« 手紙@映画他 | トップページ | DUET »

2006.11.22

サッド・ムービィ

「重慶森林」のような、現実をはなれた、うまい脚本でした。
4組の男女、べつべつだけど、それぞれが、どこかで、すれ違ったり、言葉をかけたりしている。雨の日は、悲しみを流してくれる、、、雨の日は、人恋しい、、、、、雨の日は、どこにもでかけず、家のぬくもりのなかで(これは、おいらのつけたしですが(^^ゞ)。

これを、日本でやると、こんなに、おしゃれにならないだろうな。雨の日は、ほんとに、じとじとを湿るそんな映画になるんだろうな。
1組だけでも、泣かせるベタな映画になるんだろうな、きっと。

この映画、どっか、外国映画みたいな感じがしましたが、日本の映画があるじきまで、外国映画をまなんで、つくってたように、韓国にもそんなことがあるんじゃないかと思うくらいなんですけど、どうでしょう。

邦画もねぇ、こんな映画つくってほしいよね(^^ゞ。

|

« 手紙@映画他 | トップページ | DUET »

コメント

こんばんは。仕事がすごくて、近くでやっている映画ばかり観てます。(sigh)
韓国映画は、あんまり得意じゃないのですが、これは観ようかなって思います。韓国映画には、驚くほどおしゃれなものがある場合がありますね。国家事業としても育成していることが、映画人の感性を磨いているのかもしれませんねぇ。日本も遅ればせにいろいろ小細工しはじめているようですが、遅過ぎますよね?(^^;) それに、こういう文化的なこことには、けちくさいんだよな~、どうも。(暴言)

投稿: あかん隊 | 2006.11.24 01:15

■あかん隊さん、こんばんは。
私も、近所の映画館ばかりです、ほんと、みたい映画はこないんですよ(-_-;)。文化的なことというか、映画、演劇には金がでないですよ。第一、大学に演劇学部のあるとこすこないですよね(^^ゞ。

投稿: 悠 | 2006.11.24 22:14

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/140581/12786045

この記事へのトラックバック一覧です: サッド・ムービィ:

« 手紙@映画他 | トップページ | DUET »