« ちあきなおみ | トップページ | 稽古日誌2006-06-22 »

2006.06.18

春の港の夕暮れ♪藤戸のあたり~♪

「藤戸」@歌舞伎 (初演は、平成10年5月 厳島神社とあった)

物語は、最後にかいときます。
吉右衛門の前場の老婆、後場の息子の幽霊、間の狂言の福助、
これがよかったのです(^^ゞ タイトル「藤戸のわたり♪」です。音だけだとねぇ、聞き間違えますm(__)m。

能とはちがい、吉右衛門の老婆が方袖を脱ぐと、下はピンクの衣装。
これで、若やいだ母が、子が育ってゆくのを舞う、また、老婆にもどっては、息子の敵、盛綱をすきあらば殺そうとする、目配り。

後場では、息子の幽霊が、定式幕がおりても、花道にのこり、ゆきつ、もどりつ、後ろむきに花道を去る。(後ろ向きに花道の幕へはいってゆくって能はみたことないから、これは、現世にうらみを残す息子の霊のただならぬ表現として、すごい)

前場、後場をつなぐ、狂言に福助が舞うが、これが、若妻のなんともいえぬ風がでていた。

能の「藤戸」と、以上がことなってんで、かえって「うらみ」の深さが出てた。

(で、長唄の詞章が7割程度しかわからない。映画でも、パンフに脚本かいてるときがあるんだからさ、パンフには、台詞はいいけど、せめて長唄の詞章を書いといてほしい、能楽でも、詞章は手にはいるんだからさ~)

----------------藤戸の物語------------------
藤戸、源氏の将佐々木盛綱は、海のむこうの児島の源氏を攻めあぐねている。
アルとき、若い漁師にであう。漁師に、児島に馬で行けぬかとたずねると、漁師は教える。
これを聞いた盛綱は、この漁師、他の連中にも言うかもしれぬ、と、その場で殺してしまう。

盛綱は、船を使わず、馬で、児島を攻め、功を立てる。
その後、児島の領主になった盛綱に、漁師の母が、子を返せとせまる。
---------------------------------------------

16日は、ホテルで会議(8時間座りっぱなし、後、宴会、2次会、つかれたぞ。2次会がホテル51階で、大阪天保山付近の夜景がみられたので、許そう(^^ゞ)
で、朝はやくおきて、東京@歌舞伎座。終わったら、ファンしてる女優さんのファンのつどい、ファン100人くらいでのトークショー、これで、ハイになって、帰ってきても寝付かれませぬ(^^ゞ)

|

« ちあきなおみ | トップページ | 稽古日誌2006-06-22 »

コメント

こんばんは。
わあ!いいなぁ! (会議は別として)すごく充実・濃厚・高密度な時間の推移。感服。
それに、ご自身でもいろいろなさっていて、観賞の仕方・見立てが違いまする。。。(^^;)
至福のために寝付けないとは、なんという幸福な!

投稿: あかん隊 | 2006.06.18 02:27

■あかん隊さん、おはよう。
>至福のために寝付けないとは、なんという幸福な!
ふふっ、ははっ、ふっ、ふっ、ふ
(「三月の甘納豆ふっふっふのふ」って句がありますが、そんな気分)。
今日は、おいらは、何があっても、怒らない、やさしい人になってる、きっと(爆)

投稿: 悠 | 2006.06.18 08:27

>悠さま
藤戸,気になっていました。吉右衛門丈の新作ですからまず間違いおません。諦めていましたので感想を聞かせて頂きありがたいです。

投稿: とみ | 2006.06.18 11:28

結構ミーハーなんだな、悠さん^^

投稿: かと | 2006.06.18 14:57

■とみさん、こんにちは。
松羽目ものは、気になるんですよ(^^)
初演、厳島のときは、どうされたんだろうと、気になりますね。あそこでは、チケット、鹿に食べられないように気をつけて下さい、って、看板がでてたような。

投稿: 悠 | 2006.06.18 15:15

■かとさん、こんにちは。
あれ、私、ミーハーなんですよ(笑)。

投稿: 悠 | 2006.06.18 15:16

ミーハーな悠さぁ~~ん

http://nng.nikkeibp.co.jp/nng/feature/0605/video.shtml
↑ ナショナルジオクラフィク日本版サイトがあったよ!

オモシロかった!、編物の発生にね、古い処ではコプト人が作った
帽子があると、勉強したおぼえがあるょ(えっ関係ないって)

投稿: b | 2006.06.20 20:29

■bさん、こんにちは。
読んだの(^^)。編み物の発生は、とばし読みしてます、私(^_^;)

投稿: 悠 | 2006.06.21 17:29

こんばんは。
筋書きに長唄の歌詞を書いて欲しいと、いつも思います。
「藤戸」だけをご覧になったのですか?
わたしは、「藤戸」では、意識を失ってしまったのでした。恥ずかしいです。
また観るので(今度は1階)、今度こそ!

投稿: いわい | 2006.06.21 20:08

■いわいさん、こんばんは。
松竹梅から佐吉の途中まで見ておりましたけど、松羽目ものが気になりまして、これの感想だけを書いてます(^^ゞ
文楽でも、台本のせてるのにね、長唄の詞章書いたものほしいって思います。
能なんか、台本書いたもの(A4 3枚程度なんですけど)配布してくれるとこありますもん。やっぱり詞章を知りたいいですもん。松竹梅の詞章もほしい^_^;

投稿: 悠 | 2006.06.21 20:41

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/140581/10570219

この記事へのトラックバック一覧です: 春の港の夕暮れ♪藤戸のあたり~♪:

» 『六月大歌舞伎』昼の部 [狐の穴にて]
今月の歌舞伎座は、片岡仁左衛門サマがご出演。気合いをいれて、観劇します。 [続きを読む]

受信: 2006.06.21 20:08

« ちあきなおみ | トップページ | 稽古日誌2006-06-22 »