« 女性三代記。。。。 | トップページ | 「好奇心ってやつに。。。。」 »

2006.07.16

「初恋」「ゆれる」@書籍

映画で気になったところがあって、本を確認してきました。

「初恋」”B”に集まった男が死ぬのは、だいたい、学生運動のせいみたいなことが映画。えぇっ、と思ってたら、本では違っていた。ガンで死んだりしていたし、もう少し長生きしてた。
それと、岸が、警察に、奪った万札を送る付け、父親がこれをしるってな話は、やっぱり違ってた。

初恋@本に挿入されている短歌はよかった。

岸が、みすずにほれるきっかけが、映画と、本で違っていて、こちらは映画がよかった。

「ゆれる」は、弁護士の叔父さんの家庭まで書き込まれていた。
こちらは、原作・映画監督も同じ人だから、映画のすこしわからないところは、本をみてわかった(^^)。検察官が関西弁をつかうってのは、本にはなかったけど、これは、俳優のせいだからしょうがないか(^^)

|

« 女性三代記。。。。 | トップページ | 「好奇心ってやつに。。。。」 »

コメント

こんばんは♪
「ゆれる」の小説は本棚で待機中です(泣)
「初恋」も読む価値ありそうですね~。
宮崎あおいがほれ込んだという原作ですから。
図書館で予約かなぁ?

投稿: ミチ | 2006.07.17 01:28

■ミチさん、おはよう。
「ゆれる」は絶対映画見る前に読んではいけませぬ。映画での、あれ、あれ、どうなるの?って楽しみがなくなります。ネタばれの感想も読まない方が正解です。おいらのブログの感想もネタばれにならないように注意したつもりです(^^ゞ

初恋は、絶対小説の方がよかったですね。周りの人間もよくかけてます。あんなに、映画のように、みんなが悲惨じゃないですし、それが、当時の時代にあってます。

投稿: 悠 | 2006.07.17 09:06

こんにちは。
そうか、原作が秀悦なんですね。>初恋
積ん読がたくさんあるのですが、読もうかな。(^^;)
『不撓不屈』(高杉良 著)は、映画より原作だなーと判断して、原作(文庫)を購入しました。
『ゆれる』は、混雑しているようなので、今週末くらいに観賞予定です。

投稿: あかん隊 | 2006.07.17 17:47

■あかん隊さん、こんばんは。
そう、絶対原作ですよ。(っても、キシとの出会いと、キシの愛がわかる手法は映画の方がいいかも)。
『不撓不屈』はねぇ、連載中に読んでました、つれずれに、って、新幹線のグリーンのると、連載雑誌がおいてました(たしか??)。
ゆれる、は、映画みるまで、雑音に耳をふさいだ方がいいですよ(笑)。「シナリオ」に載ったら教えてください(って、のらないかもですが、、、そしたら、脚本の2,3の欠陥をメールします(笑))。

投稿: 悠 | 2006.07.18 00:47

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/140581/10965751

この記事へのトラックバック一覧です: 「初恋」「ゆれる」@書籍:

« 女性三代記。。。。 | トップページ | 「好奇心ってやつに。。。。」 »