« 花よりもなお | トップページ | トリック劇場版2 »

2006.06.10

チェンヤチェンヤ♪

って、「えんやとっと」(^^ゞ見たいに聞こえたんだけど(おいらの語学力で、元のスペルにはもどせない(T_T))映画の出だし、俳優の名前とかがこの音楽にのって、でてきます。追記 Chaiyya Chaiyya Chaiyya(チャィヤ、チャィヤ)

ポーの「盗まれた手紙」に本当に隠したいものは、自然に目にふれるところに置くってのがありますが、これも、強盗犯が、市民と同じ服装で出てくるってなアイディアでできてます。
脚本がいい。 「インサイド・マン」@映画

ジョディ・フォスター(弁護士役)のように「ふ、ふっ、あなたには、私の弁護料は支払えないわ」ってな台詞は、一度言ってみたいぞ(爆)、と零細企業の親父は思う。

アイディアで勝負する、シナリオのよさですね。

「もう、この年だから、人種差別やめるより、差別してでも、身を守りたい」ってな警官。
「アラブと差別したな!ターバーンを返せ、返さない限り話さない」というアラブ人(訂正 シーク人)。
「レーニン、ブラボー、マルクスブラボー」ってなアルバニアの国家元首相の演説がながれたり。民族差別、戦争、スリル、セクシー、これだけ、つめて、面白い映画だもんな(^^ゞ。

で、明らかになってゆく、衝撃の事実。いつも、ネタばれ書いてますが、この映画は、もう、このネタでもってるので書きません(^^ゞ

昔、デモに行くときは、町の群れに戻ったとき、デイトしててもおかしくない格好でこい、って言われてたこともあった(こうすると、デモが蹴散らされたとき、警官から発見されにくいってなことも、書いとかなきゃ、わからん時代になってるか(^^ゞ)。

|

« 花よりもなお | トップページ | トリック劇場版2 »

コメント

こんにちは♪
さすがにスパイク・リーらしい題材が詰め込まれているな~と感心しました。
ナチスの戦争犯罪というキーワードが生かしきれているかどうかは疑問だし、いろいろ謎が残りますが、こういう映画は大好きです。
使われ方のもったいない俳優さん(ウィレムとかジョディ)もいましたね~。

投稿: ミチ | 2006.06.14 11:51

■ミチさん、こんばんは。
>いろいろ謎が残ります
よね。邦画なら、絶対説明してくれますよね。たぶん、犯人の後日談、刑事の後の裁判の行方とか、外国映画は、このあたり、あっさりしてて、こういうのも好きな理由です(^^)

投稿: 悠 | 2006.06.14 18:59

こんにちはー。
楽しい映画でしたね。
トリック的には、ルパン三世?って思ったりもしましたけれど。
確かに、脚本が面白いんだと思います。
いろいろと煙に巻かれちゃった気がします。

投稿: いわい | 2006.08.03 17:48

■いわいさん、こんばんは。
ほんと、楽しい映画でしたよね。
洋画は、どこか、ユーモアというか遊びがありますよね。
邦画もみならってほしいです^_^;

投稿: 悠 | 2006.08.03 22:55

遅くなりましたが、今頃トラックバックできました。

うーん。洋画とか邦画で、あまり考えないんですよー、わたし。
この映画は、うまいなーってかんじでしたけど。

投稿: いわい | 2006.08.03 23:33

■いわいさん、おはよう。
TBありがとうございます。
洋画と邦画は、私の意見で、どっちをみるか迷うと、邦画じゃないほうをみてます(って、映画みてない期間もながかったのですが(^^ゞ)。
洋画って、どんな深刻な映画でも、笑いがはいってますもん、ってので。

投稿: 悠 | 2006.08.04 07:59

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/140581/10466885

この記事へのトラックバック一覧です: チェンヤチェンヤ♪:

» 映画「インサイド・マン」 [ミチの雑記帳]
映画館にて「インサイド・マン」 銀行強盗が発生し、その犯人と捜査官、交渉人の心理戦を描いたサスペンス。 冒頭に犯人だというダルトン・ラッセル(クライヴ・オーウェン)がカメラ目線で観客に語りかけるやり方は最近『リバティーン』で見たばかりだな〜と思いながらも、とても期待を持たせる始まり方。 引き続き銀行強盗が起こり、警察や消防や報道が現場に駆けつけるというところまではノンストップの勢いでこちらの心を掴む。 人質に�... [続きを読む]

受信: 2006.06.14 11:48

» 『インサイド・マン』 [狐の穴にて]
犯人と捜査官の間で繰り広げられる息詰る心理戦。手に汗握る展開は、サスペンス感たっぷり。 [続きを読む]

受信: 2006.08.03 23:24

« 花よりもなお | トップページ | トリック劇場版2 »