« ヴァンパイアって、血をすうと、生き返るんだ(^^ゞ | トップページ | 読書日記2006-6-4 »

2006.06.02

女はいつも、まちくた~びれて~~♪

うーん、純愛ものには、これくらいのしかけがないと、もう、成り立たないんだ。
フランス映画みてるように、しゃれてました。

デイジー@映画

刑事役のイ・ソンジェ は、一瞬平田満にみえたこともあったから、ウソン@殺し屋の方がかっこよかった。

日活無国籍映画(こだわってますが、好きだったんです(^_^.))も、この映画のように、海外ロケができてたら、って思います。けど、ロケする金なかったんでしょうね。

冷静と情熱の間@映画もイタリアが舞台、主演は、日本人だったけど、これから、こういう映画つくられるんでしょうね。

「待つ女」と「秘密をもった、しゃべらない男」「でも、女性をひそかに思ってる」「尽くそうとしてる男」の物語って、高倉健さんの役どころなんだけど(笑)。女性が待っている男を誤解してるのが、いつ、とけるんだろうとか、三人はどうなるんだろうって、って最後まで引っ張ってみられました。最後の殺し合いは、健さんが、組に乗り込んでゆくのりだわな~と(ちがいますやろう^_^;)。

でもさ、かっこいい男ならゆるされるけど、基本的にストーカーみたいなもんなんだよね、いや、ストーカーも、ひそかに思う男なんだろうか。
このへんの機微は、おいらには、わからないや。

|

« ヴァンパイアって、血をすうと、生き返るんだ(^^ゞ | トップページ | 読書日記2006-6-4 »

コメント

孤高の殺し屋。
カッコイイ男でも・・・ウソンでも・・・ちょっと引くかもしれません。
だって知らない人の車に乗らないしぃ・・とか言っちゃうのがダメなのかしら?(笑)

投稿: みほ | 2006.06.03 01:43

■おはよう、みほさん。
映画は、ヘヨンが愛した男は、ヘヨンを愛してくれているので、愛し合うとこからはじまるでしょ。愛し合うにいたるプロセスの学習にはなりません、この映画(笑)。

投稿: 悠 | 2006.06.03 06:45

おはようございます♪
いつもの韓国映画だったら「うーん」って感じでノレなかったのでしょうが、オランダだったしドンパチあったし、結構好みでした~。
イ・ソンジェは確かに平田満に見えたー!(笑)
ウソンはねぇ、まさにストーカーです!
でも節度あるストーカーなので許す(爆)

投稿: ミチ | 2006.06.04 07:59

■ミチさん、こんにちは。
ウソン、よかったですよね。

ウソン、君がはやく彼女の前に姿をみせていたら、悲劇はないんだよ、でてこないのなら、最後まで、でてこなければ、悲劇はないんだ、ってつっこんでましたが(笑)。

投稿: 悠 | 2006.06.04 13:14

>愛し合うにいたるプロセスの学習にはなりません
そーなんですよね!
橋を作ってくれたのがウソンだとわかったとたん、態度が180度変わる・・・。
え?イ・ソンジェ は???って感じです。
最初はオランダじゃなかったみたいですよ。
でも、オランダ観光局(?)が全面協力してくれたので
一番予算が安くなるオランダにしたようです。
観光客が増えるかどうか疑問ですが・・・。

投稿: RIN | 2006.06.05 00:38

ですよね~・・・悠さん!!
カッコイイ男はストーカーも許されるのですね~(笑)正直ビックリしちゃいました(爆)
それに、彼女!!最後の気持ちが警官が好きだったのでは??って思って、う~ん・・と思っちゃいました!!
撃ち合いのシーンはカッコよかったですよね!(^^)!

投稿: はむきち | 2006.06.05 05:33

■RINさん、おはよう。
感ちがいしたままの人生の方がよかったんちがうやろうか?って、私、思います。
っても、そーだったら、声失う前に、恋人亡くしてるのか〜。

投稿: 悠 | 2006.06.05 10:45

■はむきちさん、おはよう。
やっぱり、孤高の殺し屋、撃ち合いがなきゃ、それも、外国でで、なきゃ(ソウルとか、東京だったら、ありえねぇ〜)って気がしますよね。

投稿: 悠 | 2006.06.05 10:47

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/140581/10367867

この記事へのトラックバック一覧です: 女はいつも、まちくた~びれて~~♪:

» 言霊の夏恋【デイジー】 [Fun is ;]
【私の頭の中の消しゴム】でウソンにやられた後輩ちゃんは、未だ焼酎の一気飲みを実践できていないと嘆いている。 イメトレはバッチリらしい。 そんな後輩ちゃんが、期待どおり【デイジー】の試写会に連れて行ってくれました。 焼酎の一気飲みは、すぐにデキルさーーー!(言霊) でも、私は今年の夏は太陽の下で恋をするの♪(言霊) でも、相手がウソンだった場合、真夜中だろうが朝方だろうが横からグラス奪うかもしれません。(もちろん言霊) 公式HP ... [続きを読む]

受信: 2006.06.03 01:44

» 映画「デイジー」 [ミチの雑記帳]
映画館にて「デイジー」 『インファナル・アフェア』シリーズのアンドリュー・ラウ監督が、全編オランダ・ロケで臨んだラブストーリー。 アムステルダムで暮らす画家ヘヨン(チョン・ジヒョン)と、インターポールの刑事ジョンウ(イ・ソンジェ)と腕利きのスナイパー(チョン・ウソン)の切ない三角関係のお話。 それぞれが一人称で出会いを語っていく前半はわりとゆったりとしていて、同じ場面を別角度から映した映像が重複した感じ... [続きを読む]

受信: 2006.06.04 07:55

» デイジー [はむきちのいろいろ日記]
オランダ、アムステルダム。画家の卵、ヘヨンは、名前も顔も知らないある一人の男性を想い続けていた。それは彼女が絵を描くため山間の村に滞在していた時、困っていた彼女を秘かに助けてくれた人。以来彼女のもとには、その人からデイジーの花が贈られ続けていた。そんなある日、広場で肖像画を描くヘヨンの前に客として現われた一人の男ジョンウ。ヘヨンは一目見た瞬間に、彼こそ彼女が想い続けてきた運命の相手と確信する。しかしジ... [続きを読む]

受信: 2006.06.05 05:33

» 『デイジー』 [京の昼寝〜♪]
愛は、枯れない。花に想いを託して。 命がけで愛を貫く ■監督 アンドリュー・ラウ■脚本 クァク・ジョエン ■キャスト チョン・ジヒョン、チョン・ウソン、イ・ソンジェ□オフィシャルサイト  『デイジー』 オランダで骨董店を営む祖父と暮らす画家の卵ヘヨン(チョン・ジヒョン)のもとに頻繁に届けられるデイジーの花。 それは夏に訪れた郊外での忘れ難くも美しい夏の日の記憶を甦らせるものだった。 名... [続きを読む]

受信: 2006.06.06 00:43

« ヴァンパイアって、血をすうと、生き返るんだ(^^ゞ | トップページ | 読書日記2006-6-4 »