« <狐>さんの訃報に接して | トップページ | 花のほかには松ばかり »

2006.08.20

ユナイテッド93

コーランってやっぱり、節(ふし)をつけて読むんだ。
飛行機に乗り込む前の朝焼けのニューアークのホテルでコーランを読むハイジャック犯。
「ユナイテッド93」@映画

2001年9月11日。
ハイジャックされたユナイテッド93機。
乗り合わせた乗客は、自分達の力で、危機を乗り越えようとする。

ハイジャック犯の覚悟を決めた行為=これに対比される、航空局、アメリカ空軍の後手後手に回る対応。
ドキュメンタリータッチで、映画がすすんでゆく。

観客が団結して、危機を乗り越えようとする行為。操縦桿をにぎるハイジャック犯にせまるところで、画面は真っ黒になる。そのまま、飛行機は墜落し、乗客すべてが死亡と画面に文字で出る。

日本でも、新幹線爆破、都会での爆破事件がおこるといわれているが、起きたとき、対応できるのだろうか??。
政府は、軍は、対応できるのだろうか、と、こころもとなく、「神国日本」を信じてどこからも神武以来攻められたことがない(第2次世界大戦は別)と信じて、平穏でいるよりしようがないんやろうな(T_T)。

民主主義は「自由」を前提とする。ところで、この社会を攻撃するものに対して「自由」を保障していては、社会が成立しない。こういうジレンマをどこでつじつまを合わせるか。

|

« <狐>さんの訃報に接して | トップページ | 花のほかには松ばかり »

コメント

こんにちは♪
画面が真っ暗になった後、ずーっと客席が静かではなかったですか?
結末を知っているのに、いえ、知っているからこそ最初からものすごい緊迫感を持ってみていました。
コクピットに突入したシーンでは私も一緒に操縦桿を起こす行動に参加しているほど手に力を入れていました。
テロリストの彼らも緊張し、鼓動が早くなり、焦っていましたね。
どちらの神も元をたどれば同じなのに、どうしてこんなことになっちゃうんでしょう・・・。

投稿: ミチ | 2006.08.21 00:07

■こんばんは、ミチさん。
>コクピットに突入したシーン
>テロリストの彼らも緊張し
ほんとドキュメンタリータッチの映画でした。
航空局と、軍の雑然とした雰囲気を感じてると、祈ってるテロリストの方に惹かれそうで、怖いです(^^)

投稿: 悠 | 2006.08.21 19:56

こんにちは。
思い出して『JFK』のDVDを購入、観ました。
アメリカは凄い国ですね。
たいへんなことも起こるけど、それを糾弾・解明しようとする動きも同時進行のように存在しているものなのですね。こうした映画を製作しようとする、製作に同意する関係者がたくさんいる、ということに底力のようなものを感じます。

例えば、『地下鉄サリン事件』のドキュメンタリーなど、日本では企画すらできないような気がします。先の戦争にまつわる映画ですら、人情に訴えるだけような、みえみえの反戦映画が多いような気がしてます。(^^;)

投稿: あかん隊 | 2006.08.22 13:03

■あかん隊さん、こんにちは。
>先の戦争にまつわる映画ですら、人情に訴えるだけような、
ねぇ、戦争の企画(プロジェクトX)とか、戦略とか、上層部が話題になることないですよね、ほんと。
アメリカって、やっぱり、底力はすごいですよね(^^)

投稿: 悠 | 2006.08.22 17:42

>悠さま
>操縦桿をにぎるハイジャック犯にせまるところで、画面は真っ黒になる。そのまま、飛行機は墜落し、乗客すべてが死亡と画面に文字で出る。
この映画の始まりで乗客乗員に再び命が付与されましたので映画の終わりは,遺書を読み終えた喪失感で目の前が真っ暗になりました。
2001年9月11日以降を生きている者は,一人もこの日のテロと無縁ではないということを感じざるを得ません。

投稿: とみ | 2006.08.31 18:47

■とみさん、おはよう。
>2001年9月11日以降を生きている者は,一人もこの日のテロと無縁ではない
そうですよね。どっかで、9.11を織り込んでないと(こういうことがおこるよ、もし、おこったら、ってことを考えてないと)いけませんよね。、

投稿: 悠 | 2006.09.01 05:09

悠さん、初めまして。 この映画の衝撃は大きいそうですね。
アメリカ政府の「93便は墜落した」という公式見解を基にしてますが、この事件は日本の新聞・テレビが伝えない事実が沢山あるようですね。最新の米・世論調査では約4割の人が政府の9/11への関与を疑っています…。

「2001年9月11日にはテロは起きなかった・・・」とする、22歳のディラン・エイブリー監督が百万円以下で自主制作した、9.11 ドキュメンタリー「Loose Change=ルース・チェインジ」が全世界で波紋を広げてますが、既に二千万人以上がネットで観て話題です。

いまアメリカ国内では「9.11真相解明運動」が高まっていて、この現象を世界各国のメディアも続々と伝え始めています。NHKにも9.11の再検証番組の放送を期待しているのですが…。

英語版なら色んな場所から、2弾=完全版を無料でダウンロードできます。グーグル版は「911 cover up」410MBと、著作権対策の「Recut」827MB。ZIPの「DVDripConCen」のSRTがグーグル版英字幕。詳しくは検索+PCの詳しい方に。観ると目から鱗が落ちるかもしれません。真実に関心があればお薦めします。
http://www.loosechange911.com/download/trailer.wmv
http://www.wa3w.com/911/index.html
http://www.mypress.jp/v2_writers/hirosan/story/?story_id=1461254

投稿: ホワイト・ラビット | 2006.09.02 11:23

■ホワイト・ラビットさん、こんばんは。
真珠湾攻撃をアメリカは、事前に知っていたのだから、9・11も、事前に知っていてのではないかとは思うのですが。
でも、アメリカ関与説、方々で目にするようになりました。

投稿: 悠 | 2006.09.03 03:50

悠さんこんにちわ!!
この映画・・ほんまに怖かったですね。。
知らない言葉でわめく、テロリストが怖すぎました。。
本当・・あの真っ暗になるシーンはもう呆然とするしかなかったです。。

投稿: はむきち | 2006.09.05 12:25

■こんばんは、はむきちさん。
ほんとだ、しらない言葉で言われると、恐怖感が増しますね。
まっくらになるまででも、なにとかしようとする人たちもすごかったておもいます。自分なら、、、想像したくないです(^^;)

投稿: 悠 | 2006.09.05 19:15

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/140581/11516083

この記事へのトラックバック一覧です: ユナイテッド93:

« <狐>さんの訃報に接して | トップページ | 花のほかには松ばかり »