« 清水邦夫仕事1958~1980 | トップページ | サッド・ムービィ »

2006.11.21

手紙@映画他

何日か前にみたのが「手紙」
今日見たのが「プラダを着た悪魔」

事件を起こした本人の父母が、世間に対しあやまる。こんな光景はマスコミの発展とともに、はやってきたのだろうか?そのかわり、なぜ、事件がおきたかは、なおざりにして、また事件をおいかける。おいらは、事件を起こした息子のことは息子のこと、父母になんの責任があるもんかえ、そうならないのは個人主義の気風がまだ成熟しないんだ、とうそぶいているが、どうも、世間は、逆の方向にすすんでるみたいだ。
沢尻エリカがいい味だしてた。(へんな関西弁ゆるす(笑))。

会長(杉浦直樹)が説教する「事件が親族におよぼす影響、それも、考えて事件を起こす側でかんがえなきゃ」っていうけど、そんな〜〜、しかし、おじさん、やっぱり、ちがうよ、それは、世間が、、、、。

「プラダを着た悪魔」うーん、すごい働きようだなぁ、と思う。いまごろ、経済界では、ホワイトカラーエグゼンプション(自律的労働)っていうのかな、ってのが話題になってるけど。これから、あーいう働き方(って、たぶん、残業代削られたり、長時間労働させられるってのがオチだろうけど)がはやっていくかもね。アンディが、着るものによって、より、キレイになってゆく、やっぱり、人間って、やっぱり外観だよねぇってあたりが面白かった。

最後はねぇ、やっぱりアメリカ型ハッピィエンドのあり方なんだろうね。

|

« 清水邦夫仕事1958~1980 | トップページ | サッド・ムービィ »

コメント

こんばんは。沼尻エリカ、可愛かったですね。メガネかけてた時の方が余計に。(笑) でも、結構しつこい女性だなって思ったな。なんとなく人の弱みにつけこんで…というか、同胞相哀れむみたいな傾向、あんまり良くないと思いました。やっぱり、違いますよね?>おじさんの説教。(「諭し」だったのかもしれないけど、自分には、意地悪に聞こえた)(^^;)

そうそう。プラダ~は、暗に「女性がハードな仕事をするには、ごく普通の女性としての幸せ、と思われていることは放棄せよ」っていうメッセージ、びんびんでしたね。まあ、どっちを取るかは、本人次第ってことでしょうか。

投稿: あかん隊 | 2006.11.21 21:05

■あかん隊さん、こんばんは。
エリカさん、よかったですね。めげずに、いちずで。しつこっかっても、彼女がいないと、立ち直れてないかな、主人公。
おじさんの説教はねぇ、もう、職場に、みかんもってぶらりやってくる、おじさんには気をつけようねって、ろくなもんじゃないよ、って、くらいのもんで(<ちがうか(^^ゞ)。

投稿: 悠 | 2006.11.21 21:18

悠さんこんばんわ!!
アンドレアが綺麗になっていくところがよかったですよね~(*^。^*)
「あなたのブーツはどこの??」「シャネルよ」って言う会話がとてもよかった!!
メリルのあの編集長の感じも、何か鳥肌ものでした。。バックとコートを机の上にバンバン置くシーンは何かよかったなぁ~(*^。^*)

投稿: はむきち | 2006.11.21 21:55

■はむきちさん、こんばんは。
アンドレア、サイズ6から4でしたよね。つうことは2は??脅威ですね(^^ゞ
ねぇ、バックとコート机の上において、ステーキも、コーヒも、自分の机に部下がもってくる、、、、あんな上司になりたい(仕事できんけど(爆))。

投稿: 悠 | 2006.11.21 22:41

こんばんは。先日、アメリカのブランド?、ダナ・キャランのコートを買いました。
その時のサイズが「4」で、日本のサイズだと「9号」でした。そのまま考えると「6」は「11号」で、「2」は「7号」ということになるのかな、と思いました。(^^;)

投稿: あかん隊 | 2006.11.30 19:26

■あかん隊さん、おはよう。
サイズのことはわからないので、この間、仕事場で、「でも、田舎物が、都会風におしゃれになってゆく、物語なんだけど、もともと、キレイだから反則」「でも、服のサイズが6から4になってゆく」って、話してたら、「4」に、「ひえぇぇぇ」という声が上がってました。あかん隊さんは、細身ですもんね(^^ゞ。

投稿: 悠 | 2006.12.01 07:53

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/140581/12771500

この記事へのトラックバック一覧です: 手紙@映画他:

» 手紙(20061104) [cococo]
「差別は当然」 「それから逃げずに生きるしかない」わずかな理解者と共に「差別」を [続きを読む]

受信: 2006.11.21 20:59

» 「手紙」、感動しましたぁ~。 [よしなしごと]
 実際に千葉刑務所でも慰問上映され、744人の受刑者も見て、涙する人もいた映画「手紙」を見てきました。 [続きを読む]

受信: 2006.11.28 03:40

« 清水邦夫仕事1958~1980 | トップページ | サッド・ムービィ »