« <狐>が選んだ入門書 | トップページ | 「絵かきが語る近代美術」 »

2006.07.25

「ゆれる」の「きわ」だち

運命じゃない人以来かな、邦画で、よくできた脚本だな~と思うのは。「ゆれる」
「ゆれる」のだから、あっちへゆれたとき、こっちへゆれたとき、ゆれるきっかけ。
これらが、しっかり、書けていた。

たとえば、智恵子、以前は、二人で東京にでようとした。猛と出会い、また、田舎をはなれようと決意する。。。橋を渡るってのは、田舎から都会へですよね。
で、渡るのをとめる稔、「やめようよ、やめようよ」を迫るさまが、ほんと、生理的に嫌ってなる感じ、で、これが突き飛ばされるきっかけ。(このきっかけのときの智恵子がいちばんうつくしい)。

たとえば、猛、もし、稔が、智恵子と親しげにしているのをみなかったら、智恵子を誘わなかったろうーーこれがきっかけーーー。稔の2の腕のきずを隠すーー稔はやったとおもう、--で、稔の無罪を願う。でも、こころを稔に悟られていると気がついた瞬間、自分の思うとおりにしようと思う(このとき、いちばん、きれいだ、猛、スーツに無精ひげ、ほんと、ステキだ)。

たとえば、稔。「智恵子は飲むだろう?」とい謎かけに、猛がひっかる、このときゆれる。
で、智恵子が手をはらった瞬間のかわりよう、その後、ガソリンスタンドの客にきれる。圧巻は法廷シーン。

「法廷は舞台だ!!」映画の中で劇中劇が演じられている。
稔は、実直な、田舎者にもどった、とつとつとした被告人を演じる。
傍聴席にむかって、セックスしたのが猛だと知りながら、誰にともなく頭をさげる、あれは演技ですぜ(^^ゞ。
叔父の弁護士も、机のうえで、智恵子を演じている。
猛も、(うってかわった)まじめな青年を演じる。(ふだん、ちゃらちゃらした奴が急にまじめになったら疑え、ってのがおいらのセオリーなんだけど、ここは騙された(笑)。
みんな、役者じゃ(笑)。

|

« <狐>が選んだ入門書 | トップページ | 「絵かきが語る近代美術」 »

コメント

もう一つ・・・(笑)
やっぱり語りたくなってしまう映画ですよね。
脚本のよしあし、セリフのことなど悠さんみたいには分からないのですが、香川さんが「セリフがサクサク覚えられた」と言っていました。
それほど普段使っているような無理のないセリフだったのではないでしょうか。
また、劇中劇のこと、なるほどな~と思いました。
みんな役者でしたね。

投稿: ミチ | 2006.07.26 08:55

■ミチさん、こんばんは。
監督って、論理的なんだ、と感じました。
「夢」から思いついたって、どこかで書いてられましたが、ロジックがとおってました。

みんな、役者でしょ(^^ゞ

投稿: 悠 | 2006.07.26 21:02

悠さん

こんばんは~!TBさせていただきたいのですが
なぜか反映されず(泣)。
コメントだけですいません。m(__)m

>「法廷は舞台だ!!」映画の中で劇中劇が演じられている。
>みんな、役者じゃ(笑)。
同感です(笑)。
役者の演技も素晴らしかったですけど、
とにかく、脚本がすごく緻密で見事でしたよねぇ。
見ていて、最後までゾクゾクさせられました。
そして、むちゃくちゃな連想なんですけど、
私はなぜか「チェホフ」のお芝居を思い出しました。(^^ゞ
身近な存在であるはずの肉親のことを
理解しているつもりで、実は何もわかっていない
というシュールさが。。。

投稿: ゆっこ | 2006.08.18 21:46

■ゆっこさん、おはよう。
「身近な存在であるはずの肉親」
人間の関心は自分より遠い存在に向かうようになってるんでしょうね。
身近だから、よくわかってないんですよね(^^ゞ。
日常にぽっかり「穴」があいてるのに気がつかない(チョホフ劇ってそうですよね(^^ゞ)

投稿: 悠 | 2006.08.19 07:06

ずっと観たいと思ってて、ようやく今日かないました^^(滋賀会館にて)
私の今年のベスト1になりそうな予感です!
「運命じゃない人」も気になりながら見逃しました。DVD借りてこなくちゃ。
今日見たところなので感想の言葉が出てきません!胸にいっぱい詰まってるみたいです。

投稿: maki | 2006.10.11 21:33

■makiさん、おはよう。
よかったでしょ(^^ゞ。また、感想読みに、おうちに、うかがわせてもらいますって、今日、明日と、お出かけです、私。(^^ゞ。
「運命じゃない人」も、脚本がよくできてましたよ。

投稿: 悠 | 2006.10.12 06:45

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/140581/11095598

この記事へのトラックバック一覧です: 「ゆれる」の「きわ」だち :

» 「ゆれる」心地良い揺れのなか映画の魔法にかかる [soramove]
「ゆれる」★★★★ オダギリジョー、香川照之 主演 西川美和 監督、2006年 眩しいくらいの緑の反射を受けて ゆれる吊り橋。 大いなる自然のなかで、それはあまりに 頼りない。 人の命を預けられるのか不安になる。 くだらないものや実験的な映画を わざ...... [続きを読む]

受信: 2006.08.03 12:24

« <狐>が選んだ入門書 | トップページ | 「絵かきが語る近代美術」 »