« ただ、君を愛してる | トップページ | 2006-12-09日常 »

2006.12.03

映画日記2006.12.02

会議+宴会がはいってるために、会議の前に「武士の一分」、宴会の後に「カジノ・ロワイヤル」を見た。「武士の、、、」は、徳平(笹野高史)の出がいいよ、って、聞いてたんだけど、はじめ何分か遅れてみれなかった。
「カジノ」は、アクション+心理の読み合いという知的さもプラスされて、いい映画になってました。

「武士、、」は、あなたに守るものはありますか?ってな文体で、とられるんじゃないか、と心配。かけがえのない日常を奪ったものに対する抵抗なんで、「国を、、、」「共同体、、、」をなんてことにならないと、いいんですけど。

壇さんって、時代劇にも似合うのだ。下男の徳平が、主人に普通の言葉使い(敬語ではない)がいい。徳平、「旦那はんが、こうやって、私をみつめるんだす」(ちがってたらごめんm(__)m)と、壇さんが見つめると、どきまぎしてました(笑)。壇さん、時代劇でも、似合ってましたね(^^ゞ

原作では、離縁された妻が、下女として雇い入れられ、何日かたったあと、主人公が、「去年の蕨もうまかった。食い物はやはりそなたのつくるものに限る、、、」という言葉をきいて、むせび泣く、ってな最後だった、私は、最後は、こちらの方がよかったかな。

「カジノ、、」は、ボンドとエヴァ・グリーンとの会話での、相手の服装で、生い立ちを推理したり、ネックレスを推理したり、もちろん、ポーカーの心理戦もだけど、知的な面。
映画最初の、鍛えられた肉体どおしのおっかけっこアクション、銃弾戦。
味方の中に敵がいる、ってな、プロット。
最後の最後まで楽しめました。
1億5000万ドルのカバン、てっきりながれちゃったこと思いましたけど(^^ゞ
(年末ジャンボ、買いました(笑)。

|

« ただ、君を愛してる | トップページ | 2006-12-09日常 »

コメント

いつもながら、最新作を見はるの早いですね~!(笑)
うらやましいです。
私も早くみたいと思いながら、どんどん色んな作品が終わっていくので悲しいです・・・すいません、映画の感想じゃなくて。

投稿: maki | 2006.12.03 08:09

■mikiさん、こんばんは。
チェックしてる映画ははやいのですが、そのチェック忘れてることが多くって、私は、見逃している映画おおいです(^^)。

投稿: 悠 | 2006.12.03 17:14

>悠さま
007か一分かウインターソングか悩みましたが結局全部見るんだから順番決めるだけです。
武士の一分。海坂藩は一人を除いて全員エエ人ばっか。ありえねえ感じしました。今なら障害年金や労災保険に親類が群がり家に転がり込んできたり,あの妻女なら同僚全員が狙うことでしょう。無神経なマスコミが今の感想どうっすか。外を歩けばインタビュアーが名誉の負傷ですね。でも,生活の保障があるのですから羨ましいという声もあります。てな,ことでしょう。一分の重さが際立って良かったです。

投稿: とみ | 2006.12.03 21:52

■とみさん、こんばんは。
>今なら、、、、あの妻女なら、、、
は、は、は(わらっちゃいけないとこですが(^_^))、そうですよね。
藤沢+山田作品。男の愛した女性が、他の人とという設定と、主人公が剣の使い手って設定は、3作品共通ですね。先の「清兵衛」「隠し剣」が、夫婦になるま苦難克服物語でしたたが、この作品は、夫婦になってからの苦難克服物語かな~と。それと、悪役を切るっては「隠し剣」「武士」共通ですね(^_^)。

投稿: 悠 | 2006.12.03 23:43

悠さん、こんにちは♪
メンテ復旧おめでとうございます。
会議の前後に映画鑑賞ってすごい!
まさか会議を寝てすごしたというわけでは・・・・?(笑)
檀ちゃん、きれいでしたね。
彼女は多分普通の洋服よりも着物のほうが似合うと思います。
ヅカ時代からそうでしたから・・。

ところで悠さんはバトン拒否されてますか?
「本棚バトン」なるものが回ってきて、読書家の悠さんの本棚がぜひ知りたいと思った次第ですが、いかがでしょうか?
お忙しかったり、答えたくなかったり、バトン拒否の場合はスルーなさってくださいませ。
よろしくお願いいたします。

投稿: ミチ | 2006.12.07 20:34

こんばんわ
かわいい悠さんのスキそうなドキュメンタリー持ってきました!
http://www.youtube.com/watch?v=s9eovrsgqsU

しかし、今日知ったんですが、ココログ評判ぐちゃぐちゃなんですね?
なかなかタイヘンそうな... (Niftyも悠さんも)

投稿: t2ぴょん | 2006.12.07 21:19

■ミチさん、こんばんは。
会議ねぇ、寝てられない会議だったんで(-_-;)。会議の後の「かも会席」+ライトアップされたお庭に引かれていってきました。
って、「武士の一分」の、撮影現場近くの殿様の別宅が、今、料亭になってるんですよ^_^;。
私、ときどき、宝塚の和物はいいぞ!!と友達誘ってんですけど、興味をしめすが、いこうとしないな(T_T)。

投稿: 悠 | 2006.12.08 00:18

■t2ぴょん、こんばんは。
行ってきました。高田渡のおじさんは、アル中じゃなかったのね。なぎらさんのは、いつ聞いても、おもしろい(^_^)。
悲惨な戦い、手紙、イムジン河くらいかな知ってるのは。
「盆もはようから♪」って歌う、竹田の子守唄も放送禁止だったんだよね。自衛隊にはいろ!は、自衛隊の勧誘につかってたっていううわさがあった(笑)

投稿: 悠 | 2006.12.08 00:22

悠さんこんばんわ!!
「武士の一分」・・壇さん色っぽかったですね~。。
年齢を見てビックリ\(◎o◎)/!私と3歳しかかわらない(-_-;)
この色っぽい感じ・・私のも欲しいです(笑)

「007・・」・・私も同じくこのシーン
>相手の服装で、生い立ちを推理したり、ネックレスを推理したり、
これは最高でした!(^^)!
何か・・めちゃ!!カッチョいいなぁ~と思ってしまいました!!
それに、始めの白黒のシーンがたまらなく、鳥肌でした!(^^)!

投稿: はむきち | 2006.12.12 18:50

■はむきちさん、こんばんは。
な~に、はむきちさんも、着物着て、ほつれ毛風にすれば、色っぽいですって(^^ゞ。

あの推理、役にたちますよね(^^ゞ。ちなみに、私は、電話の声で、人となりをイメージしますが、だいたいはずれです(笑)。

投稿: 悠 | 2006.12.12 21:20

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/140581/12910350

この記事へのトラックバック一覧です: 映画日記2006.12.02:

» 映画「007/カジノ・ロワイヤル」 [ミチの雑記帳]
映画館にて「007/カジノ・ロワイヤル」 ジェームズ・ボンドのスパイ・アクションのシリーズ第21弾。 今流行の“ビギニング”ということでボンドが殺しのライセンスを持つ007になる前からストーリーは始まるのだけど、時代設定は現在。ボンド最初の任務は、世界のテロリストに資金を提供する死の商人とカジノで対決して彼を窮地に追いやること。ストーリーにはサスペンスが上手く練りこんであり、身体を張ったアクションも多く、ポー... [続きを読む]

受信: 2006.12.07 20:29

» 映画「武士の一分」 [ミチの雑記帳]
映画館にて「武士の一分」 山田洋次監督による藤沢周平時代劇映画化三部作の最後の作品。 「武士の一分」とは、侍が命をかけて守らなければならない名誉や面目の意味。 舞台は江戸時代末期、東北地方にある架空の藩である海坂藩。下級武士・三村新之丞(木村拓哉)と妻・加世(檀れい)は慎ましくも平和な暮らしを送っていた。ところが、新之丞は役目で食べた貝の毒に当たって失明してしまう。 “毒見役”という役職にスポットが当てられるのが珍しい�... [続きを読む]

受信: 2006.12.07 20:35

» 武士の一分 [はむきちのいろいろ日記]
三村新之丞は東北の小藩に仕える三十石の下級武士。剣術の覚えもあり、藩校でも秀才と言われながら、現在の勤めは毒味役。張り合いのない役目に不満を持ちながらも、美しく気立てのいい妻・加代とつましくも笑いの絶えない平和な日々を送っていた。ところが、そんな平穏な生活が一変してしまう。貝の毒にあたった新之丞が、一命は取り留めたものの失明してしまったのだ。絶望し、自ら命を絶とうとする新之丞を、加代は懸命に思い留まらせるの... [続きを読む]

受信: 2006.12.12 19:04

« ただ、君を愛してる | トップページ | 2006-12-09日常 »