« エッシャー展 | トップページ | 稽古日誌 »

2006.11.12

タンゴ・冬の終わりに

冒頭、舞台には、「イージーライダー」を映画館でみている若者のむれ登場する。かれらは、映画に熱狂しているが、ライダーが殺される場面で、打ちひしがれて舞台をさる。
その映画館で、元俳優、映画館の息子清村盛@堤真一が現れる。

清盛を連想させる名前からも、この村は、平家の落人伝説のある村、出稼ぎ商人の村でもある~このタンカバイのおじさんが、笑わせてくれる。

盛は、舞台を引退し、今は郷里に引きこもっており、妻@秋山奈津子が世話をしている。が、精神に異常をきたすようになってきている。昔、恋愛した女優名和水尾@常盤貴子も、この映画館を訪ねてくる。

堤さんもいいんですが、元俳優で、シェイクスピアの台詞を言ったりする盛は、平幹二朗でみたかったかな(^^ゞ。

盛は、自分が話すことばは、だれかの言葉、舞台の台詞ではないか、と語り、妻は、盛が、私を姉のように思うなら姉、妻と思うなら妻として、演じようと思う、と語る。このあたり、日常と演技ってな論になりそう(^^ゞ。

盛が何回もかたる「今日は、気分が落ち着いています、この厚い壁を隔てて、タンゴ、私達の革命の歌が聞こえてきたのです、、、、、」。冒頭の群衆の場面と合わせて、おいおい、また学園闘争の時代かよ、と白ッっときたりしましたが、この台詞で、戦慄を覚えた瞬間が一回ありました。

それと、最後の群衆の場面、おいらは、なぜか、ないてました、なんだろう、もう、もとの熱い季節はこないのに、それがくるわけでもないのに、きたら白っとしてると思うのに。

|

« エッシャー展 | トップページ | 稽古日誌 »

コメント

実は、自分も観賞したのでした。このお芝居。9日に。
少し後ろの方の席に「宮沢りえ」さんと「野田秀樹」さんが、来てました。出演者は、緊張したんじゃないかな?(特に、常磐さん)(^^;)
堤さんが、あんなに張りのある声だったのか…と感心。それにもまして、秋山さんの演技のすばらしさに圧倒されました。
>タンカバイのおじさん って、あの二人の?
♪ぬくぬく、ぬくぬく、ぬくぬく~ ってやってた方々でしょうか? あれには、嵌りました。好きです。でも、なんだったのか、よくわかりませんでした。平幹二朗。ああ、そうですね。確かに、そうかもしれません。濃さが違うだろうなぁ、と想像します。

投稿: あかん隊 | 2006.11.12 01:16

■あかん隊さん、おはよう。
>♪ぬくぬく、ぬくぬく
そうそうそのおじさんです。映画館があり、ぬくぬくのおじさんがいた、孔雀に引かれる警察官もいた、と、盛の少年時代の環境をあらわしてるんでしょうね。
俳優として、シェイクスピア作品にでてたってんで、やっぱり、そこは、朗々と台詞が出てくる方、それと、もうすこし、狂気が演じられる役者さんが、盛を演じてくれるほうがよかったかな(^^ゞ

投稿: 悠 | 2006.11.12 08:47

先週の日曜日に見てきました。
いまだに考えがまとまらなくて、アレは何だったんだろ~って
頭の中がモヤモヤしています(笑)。
清盛を連想させる名前と平家の落人伝説かぁ、ふーーーーん。
数日前の『朝日新聞』の劇評を読んで、なんとなく理解できた気もするのですが
心情的には、いまひとつフィットしないのですよね。
堤さんはもちろん、秋山さん、高橋さんの演技も素晴らしかった!!
でも私が一番心に残ったのは、冴えない夫を演じた段田さんかも。
天才役者の影にずっと甘んじていた“凡人”が、最後に天才を滅ぼす、という幕切れを、どう理解したらいいのでしょう。
あの瞬間、閉ざされた映画館の壁が一気に崩れて桜の花が舞い散る。
つまり「冬が終わった」わけですよね?
ひとつの時代というか美学が滅び、新しい時代(感性)の登場を象徴しているのかなぁ。

投稿: ゆっこ | 2006.11.16 02:44

■ゆっこさん、おひさしぶり。
三人がなくなってゆく、終わり方、なんか、唐突って感じがしたんですけど。何回もくりかえされる「私は、おだやかです。それというのも、厚い壁を通して今日、革命の、、歌であるタンゴが聞こえてきたのです」(これ、なにかの芝居の台詞だと思うのですが、これが、わからない??)。
題名を考えたことがなかったのですが、そうか、何かの「終わり」なんですね、っていまごろ気がついてます。タンゴ=革命の思い出が終わるのかなと、思います。
なんか、春がくるって気がしませんでしたけど(-_-;)
冬タン考に追加しましたが、どうも、おいらがじーんときたのは、個人的体験によるところ大ですね。清水さんの作品は、個人的記憶が揺すぶられることがおおいです。もし、おいらの個人的体験とリンクしなかったら、じーんときてたか不明。

投稿: 悠 | 2006.11.16 08:51

悠さんこんにちわ!!
このお芝居かなりハマってしまいました!!
あの桜綺麗でしたよね~♪それに、秋山さんが言うセリフで、「あの人が手を伸ばす先に私がいたい」←この言葉めちゃ!!ヤバかったです(T_T)(T_T)
タンゴを踊るシーンは鳥肌でした(*^。^*)

投稿: はむきち | 2006.11.16 16:21

■はむきちさん、こんばんは。
>タンゴを踊るシーン
ひとりで踊る方、それとも二人で踊る方?きっと、どちらもだろうな、はむきちさんは(笑)
崩れ落ちた壁から浮かび上がる桜は、蜷川さんらしいですね(^^)

投稿: 悠 | 2006.11.16 18:25

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/140581/12650759

この記事へのトラックバック一覧です: タンゴ・冬の終わりに:

» タンゴ・冬の終わりに(20061109) [cococo]
幸運なことに、観劇する機会を得た。自身で体験できないこと、想像もつかないような感 [続きを読む]

受信: 2006.11.12 02:21

» キュン死しました!(^^)!  タンゴ冬の終わりに [はむきちのいろいろ日記]
風邪で鼻水ジュルジュル{/namida/}{/namida/}{/namida/}{/namida/}の中行ってきましたよ{/airplane/}ツッツン{/hearts_pink/}と松尾ちゃんに会いに{/face_en/}{/3hearts/}{/3hearts/} 金曜の夜の公演・・「タンゴ冬の終わりに」 なっ!!なんと!!3列目でした\(◎o◎)/! もうキュン死ですわ!!{/hearts_pink/}{/hearts_pink/}{/hearts_pink/}... [続きを読む]

受信: 2006.11.16 16:22

« エッシャー展 | トップページ | 稽古日誌 »