« 恋は五・七・五@DVD | トップページ | 哀れ彼女は娼婦 »

2006.08.12

狂言会のお知らせ

第8回おおつなごみの会(茂山七五三社中)
日時 平成18年8月27日 11時開演(無料)
場所 大津伝統芸能会館

私は、しょっぱなの11時から「船船」(フナフネ)というので太郎を演ります。時間は10分クライかな。
「船」をフナと読むか、フネと読むかを主人と太郎冠者が言い争うってな狂言です。

で、「<狐>が選んだ入門書」で紹介されていた岡田英弘さんの「日本史の誕生」(弓立社)を読んでいたら、日本古代史はつぎのように要約できる。
1 日本国家ができるのは、白村江の戦いで負けた後の天智天皇の時代で、それまでは、国家の実体はなく、韓半島、日本列島には、華僑ともいうべき人、中国から流れてきた人、現地に住んでいた人が混在して、国家の体をなしていなかった。
2 日本国家ができたとき、それまで話されていた公用語中国語を廃止、あらたな日本語をつくった。それは、現地の発音で名詞をあらわした(中国、韓半島の影響をできるだけ避けるため)。
この本、私がいままで、読んできた古代史を根底からくつがえす本です(^^ゞ。

で、フネというべきか、フナというべき、当時国語を作るに際し、悩んだことの痕跡がこの狂言に保存されているのではないか。

もうひとつ、この狂言の中で引用されている歌「船競う堀江の川の水際にきいつつ鳴くは都鳥かも」ってのがあるんだけど、これは、昔、難波に都があった(仁徳天皇の時代)=河内王朝を歌ったいるのではないか。

素人は、本を読むと、なんでも、かんでも、書き手に影響されて、物事を考えてます(笑)。

|

« 恋は五・七・五@DVD | トップページ | 哀れ彼女は娼婦 »

コメント

こんにちは。記事は毎日拝見しています。(^^;)
行きたい気持ちは、あるのですが、たぶん時間がとれないと。すみません。
体調十分にして、臨んでください。お写真など撮影されるようなら、メールに添付して送っていただけると嬉しいです。

投稿: あかん隊 | 2006.08.15 17:23

■あかん隊さん、こんにちは。
狂言会、みにきてはいけませぬ(^^)。
また、写真ができましたら、ブログの下にだしときます。DVDにしたらみます?送りますけど(爆)。なーに10分程度のものです。

投稿: 悠 | 2006.08.15 18:14

送ってください!>DVD

投稿: あかん隊 | 2006.08.16 01:10

■あかん隊さん、おはよう。
さっそくのご注文ありがとうございます(^^ゞ。
っても、気がむいたらってことで、よろしく。ビデオ~DVDにする技術みにつけなきゃなんないし(これが問題だ、おいらの場合)。

投稿: 悠 | 2006.08.16 04:06

お久しぶりです!
日記、拝見してますが仕事がフルに変わっちゃったので、毎日ドタバタで自分ちさえ放置状態です^^;
狂言会に出られるんですね!
練習も大変だと思いますが頑張ってください。
見に行きたいんですが、当日は子供の誕生会をするので今回は断念します。狂言は興味があるんですが・・・

投稿: maki | 2006.08.18 21:40

■makiさん、おはよう。
ありがとうございます。
狂言の方は、無理なさらないでくだされませ。また、機会がありましたらよろしくです。

投稿: 悠 | 2006.08.19 07:01

あー、ホント残念っ!
上海逃亡中のど真ん中です(涙)
すごく近いのにぃぃぃーっ!
またの機会を楽しみにしてます。
芸術の秋ですしね、もうすぐ・・・。

投稿: RIN | 2006.08.24 01:27

■Rinさん、いっらっしゃい〜。
またの機会によろしくです。

投稿: 悠 | 2006.08.24 15:14

お疲れさまでした  (^_^)b   

投稿: bee | 2006.08.27 20:23

■bさん、こんばんは。
おいでいただいてありがとうさんです。
いただいた写真貼り付けました(^^ゞ

投稿: 悠 | 2006.08.27 21:09

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/140581/11405430

この記事へのトラックバック一覧です: 狂言会のお知らせ:

« 恋は五・七・五@DVD | トップページ | 哀れ彼女は娼婦 »