« 放浪記 | トップページ | 木更津キャッツアイ@映画 »

2006.10.28

父親たちの星条旗@映画

硫黄島の戦いをアメリカ側からえがく映画。クリント・イーストウッド監督。
低予算の「ミリオンダラー・ベイビー」が成功したおかげで、この映画とれたんだろうな。
よかった、よかった(^^ゞ

硫黄島の山に星条旗を立てる写真が新聞に載り、ひょんなことから英雄に祭り上げられるというか、英雄として利用された3人。
利用された後も描けていて、ほんと、国の口車にのったらろくなことはないやってのが感想です。

英雄として祭り上げられながらも、インディアン出身の兵士は、バーに入ろうとして「インディアンは入れない。」上官からも、酔っ払った姿を「インディアンめ!」ってさげすまれている。
英雄から兵士にもどるとき、「母親に一目合わしてほしい」という希望もかなえられない。でも、彼が一番、死んだ仲間を愛し、真実を愛している。

「海行かば 水漬く屍(土左衛門)
「山ゆかば、草生す屍(野垂れ死に)」

仲間のためにだけ闘う、死んだ仲間が、一生、自己の人生に苦しみを与える、ってのが、うまくかけてました。
ほんと、戦争に賛成する若い人に、ぜひ、この映画をみてほしい。戦争体験を伝えてくれる人がもうなくて、TV放映のイラン戦争とかだけで、知ってる戦争。
戦場へいったら、あれぇ、こんなだったの?と思っても、もう、帰れないよ。

|

« 放浪記 | トップページ | 木更津キャッツアイ@映画 »

コメント

>悠さま
嘘や誇張のないC・イーストウッド氏らしい作品です。国土が戦場となっていない国の兵士の命を懸ける意義とは…。難しいです。

投稿: とみ | 2006.10.28 22:21

早速、映画を見はったんですね!早いです。^^
今日はうちでは木更津が一番お客さんが多く、次が父親たちの・・・でした。(次はワールドトレードセンター)日本から見た・・・って作品も待機してるので見ておきたいです。

投稿: maki | 2006.10.28 23:11

■とみさん、おはよう。
硫黄島で、殺しあう、味方にうたれて死ぬかもしれぬ、ーその後普通の人生を生きる、うーん。硫黄島も日本兵の視線にたってみると、物量で、水際に集まる兵士の多さ、艦船の多さ、ほんとに、ぞっとするような場面ですもんね。
国のためねぇ~国は何してくれるんだろうってのが、そもそもいけないのかもしれませぬが。
そういえば、アンゲロプロス「エレニに旅」のエレニの夫は沖縄戦に行く=死が暗示されてました。

投稿: 悠 | 2006.10.29 07:58

■makiさん、おはよう。
映画の割引券が2枚あったので、昨日は、木更津、星条旗の2本コース予定だったのですが、ちと、稽古があって、予定がくるって、星条旗のみとなりました。
木更津も見たいのですよ(^_^)。
ワールド、、は、みないかな(^^ゞ

投稿: 悠 | 2006.10.29 08:00

最近、微妙にきな臭いですよね? 平和のためには、「核保有やむなし」みたいな発言する政治家がいたりして。(^^;)
俳優さんたちは、30代の方とか多かったみたいですが、実際は、二十歳そこそこの兵士たちだったとか。ドクの役を演じた俳優さん、気に入りました。(二児のパパなんですってぇ…)

投稿: あかん隊 | 2006.10.30 01:10

■あかん隊さん、こんばんは。
日本は、世界3位か、4位の軍事費用を使ってる軍事大国です。
どこかの事態を利用して、また、軍事予算を増やそうとしているのがいるんですよね。
>ドクの役を演じた俳優さん
あの役いいですよね、あ、俳優さんのファンに、なのですね(^^ゞ。

投稿: 悠 | 2006.10.30 21:44

>国の口車にのったらろくなことはないやってのが感想です。
同感です。
海に落ちた兵士が見捨てられる光景を見て、
「兵士を守るなんてウソだな」と別の兵士が漏らした台詞がリアルでした。
国債販売キャンペーンに必死な政府のお偉方も恥知らずですが、
英雄の「おこぼれ」にあずかろうと躍起になる女性なんかにも
ムシズが走りました。
英雄を「仕立てた」のは政府ですが、それを一番求めていたのは
一般庶民なんですよね。

投稿: ゆっこ | 2006.10.31 02:27

■ゆっこさん、おはよう。
>英雄を「仕立てた」のは政府ですが、それを一番求めていたのは一般庶民
そうなんですよね。いつの場合も。英雄とかが待ち望まれる時代って、結局いい時代じゃないんですよね。

おいらが日本兵なら、白旗掲げて投降したいですが、日本兵に後ろから撃たれそうですね。

アジア(ベトナム戦争もそうだけど)の、ゲリラ戦術ってすごいですよね。あれだけの物量のアメリカ相手に、恐怖を与える戦いをするんだから、と妙に感心してるんですけど(^^ゞ

投稿: 悠 | 2006.10.31 06:37

30数年前、父が始めて戦争へ行った時の話を突然してくれた
ほんの20分ほどだったが、普段寡黙だっただけに驚いた
その時の内容は戦車を運転していた人が撃たれて…。

それがたった1回だけ、父から戦地の話を聞いたこと、
そしてその夜、心筋梗塞で病院へ入りそのままあの世に

以後つれづれに、父は戦争へ行って過酷な、凄惨な事実を
少なからず後の人生に重く背負って来たことを知りました

今頃きっとあの世で母と対面して久々懐かしんでると思います

えっ、朝から暗い話すんなって!

投稿: b | 2006.10.31 11:03

■bさん、こんばんは。
私は、父から戦前の話をきいとけばよかったって思うとこあります。しかし、そのときは、いろいろ関心があったので、父親なんて古くさいやって思ってて、反省m(__)m。

投稿: 悠 | 2006.10.31 21:37

悠さん、こんばんは♪
その節は温かいコメントを入れていただき本当にありがとうございました。
ちょっとTBのお返しが遅れてスミマセン。
ヒーローを作って利用だけ利用して、あとはポイ。
国も民衆もそんなものなんですよね。
自分もミーハー気質があるから気をつけないとー(笑)
今戦争になったら息子は確実に兵隊に取られるわけで、絶対それは阻止したいですよ(泣)
「君死にたまふことなかれ」非国民といわれてもこの気持ちですわ。
(あらら、時代がかってます?)

投稿: ミチ | 2006.10.31 22:27

■ミチさん、こんばんは。
>「君死にたまふことなかれ」
そうですか、私は、「マッチ擦るつかの間、、、、、身捨つるほどの祖国ありや」@寺山だから、ちょっと、あたらしいかな(笑)。
ハワイのマラソンの参加者の半分が日本人、鞍馬の火祭りので観光客が1万、、千人。地元はなんのためにやってんだかわからない、はい、私も、ミーハなんで、気をつけます。でも、ミーハ+ものぐさだから、大丈夫かな、私(爆)。

投稿: 悠 | 2006.10.31 22:34

こんばんわ、あの写真を公開してました

投稿: t2ぴょん | 2006.12.17 21:59

■t2ぴょん、こんばんは。
色むした白黒写真でみると、迫力がありますね(^^ゞ

投稿: 悠 | 2006.12.17 23:05

こんにちは。
>仲間のためにだけ闘う、死んだ仲間が、一生、自己の人生に苦しみを与える、
そうでしたよね。
国債募集キャンペーンに乗り気でなかった兵士も、戦友のためという理由をつけられて仕方なく参加している風でありました。そういうまともな感覚が、国のためにすり減らされていくのが辛かったです。
この戦争の兵士たちは、志願兵だったはずですが、彼らの理想は何だったのでしょうね。

投稿: いわい | 2007.01.23 12:38

民主主義を踏みにじる国〜ファッシスト〜と闘うってな大義名分ですよね、きっと。志願兵の理想。
日本も大義はあったんですよね。でも、現実は、、、、ってのがいたいですよね。

投稿: 悠 | 2007.01.23 13:26

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/140581/12461832

この記事へのトラックバック一覧です: 父親たちの星条旗@映画:

» 「父親たちの星条旗」:上野広小路バス停付近の会話 [【映画がはねたら、都バスに乗って】]
{/hiyo_en2/}あのアメリカの旗をデザインした看板は何? {/kaeru_en4/}アメリカ屋。いろんなアメリカ製品を売ってる。 {/hiyo_en2/}旗とかも売ってるのかしら。 {/kaeru_en4/}硫黄島で最初に立てたほうの旗も売ってたりしてな。 {/kaeru_en4/}まさか。 {/kaeru_en4/}ほんと、「まさか」だよな。あの有名な硫黄島の星条旗の写真に写ってる旗が実は二本目の旗で、一本目の旗は誰かお偉いさ�... [続きを読む]

受信: 2006.10.29 13:00

» 「父親たちの星条旗」試写会レビュー  変えられない歴史 [長江将史〜てれすどん2号 まだ見ぬ未来へ]
言葉が出なくなった。圧倒されたと言っていい。映像、メッセージが計り知れないパワーで襲ってくる。12月公開の「硫黄島からの手紙」も渡辺謙・二宮和成・加瀬亮などがキャストで注目されるが、まずこの映画でこのプロジェクトの完成度をこの作品で理解しておくほうがいいだろう。... [続きを読む]

受信: 2006.10.29 15:57

» ■週末の学び10/27「硫黄島」〜父親たちの星条旗−硫黄島からの手紙〜 [「感動創造カンパニー」城北の部屋!仕事も人生も感動だっ!]
超話題作です! いよいよ封切りです。 [続きを読む]

受信: 2006.10.29 18:27

» 父親たちの星条旗 [Diarydiary! ]
《父親たちの星条旗》 2006年 アメリカ映画 - 原題 - FLAGS OF [続きを読む]

受信: 2006.10.29 19:50

» 映画「父親たちの星条旗」 [いもロックフェスティバル]
映画『父親たちの星条旗』の試写会に行った。 [続きを読む]

受信: 2006.10.29 22:11

» 父親たちの星条旗(20061026) [cococo]
10月28日(土) 明日公開です。是非、ご覧ください。お勧めします。 ご覧にな [続きを読む]

受信: 2006.10.30 01:02

» 父親たちの星条旗 [Akira's VOICE]
やりきれない悲しみと苦しさの後ろから, 人を思う気持ちが溢れてくる完成度の高い戦争映画。 [続きを読む]

受信: 2006.10.31 11:26

» 映画「父親たちの星条旗」 [ミチの雑記帳]
映画館にて「父親たちの星条旗」 硫黄島二部作の第一弾で、硫黄島の戦いをアメリカ側の視点から描く。 「FLAGS OF OUR FATHERS」という原題の「FLAGS」と複数形になっているところがミソ。ピュリッツァー賞を取った“摺鉢山に星条旗を掲げる米軍兵士たちの写真”に隠された秘話。 凄惨な戦場となった硫黄島。黒い砂浜に続々と降り立つ米兵と、姿を隠しながら迎え撃つ日本兵の激しい戦いを随所にフラッシュバックとして入れなが�... [続きを読む]

受信: 2006.10.31 22:22

» 父親たちの星条旗 [欧風]
28、29日、イオン下田TOHOシネタウンでの映画ハシゴ観、1本目に観たのは「虹の女神」。 そして2本目に観たのが [続きを読む]

受信: 2006.11.01 20:16

» 【劇場鑑賞120】父親たちの星条旗(FLAGS OF OUR FATHERS) [ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!]
戦争を終わらせた一枚の写真。その真実。 [続きを読む]

受信: 2006.11.03 17:18

» 「父親たちの星条旗」見てきました [よしなしごと]
 今年90本目(映画館のみカウント)は父親たちの星条旗を見てきました。 [続きを読む]

受信: 2006.11.07 03:16

» 父親たちの星条旗 [黒兎の徒然なる戯事]
映画に行ってきました。『父親たちの星条旗』ネタバレになるから、具体的な内容については話しませんが改めて思いました。あの戦争の中で戦っている人達は、通常の精神状態でいられる訳がないよなって。そして戦地の人間と、戦地へ行っていない人間の温度差と言うものは、や....... [続きを読む]

受信: 2006.11.21 01:10

» 『父親たちの星条旗』 [狐の穴にて]
今年最初に観た映画。 クリント・イーストウッド監督が、太平洋戦争最大の激戦だったといわれる“硫黄島の戦い” を日米双方の視点から描く2部作の第1弾。 [続きを読む]

受信: 2007.01.23 12:29

« 放浪記 | トップページ | 木更津キャッツアイ@映画 »