« 越後湯沢 | トップページ | 稽古日誌2006-10 »

2006.10.14

気になる言葉

電車の中で、ひろった女子高生の言葉で「〜〜にてくない。」
さる企業担当者の説明で「私は、いま、こういうことをしてざいます。」

「山田に似てなくない」→「山田に似てんくない」
「私は、こういうことをしております」→「こういうことをしてございます」

前の言葉は、「似てなくない」 〜nite nakunai
               が、nite nkunai 「a」が消える現象
二重否定が面倒なのを縮めるのだろうか。これは、かなりはやってそうだ。

後のは、「おります」(謙譲語)が、「ございます」(丁寧語)にかわる現象。
        (国語の知識なくなってるので、ちがってたらごめん)
ある大手企業関係者からしか、聞いたことがないが、もう、すでに、一般化しているのだろうか?
(ある企業文化ーーサービス業のなかで、「おります」より「ございます」の方がより丁寧だと思ってございますってんで、こういう言葉がはやったのだろうか(^^)。

|

« 越後湯沢 | トップページ | 稽古日誌2006-10 »

コメント

「~んくない?」は、関西弁だと思っていたのですよ・・・。
全国区ですか?
「~おります」は、謙譲語であってるんですけど、
「~おられます」というヘンな日本語が普通に使われる
ようになったので、尊敬語だとカン違いしている人が
増えているのかもしれません。「~いられます」
と正しく律儀に使う人は、大江さんぐらいでしょうか・・・?

投稿: RIN | 2006.10.18 13:48

■RINさん、わんしゃんはぉ♪
「~んくない?」はねぇ、関西で聞きました。江戸もんは鼻音がつかえから、言わないかもですね^_^;。

「おられます」は、私も使ってる(-_-;)。

大体、変化する言葉には、それなりの理由があるんで、変化に賛成なんですけど、敬語だけは、単純になるほうがいいな^_^;

投稿: 悠 | 2006.10.18 21:25

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/140581/12275467

この記事へのトラックバック一覧です: 気になる言葉:

« 越後湯沢 | トップページ | 稽古日誌2006-10 »