« 読書日記2006-6-7 | トップページ | チェンヤチェンヤ♪ »

2006.06.08

花よりもなお

長屋にあつまってくる赤穂浪士の面々、よかったですね。田中さん、仲間から脱落する人の手紙読んで「おかーはん、おったんかいな」とか、「寝込み襲うんやけど」とか(^^ゞ。

江戸時代に設定すると、あこぎな大家(国村さん、しぶい)、汚い住い、平々凡々な日常を愛する、なんてのが描けますもんね(^^ゞ

現代劇にしてしまうと、リアル感はふっとびます。
エンターティメントで、ちょっぴりハートを、ちょっぴりおつむをくすぐる、これが映画の醍醐味ってな映画でした。

寺坂吉右衛門(寺島進)が、「討ち入りから逃れる」のに、「子供にわらじつくりを教える」という物語から「大石から、命じられて、同志の残された人々に伝えるために、討ち入りから離れた」という物語にかえってゆく。

人間って、物語をもって生きているんだ。でも、人に無理を強いるいさましい物語はもたないほうがいいぞ、ってのが伝わってきます。

田畑さんは、謡の同門の方妹さんです(^^ゞ

でも、映画は、俳優さんを、いっぱいだせるので、いいな~(松子もそうでしたけど)。

|

« 読書日記2006-6-7 | トップページ | チェンヤチェンヤ♪ »

コメント

そうですねぇ>俳優さんが大勢登場。
しかも、それぞれにきちんとスポットを当てられる。ほんの少しの間でも、演技や役、やり方によっては、すごく印象に残る。だいたいどの座席からも「アップ」や「俯瞰」の映像が見られる。
これって、やっぱり映画ですね。もちろん、「生の舞台」にしかない良さもありますが。。。(だって、観たいお芝居、チケットが…)(爆)

安心して観ていられる映画でもありました。浅野さん、良いお父さんの雰囲気もありながら、どこか怖そうな空気も漂わせる…。寺島さんも、本当に良い役がもらえるようになりました。嬉しい。

加瀬くん、芸達者ですねぇ。驚きましたよ…という具合に、みんなに視点が、きちんと動くつくりになってました。上手です。>是枝監督

投稿: あかん隊 | 2006.06.09 04:20

こんにちは♪
あんなにたくさん出ていたのにも関わらず、役者さん一人一人のキャラクターが立っていましたね。
こういう映画大好きです。
ジャニーズの岡田君の映画・・という印象が無かったのがいいです。

投稿: ミチ | 2006.06.09 18:27

■あかん隊さん、こんばんは。
映画は、加瀬さんの首の布をはずしたのをちらっと写して、過去を隠さず生きようと決意してるのを、観客にしめすし、最後、浅野さんちの子供が、「寺小屋は?」ってたずねてきて、にこっと笑う、岡田の顔でエンドで、あー、岡田は長屋で、きっと、りえちゃんと一緒になって生きて行くんだってのを示示してるし(舞台ではこういかないので、ずるいぞ、って、映画みてると、いつも思うのですけど(^^ゞ)

投稿: 悠 | 2006.06.09 21:42

■ミチさん、こんばんは。
良質の映画でしたよね。
みんな、いい役がついてますよね。子供まで(^^ゞ。

投稿: 悠 | 2006.06.09 21:44

>悠さま
良かった台詞,良かった場面ありすぎます。ずるいです。どう涙と笑いを取りに来るか読めますが許せます。
読めても,「夜,母上は父上の人相書きをこっそり眺めているんだよ。」には泣かされました。

投稿: とみ | 2006.06.09 21:58

■とみさま、こんばんは。
>「夜,母上は父上、、、」
そうですよね、それまでは、りえさん、あだ討ちのつらい気持ちもわからず、ってなとこが、急に、そうか、実体験の上での言葉なのか、って、さりげなく示せてますよね。
あれ、舞台だと、台詞ついやさないとねぇ~と思ってしまいます(^^ゞ

投稿: 悠 | 2006.06.11 00:43

悠さん・・観てきましたよ~\(^o^)/
古田さん・・よかったですよね~!!
でも・・途中・・めちゃ!!しんどかったんですよね(-_-;)もうちょっとテンポが早ければなぁと思っちゃいました(*^。^*)

キム兄・・最高でした\(^o^)/

投稿: はむきち | 2006.06.21 15:09

■こんにちは、はむきちさん。
おいらも、レイトショーでみたので、途中、うつらうつらってのがあった。おいらは、12時までにおうちに帰る、ついでに寝てる、シンデレラの生活だから(爆)

投稿: 悠 | 2006.06.21 17:33

悠さん
初めまして!TB・コメント有難うございました!凄い映画でしたね。お笑い・渋い役者人・人気俳優などで埋めつくされ・・・。あれだけの人たちを集結するのは大変だったでしょうね。

投稿: mezzotint | 2006.06.30 16:40

こんにちは。
時代劇にして、テーマをとてもストレートに描いた作品だった、という印象です。
最後の岡田くんの笑顔がとても素敵でした。
群像劇だからしかたないかもしれないけど、前半をもう少し短くしてくれると良かったかな、と思います。
映画は、90分で収めてくれないと。最近のスタンダードは120分みたいですが。

投稿: いわい | 2006.07.22 11:58

■いわいさん、こんにちは。
>前半をもう少し短くしてくれる
レイトショーでみたので、そのあたり寝てたんですよ。

>映画は、90分で収めてくれないと
これ、大賛成。集中力がねぇ、つづきませんよね(^^)

投稿: 悠 | 2006.07.22 13:06

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/140581/10443342

この記事へのトラックバック一覧です: 花よりもなお:

» 花よりもなほ [風知草]
花よりもなほ監督:是枝裕和出演:岡田准一,宮沢りえ,古田新太,國村隼,中村嘉葎 [続きを読む]

受信: 2006.06.08 22:31

» 映画「花よりもなほ」 [ミチの雑記帳]
映画館にて「花よりもなほ」 是枝監督最新作は時代劇。 元禄15年、仇討ちに藩が賞金を出していた時代の話。父の仇を討つために貧乏長屋に住み着いた田舎侍・青木宗左衛門(岡田准一)の仇討ちの顛末を描く。 この貧乏長屋がありえないほど汚くて匂ってきそうなほど。そこに住む住人たちがまたみんな個性的。なんせメンバーは古田新太、キム兄ィ、香川照之、上島竜平などだから、彼らを見ているだけでも充分おかしい。そんなメンバー�... [続きを読む]

受信: 2006.06.09 18:24

» 「花よりもなほ」 [ ]
時代劇とは言ってもコメディタッチのなので抵抗はありませんでした。コレと言った山場はないものの、見終わった後には心が温まる、そんな作品でした。仇討ちの為に上京してきた宗左が、長屋の住人達と交わるうちに、仇討ちとは何なのか考え始める。その成長の過程を見ていると、人の心の強さや生き方について考えさせられます。それは何もこの時代に限ったコトではなくて、現代にも通ずるものがあるのでは? [:URL:] 『花よりもなほ』... [続きを読む]

受信: 2006.06.25 14:13

» 花よりもなほ [銅版画制作の日々]
水曜日はレディスーディーまた映画を一本観てきました!「誰も知らない」の監督、是枝裕和の最新作『花よりもなお』です。主演はV6の岡田准一君、脇を固めるのは古田新太・宮沢りえ・香川照之・田畑智子等々お笑い人やベテラン俳優もいっぱいすべて書くのは大変なので岡田君演じる、弱い。貧しい。逃げ足早い。へっぴり侍「青木宗左衛門が、父の仇のあだ討ちのために江戸に出てきたが・・・・。無茶苦茶汚い長屋暮らしの仲間との愉快な... [続きを読む]

受信: 2006.06.29 23:18

» 【劇場鑑賞61】花よりもなほ(BlogPet) [ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!]
今日広い 父をBLOGしたかったの♪ てぇへんだ、てぇへんだ、てぇへんだうちだとさ ところがこの侍 えらく弱えときたもんだ だよ♪ *このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「損保ジャパンダ上戸彩」が書きました。 ... [続きを読む]

受信: 2006.07.03 00:01

» 『花よりもなほ』 [狐の穴にて]
剣の腕がからっきしダメな武士の仇討ち譚。長屋の人々の生活が、活き活きと描かれていて楽しいんだけれど。 [続きを読む]

受信: 2006.07.22 11:59

« 読書日記2006-6-7 | トップページ | チェンヤチェンヤ♪ »