« 映画日記2006.12.02 | トップページ | 三輪@謡 »

2006.12.09

2006-12-09日常

ミチさんのところから、本棚バトンが回ってきました。
っても、一昨年の引っ越しで、本棚の本は、現在、仕事場の段ボールの中にあります。
☆あなたの本棚にある恥ずかしい本は?
 「片想い」中島みゆき
☆あなたの本棚にある自慢できる本は? 
「アフリカ的段階について」吉本隆明
☆あなたの本棚にある手放したいのにいつまでもある本は?
 いま、本棚、段ボールに眠っている本の大半(笑)
☆あなたの本棚にあるあなたが頻繁に読み返す本は?
「精神科治療の覚え書き」中井久夫。

☆あなたの本棚にある恥ずかしい本は?
 「片想い」中島みゆき

エロイ本は、読んだらできるだけすみやかに、古本屋に処分してるので、本棚、段ボール中にはないはず(^^)
この本が、何故恥ずかしいのか、作者ー読者の関係にとどまらず、作者ー妄想の慕手の関係だからかな。
妄想の中で、普通の読み手になれない、この感じが、はずかしい(笑)
彼女のファンクラブにはいってます(^^)。
ほんとは、元宝ジェンヌさんが表紙を飾っている宝塚月刊誌(ジェンヌさんが、俳優になられてからのファンなんですが、たまたま、東京宝塚劇場近辺の、関連グッヅ屋さんで、みつけました。これが、、、、、並んでると、はずかしい(っても、たぶん、段ボールの中のはず(^^;)。

☆あなたの本棚にある自慢できる本は? 
「アフリカ的段階について」吉本隆明

吉本ばななのおとっつぁん、のサイン入り本。
個人誌「試行」って雑誌の終刊の際、購読料の精算として送っていただいた著作。
非売品のはず。
これ持ってる人は、たぶん、すくないはず。
っても、自慢できる相手、これを「えぇぇー、そんなのもってるの」と言ってくれる相手がかぎられてるんですけど(笑)。

☆あなたの本棚にある手放したいのにいつまでもある本は?
 いま、本棚、段ボールに眠っている本の大半(仕事関連はのぞく)(笑)
でも、唯一、毎日コミュニューケーションから出た共著本(4ページほど担当)だけは残すかな(^^)

☆あなたの本棚にあるあなたが頻繁に読み返す本は?
「精神科治療の覚え書き」中井久夫。

人とあうのが仕事の人にはおすすめの本です。何回か読みなおしてます。
たぶん、著者は、精神科医として忙しく仕事をこなされているときに、とりあえず、のマニュアルという感があって、そこに、卓見が多々述べられています。
■精神の悩みをもった人の家族のアドバイスは、本人に役にたたないーー家族として生活してるから、本人は、家族の考えられることをすでに実践済みであるから。
■「うつ病になる人には、一つの型がある、日本の中流家庭では、模範とされる性格」「責任感のつよい、努力型の人である。」
■精神分裂病のついて。。。「無理がたたって体をこわし、休養を強制されたり、たまらず眠りこけてしまえば。。。多分、病気にならずにすむ」とか。

バトンをまわすところがないので、ここでとめます(^^)

|

« 映画日記2006.12.02 | トップページ | 三輪@謡 »

コメント

吉本隆明のサイン入りをお持ちなんですね~^^
うちは、ダンナ所有の吉本隆明本が何冊も有ります。
私もサイン入りで自慢の本が!
長倉洋海著「フォト・ジャーナリストの眼」です。

投稿: maki | 2006.12.09 20:10

こんばんは♪
忘年会でお忙しいのに(ウソです)早くに記事アップしてくださってありがとうございました。
いったん段ボールに入れてしまった本ってなかなか出すチャンスが無いんですよね。
さりとてそのまま捨てるのもイヤだし。ジレンマです。

ん?あの方が表紙を飾っている宝塚月刊誌とな?(笑)
私がハマったころには既に引退されていたので私の本棚にはないですわ。
中島みゆきの「片想い」・・・・うーん、タイトルからして青い感じですね(爆)内容はどんなんだろう?興味津々~。
吉本隆明本って難しくないんでしょうか。
読んだことないですわ(汗)

投稿: ミチ | 2006.12.09 22:19

■makiさん、こんばんは。
えっ、旦那さん、吉本さんの本、お持ちなんですね(^^ゞ。
長倉洋海著「フォト・ジャーナリストの眼」、これは知らないのですよ(汗)。

投稿: 悠 | 2006.12.09 23:27

■ミチさん、こんばんは。
そうそう、あの方です、もうお名前を書くのもはばかられます^_^;
みゆきさんの本は、題名と中身のずれは、たとえば、みゆきさんの歌を聴いてるときと、「オールナイト日本」のぎゃ、は、はっのみゆきさんを聞いているときほどのギャップがあります(爆)。吉本さんですか、私も、読んでても、わかりませんです(笑)。

投稿: 悠 | 2006.12.09 23:31

こんばんは。悠さんのご本。興味津々。
>「精神科治療の覚え書き」中井久夫。
これは、特に読んでみたいです。

懐かしいなぁ。「オールナイトニッポン」。高校生だった函館では、カーラジオくらいしか受信できなくて、深夜にガレージで聴いていたのを思い出しました。(^^;) みゆきさん、自分と年齢が近いし、出身地も近いので、なんとなく親近感があります。もちろん、歌も大好きです。

投稿: あかん隊 | 2006.12.10 02:50

■あかん隊さん、おはよう。
みゆきさん「オールナイトニッポン」聞いてられたんですね。
あの暗い歌しか聴いてない人が、あれ聞くと、えぇぇ、みゆきさん、こんな人だったのって絶句すると、思いますわ、きっと。
中井久夫さんは、エッセーも沢山でてます。
精神科医、教授、詩人、翻訳(詩の翻訳もあった)、いろんな顔をお持ちです(^_^)。

投稿: 悠 | 2006.12.10 10:13

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/140581/12994446

この記事へのトラックバック一覧です: 2006-12-09日常:

» 本棚バトン♪ [ミチの雑記帳]
『新選組!』からのお付き合いで、いつもお世話になっているGo Plain!のAki.1031さんから本棚バトンが回ってきました〜{/book/} ①あなたの本棚にある恥ずかしい本は? 『オール・アバウト・セックス』(鹿島茂) これ、ハウツー本でも何でもありません。鹿島茂先生は19世紀フランス文学が専門の方。古今東西ありとあらゆる分野のエロス本の書評をまとめてあります。いたってまじめな本で、鹿島先生独特のユニ�... [続きを読む]

受信: 2006.12.09 22:13

« 映画日記2006.12.02 | トップページ | 三輪@謡 »