかり言ってるのに、結局言うこと聞いてるのもいいです。
ちなみに、「20年前に付き合っていた人を列記せよ(子供が生まれる可能性がある付き合い)」といわれて、5人の女の名前を書いてましたが、その数は多いほうでしょうか?普通でしょうか?

投稿: ミチ | 2006.06.26 21:30

■ミチさん、こんばんは。
>同じメーカーの色違い
さすがくわしいですね。私は、わかりませんでした(-_-;)
>多いほうでしょうか?
少ないでしょうか?って回答は用意されていないのですね(^^ゞ。
土日を一緒に過ごす人がいると、後は、月~金まで一人づつとすると、すくないです(って、大嘘ですよ!!)

投稿: 悠 | 2006.06.26 23:10

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/140581/9909034

この記事へのトラックバック一覧です: 自分さがしに過去に戻るのは、、、、つらい。。。:

» 『ブロークン・フラワーズ』 [狐の穴にて]
こういうオフビートな映画って、大好きだ。 [続きを読む]

受信: 2006.05.16 17:45

» ブロークン・フラワーズ [My favorite things]
Cinema「ブロークン・フラワーズ」 ジム。ジャームッシュ監督の映画って数本し [続きを読む]

受信: 2006.05.21 09:05

» 【ブロークン・フラワーズ】ストーカーが乗る車 [Fun is ;]
2週間以上も前に観たので、かなり記憶が曖昧になっているジャームッシュ監督の【ブロークン・フラワーズ】。 公式HP 去年の【コーヒー&シガレッツ】も他公開作もたぶん単館扱いだったと思うのだけど。 なぜだか今回は全国一斉公開、テレビCMまで流れていたのは、どういうワケなんだろう。 ジャームッシュって、一般ウケしないよねー??と思っていたら・・・。 映画が終わったら、あちこちから「よく分からない」「今までの中で... [続きを読む]

受信: 2006.05.21 21:23

» 妙なリアリティー「ブロークン・フラワーズ」 [凛大姐&小姐的極楽日記!]
手作りCDと地図のセット・・・といえば、昨年の 「本編より予告編の方が感動したで賞」ナンバー1の            「エリザベスタウン」 ジャームッシュは、「エリザベスタウン」を観てからこの映画を 撮ったのだろうか?それとも偶然???{/face_ase2/} 「エリザベスタウン」とは似て全く非なるこの作品。 「エリザベスタウン」では、ツッコミを入れまくって、ツッコミ利き手が痛くなった けど(�... [続きを読む]

受信: 2006.05.22 01:03

« 「劇作は愉し」@斉藤憐 | トップページ | 風雅の虎の巻橋本治@ちくま文庫(2003-7) »