« 僕はいつでもここにいます@西川浩幸 | トップページ | 気になる言葉 »

2006.10.14

越後湯沢

おお、駒子の里、川端康成の雪国の舞台ではないか、と帰りの電車にのってから知る。
しかし、なぜ、福井ー金沢ーーー湯沢ではなく、ーー東京ーー湯沢で、行ったほうが早いのじゃ、そこまでやるか、東京!(すいませぬ、東京のせいではないです)。

行き帰りの電車にのってた時間と同じくらいの時間の研究会。

1年ぶりに再会した友と、会のあいまに、雑談。
「戦争直後は、身内に、とか、身近に、戦争に行ってた人がいるから、戦争は悲惨だってのは、実感で受け止められた」
「今、星条旗、鉄条網、TVの放映でのイラク戦争、ピンポイント攻撃と違和感なく暮らしてる、若い人には、昔の話をして、戦争は悲惨だっても、通じなくなっているよね」
「評論家が、今、国連加盟国で、無記名投票で、核実験の賛否を問うたら、半数は賛成するんじゃない、核もちたいもんね」

「大地の咆哮」の著者が、中国にODAをして、中国を世界経済に参加させたおかげで、中国が、今の北朝鮮見たいにならずにすんだ、と書いていた。

北朝鮮の核実験で、日本も武装強化をしなければ、って風潮になるのだろうか。
おいらにできるのは、在日韓国人へのいやがらせをしないことくらいなんだけど(^^ゞ

PS 湯沢温泉のホテル、駅では、宴会場とかの表示が「ハングル」でも書かれていたので、きっと、韓国から訪れる人もおおいのんでしょうね。

|

« 僕はいつでもここにいます@西川浩幸 | トップページ | 気になる言葉 »

コメント

どこぞの町子です。越後湯沢は私の母の田舎です。
小さい頃は両親に連れていってもらってスキーをしました。
あの頃はスキー場はおしゃれではなく、もちろんスノボーなどなく
あと雪がいっぱいでころんでは泣いていました。
駅の近くには高山植物の見える山があり綺麗でした。

でも旅っていいですよね~。
滋賀にまた行きたいです。まきさんとカラオケしたりします(^ー^* )フフ♪

投稿: eyre | 2006.10.20 20:24

■町子さん、こんばんは。
まきさん、つながりですよね。はじめまして、ご挨拶遅くなりました。
駅の山側は温泉街、反対側が、みやげ物売り場、市街地と続いてました。朝すこし、あるきました。
まきさんとカラオケですか。また、どこかでお会いしましたらよろしくです。

投稿: 悠 | 2006.10.20 21:16

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/140581/12272676

この記事へのトラックバック一覧です: 越後湯沢:

« 僕はいつでもここにいます@西川浩幸 | トップページ | 気になる言葉 »