« 2006-8-27悠亭日常 | トップページ | 竹内レッスン@竹内敏晴 »

2006.08.28

ミニシアターとシネコンと、、、、

「サマータイムマシーンブルース」の監督と同じなんだけど。どこかテイストがちがう。
「サマータイム」はミニシアター系、脚本は、小劇場の舞台を映画にしたものだったけど。

「UDON」@映画

お腹いっぱいになってから見る映画ではなかったかもしれん。
ボランティアスタッフが出演していたとクレジットにあるので、あの場面は、本当のうどん屋さんが演じてはるのか、と思いながら。そこはやっぱり演技の質がちがう。

映画のなかのほんとうらしさと、ほんとうの人生のほんとうらしさは違う。からかな~。

ばかばかしさが、足りないのかな~。

これはこれで面白いのし、ミニシアターと、シネコンにかかる映画のどこが違うかを考えるには、いい素材なんだけど、今夜は寝ます^_^;

|

« 2006-8-27悠亭日常 | トップページ | 竹内レッスン@竹内敏晴 »

コメント

こんばんは♪
私もどちらが好きかといえば「サマータイム~」が好きでした。
バカバカしさが勝っていたからかしら?
ちなみに「サマータイム~」もこちらではシネコンでした(汗)
シネコン映画とミニシアター映画の違いを、悠さん解説して~~~!

投稿: ミチ | 2006.08.29 22:22

■ミチさん、こんばんは。
「下妻物語」がミニで、「松子」がシネコンかな(って、「下妻」はシネコンで見ましたが^_^;)
なんか、この面白さがわかるのは、あなただけですよ、ってのが、どっか、あるのが、ミニかな(だいぶ、勘違いしてますけど、おいら。笑)。

投稿: 悠 | 2006.08.29 23:00

悠さん・・こんにちわ!!
なんなんでしょうね~・・サマータイムと同じ監督なんですが・・。
サマータイムでのヤラレタって感じが全然なかったのですよね(^_^;)

蔵ちゃんなんて、サマータイムのとき同じ大学教授やのに・・ううううっ(T_T)(T_T)

投稿: はむきち | 2006.09.01 17:48

■はむきちさん、こんばんは。
ねぇ、なんか足んないよね。
サマーの濃さが、うどんのだしの薄さになったからか(笑)。

投稿: 悠 | 2006.09.01 20:50

コメントありがとうございます。
今回の映画は、テレビ番組のようでした。
日本は、特にテレビの影響が大きいですね。取材を取り入れたバラエティ番組の延長でした。
BGMのようにテレビがかかっていて、バラエティ全盛のように思える昨今では、ターゲットはそうした視聴者かと。(^^;)
「映画」を「映画」として楽しもうと思っている場合に、これは反則。

『マイアミ・バイス』、DVDで十分では?(爆)

投稿: あかん隊 | 2006.09.03 12:02

■あかん隊さん、こんにちは。
バラエティ番組の延長、そうですよね。
映画は、やっぱりドラマですよね(^^)

投稿: 悠 | 2006.09.03 15:54

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/140581/11653606

この記事へのトラックバック一覧です: ミニシアターとシネコンと、、、、:

» 映画「UDON」 [ミチの雑記帳]
映画館にて「UDON」 麺類が好き! 特にうどんが好き! 稲庭うどんや氷見うどんのような細麺から讃岐うどんのような太い麺までどれも満遍なく大好き!『かもめ食堂』『間宮兄弟』ではソウル・フードとしてオニギリが登場していたけれど、今回はうどん! 挫折してNYから帰ってきた香助(ユースケ・サンタマリア)が故郷の香川へ戻ってくる。実家は職人気質の父親が営む製麺所。うどんには見向きもしなかった香助が、ふとしたこと�... [続きを読む]

受信: 2006.08.29 22:19

» UDON [はむきちのいろいろ日記]
讃岐うどんの本場、香川県でうどん職人の息子として生まれた松井香助は、ビッグになると言って家を飛び出しニューヨークへと渡った。しかし、夢半ばで挫折し、借金を背負って帰郷することに。そして、親友の紹介で地元のタウン誌で働き始めた香助。そこで彼は、編集部員の宮川恭子と2人でうどんをテーマにしたコラムを開始する。すると、これが大反響を呼び、ついには日本中を巻き込む一大うどんブームへと発展していくのだが…。 う〜ん・・・面... [続きを読む]

受信: 2006.09.01 18:01

» UDON(映画館) [ひるめし。]
観ないと、マズイ! CAST:ユースケ・サンタマリア/小西真奈美/トータス松本 他 ■日本産 134分 うどん本当においしそうだったわ〜。 観ている間ずっと食べたいなって思っちゃたよ。 ストーリーは手放しにおもしろい!!とは言えなかったけどね。 だっていろんな要素詰め込みすぎだって・・・。 でも最後のお父さんの笑顔にはジーンときたわ。 ふだん笑わない人が笑うとその笑顔ってすんごい�... [続きを読む]

受信: 2006.09.03 17:19

» UDON [Schicksal]
UDON(うどん) なぜ今うどん?というのもあるけど、予告編を最初に見て以来、見てみなくてはと決めていた。 うどんを知るにはいい映画だろうか。香川県のPR映画っぽいところ [続きを読む]

受信: 2006.09.03 23:04

» 【劇場鑑賞90】UDON [ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!]
一杯100円の奇跡が始まる [続きを読む]

受信: 2006.09.07 00:30

« 2006-8-27悠亭日常 | トップページ | 竹内レッスン@竹内敏晴 »