« 生きてきていっちっばん楽しかったときっていつ?? | トップページ | 堕天使の涙 »

2006.09.30

イルマーレ@映画

2年というときを超えて手紙を交し合う、男と女。女は、男より2年先の世界にいる。
なにより、このプロットがいい。韓国版原作のリメークなんだそうだが、脚本力がなくなってるんだ、ハリウッド(^^ゞ

建築家の父により母と別れた、2年前に住んでいる男。
父が心臓発作で倒れて、男と交わす会話。
男「何がほしい」
父「コーヒ」
ーーーーーーーーー
父「これはどうだ」(バルセロナの美術館の建築設計の図がのった雑誌をみせる)
男「なかなか、いい」「新しくはないが、光の取り入れ方がいい」
父「そうだ、建築は、光をどう取り入れるかなんだ」
とか語る、和解の場面がいい。

男は父と和解して、女とむすばれる。
そんな物語だと、独断で(笑)。

2年後の約束をして、そこに男があらわれないのは、、、、、、は推理すればわかるので、途中から見ているのがつらくなるが、それは、そういうプロットだから。悲劇で終わっていてもよかった映画だ。

私の大切な人とであっていても、そのときは気がつかない、待つというか準備がなければ。

|

« 生きてきていっちっばん楽しかったときっていつ?? | トップページ | 堕天使の涙 »

コメント

こんにちは♪
韓国ってやっぱり恋愛映画を作る力があるんでしょうか?
駄作とかお涙頂戴物もいっぱいありますが、「イルマーレ」はとてもよかったですよ~。
設定がいいですよね。
まさか韓国映画に時空を飛び越えた恋愛物があるとはハリウッドも思っていなかったかも。

投稿: ミチ | 2006.10.01 13:52

■ミチさん、こんばんは。
恋愛映画は、韓国物がいいですよね。愛を告白する、っては、邦画にないですもん、以心伝心、愛してるのをさっしてよ、ってな文化ですもんね。
韓国、香港って、感情表現では、アメリカにちかいのかな??
遠距離恋愛があるんだから、時間差恋愛があってもいい、と思いつく、思いつき力の勝利ですね、この映画(笑)。

投稿: 悠 | 2006.10.01 20:51

父とキアヌの会話は、私も気に入ったシーンのひとつです。
ぎこちない親子の関係がよく出てましたし、
ベタベタし過ぎない表現が、とってもヨカッタと思います。

私は主演の二人と年が近く独身のせいか
なんか身につまされることが多くて、
思ってた以上に感情移入して見てしまいました。
なので欠点の多い映画ですが、「甘甘」の評価です。(^^ゞ

>脚本力がなくなってるんだ、ハリウッド(^^ゞ
まったく同感です(苦笑)。

投稿: ゆっこ | 2006.10.02 22:13

悠さん・・こんにちわ!!
私もこの映画観ましたよ~ヽ(^o^)丿
韓国の方の映画は観てないのですが、とてもよかったです。。
あの父親との和解の場面よかったですね~。。
私もこの場面何かたまらない感じでした(*^。^*)
本当・・待つ映画でしたね(*^。^*)

投稿: はむきち | 2006.10.03 13:31

■ゆっこさん、こんばんは。
戯れ言は気にしないでくだされませ(^^)。

時間差の対話、う?これって読書体験に似てるっていまごろ気がついてます。過去と対話してますもんね。ロマンスはありませぬが(笑)

投稿: 悠 | 2006.10.03 20:07

■はむきちさん、こんばんは。
男同士の対話って、ほんと、短いですねん。

いつも、女性のおしゃべりをきいてて、対話力のすばらしさに感動してます(^^)

投稿: 悠 | 2006.10.03 20:08

悠さん、ご無沙汰しております。
7月に沙羅双樹を観ましたが、記事アップできないままに秋になってしまいました(涙)

準備がなければ運命の人に出会っても気づかないかもしれないのですね。
それは困った・・・^^;
私はオリジナルもハリウッド版も、ヒロインに近い年齢で観た(多少サバよんでます!)ので、どちらも感情移入しやすくてよかったです。
逆だったらどちらも「ふ~ん」で終わったかもしれません。
あっ これが準備?

投稿: みほ | 2006.10.04 15:22

■みほさん、こんばんは。
沙羅双樹はどうでした。肉親ひとり消えたときの感じよくでてましたでしょ(笑、感想押し付けてます)
そうそう、時がねぇ準備してくれてるってのもあるでしょ。つーか、イメージして待ってないとね(あ、おいら会長に似てきた(^^ゞ)。

投稿: 悠 | 2006.10.04 21:29

>つーか、イメージして待ってないとね(あ、おいら会長に似てきた(^^ゞ)。

悠さん、まさにっ!!(大笑)
会長は、サンドラの役柄にゼンゼン共感できなかったよーです。
「やっと運命の人に出会えたんだから、フラフラせずに、
2年ぐらい待ちなさいよっ!!」ってコトだそーです。
「まぁ、そーなんだけどさぁ~、でもぉ」
とグズグズしてしまい
さらに会長サマのお怒りを買いそうな私です(笑)。

投稿: ゆっこ | 2006.10.05 11:20

■ゆっこさん、こんばんは。
でもね、百願って十かなう、百冊読んで、いい一文章にであうっていうでしょ(言わないか(^^))
DBBの会員さんは、好評ですね。
私は、主人公二人の、彼、彼女、ぜんぜん、目がいきませんでした(^^;)。

投稿: 悠 | 2006.10.05 18:41

こんばんはー♪
>イメージして待ってないとね(あ、おいら会長に似てきた(^^ゞ)。
そーなんですよっ!
イメージして待つ準備は万全状態のはずなんですけど、
一向に大切な人との出会いがやってこないので、
会長ちょっと自信が揺らいで来てます(汗)
やはり、ポストがないのが原因でしょうか?(汗)
コーヒーの場面はとてもヨカッタです・・・。

投稿: RIN | 2006.10.06 02:06

■こんにちは、RINさん。
私は、待つよりも、いつ、であうか、であわないかのサスペンスだと思ってみてました。ところが、2006のイルマーレの食事会にこないんでこのサスペンスがなくなってしまってました(^^;)

投稿: 悠 | 2006.10.06 13:50

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/140581/12100822

この記事へのトラックバック一覧です: イルマーレ@映画:

» 映画「イルマーレ」 [ミチの雑記帳]
映画館にて「イルマーレ」 同名の韓国映画をハリウッドでリメイクしたラブストーリー。 2006年、お気に入りの“湖の家”から引っ越す事になったケイト(サンドラ・ブロック)が次の住人に宛てて書いた手紙は、2004年に“湖の家”で暮らすアレックス(キアヌ・リーブス)の元へ届いた。 韓国版が好きだったので、どうしても後発のリメイク版は不利な部分が多い。主演二人が若いとはいえない年齢のため、どうしても初々�... [続きを読む]

受信: 2006.10.01 13:48

» イルマーレ ~シカゴを舞台にしたハートウォーミングなドラマに感動 [シカゴ発 映画の精神医学]
いや~あ感動しました。泣けました。シカゴという街の使い方も実に上手い。キアヌとサンドラの恋の行方もハラハラです。   [続きを読む]

受信: 2006.10.02 14:15

» ハリウッド版【イルマーレ】純愛とファンタジーと妥協の中で。 [Fun is ;]
少し前になりますが・・・ヤクルトホールでの試写会を後輩チャンと。 最近の試写会ではめずらしく18:30開場・19:00開演とゆとりあるスケジュールだなぁと思ったら、上映時間が1時間38分。 これはイケるでしょぉという感じ。 オフィシャルサイト 韓国映画【イルマーレ】をリメイクしたこの作品、完全にハリウッド映画になってます。 主演がキアヌ・リーブスとサンドラ・ブロックだから一目瞭然ハリウッド。 どーしても【スピ�... [続きを読む]

受信: 2006.10.04 15:48

» イルマーレ [Akira's VOICE]
ご都合主義で突っ走る,こじんまりとした愛の奇跡。 [続きを読む]

受信: 2006.10.05 17:50

» 小さな問題「イルマ−レ」 [凛大姐&小姐的極楽日記!]
なぜか、DBB会員の間で相次いで記事アップされたので 会長の私もアップです。。。   副会長宅 & 3番サマ宅 & 7番サマ! この映画、公式サイトが重くて開かないんですよっ!{/face_acha/} なので、ちゃんと確認取れてないんですけど、キア〜ヌの彼女? みたいな役で出てたの、「ヴェニスの商人」のリン・コリンズ ですよね?        全然雰囲気が変わって、現代の可愛くて上品だけど特に�... [続きを読む]

受信: 2006.10.06 02:12

» ファンタチックなバック トゥ 「イルマーレ」 [bobbys☆hiro☆goo☆シネプラザ]
「スピード」以来 12年ぶりに共演した キアヌ・リーブスとサンドラブロックの 「イルマーレ」 ”幸運のデートムービー”と言われた 韓国映画のアメリカン・リメイク作品。 2004年を生きる男(アレックス)と 2006年を生きる女(ケイト)の ポストが結ぶラブ・ファンタジー。 過去に戻ったり 未来に行くのではないけど 時空を超えた愛が 見事に描かれている。 すでに過去に二人は 出会っていたのに 真相�... [続きを読む]

受信: 2006.10.08 18:04

» イルマーレ [Alice in Wonderland]
大好きなキアヌにサンドラ・ブロック!『スピード』から12年も経ってるのにまだまだ新鮮な二人の再共演を観れるなんて本当に幸せな時間を過ごすことが出来ました。 シカゴの病院の医師であるケイトは、湖畔に立つガラス張りの家から引っ越すことになった。家を出る時...... [続きを読む]

受信: 2006.10.13 00:57

« 生きてきていっちっばん楽しかったときっていつ?? | トップページ | 堕天使の涙 »