« 三輪@謡 | トップページ | 戯曲を読む@21世紀戯曲文庫 »

2006.12.09

Letters From Iwo Jima

「玉砕の思想」ってのは、実は、精神的につよくないんじゃないやろうか。
特に「玉砕」を強制する方の精神は絶対に弱いはずだ。
と、この映画をみて思った。昔、「コンバット」っていうTVドラマがあって、アメリカの兵隊が、ガムかんで、みんな不ぞろいで歩いてたのを観て、あーこういう軍隊の方が強いのだ、って思ったことがあった。

物語の中身は、公式サイト、とくに栗林中将については、「散るぞ悲しき」(梯久美子著)を 読んでくだされい。

「死守」すること、「死守できなかったら、責任をとって死ぬこと」って、誰にとって都合がいいんだろう。死んでゆく人の代わりがタクサンいるときの、命令を下す側だよね。

責任をとって死んでくれる人がいる=それで助かる人がいるはず。たとえば、今でも、上司に責任がおよばないようにと、取調べの間に死んでゆく人がいる。戦前は、まだ、ふっきれてないと思う。

生きのびることを優先しなければならない。はむかうときにも、生きのびることを優先しなくてはならない(「白バラの祈り」に感動しないのは、こういうことなんです(^_^))。

「自分の責任でいきる」とバロン西がいう言葉は、きっと、兵隊に降伏してもいいよ、ということを認めていると思う。

投降してきた日本兵を、撃ち殺すアメリカ兵。こんな場面を描けないよね、日本で製作する場合。クリント監督、公平な目をもっていたよね。

それにしても獅童くん、こんな役ひきうけていいのかな(笑)。

|

« 三輪@謡 | トップページ | 戯曲を読む@21世紀戯曲文庫 »

コメント

こんばんは♪
悠さんも初日組ですか!
中村獅童ってこういう役多くないですか?
どこかで見た感じがしたのだけどな~。
でも、軍人向きの顔ですよね(笑)
『白バラの祈り』大絶賛だった私ですが、悠さんのご意見もあの時から変わっていませんね~。
あれはやっぱり若気の至り&思慮が足らなかったんでしょう・・・。

投稿: ミチ | 2006.12.09 23:54

■ミチさん、おはよう。
獅童さん、「大和」にでてましたが、あのときの役の方がよかったですね(^^ゞ。
どっちかつーと、「清い」って方がいいですもんね。仲間うちの付き合いのときと、腹黒い「力」に対するときで、性格かえないと、いかんぜ、と思います。ドイツと日本って、うつ病的性格のおおい国ってんで、共通してんでしょうかね。
「武士の一分」で、昔の倫理(っても、教えられてるだけど、あてになんないですけど)で、普通なら自害ってことなんでしょうが、死なない壇さん、殺さない拓也がいいです(^_^)。

投稿: 悠 | 2006.12.10 10:06

硫黄島、カゼで行けません
テレビ、家にないので中村さん、知りません
「イカとクジラ」面白そうですね?、観ません?

投稿: t2ぴょん | 2006.12.10 12:23

■t2ぴょん、こんばんは。
中村さんって、今、竹内結子だっけと、世間にぎわかしてます、っても、TVみないとわからないか(^^ゞ。
「イカとクジラ」は、わかんない????

投稿: 悠 | 2006.12.10 22:15

なんかイカとクジラが友達になる映画みたいです...
(PinkFloydがよさげな?:-)

投稿: t2ぴょん | 2006.12.12 02:56

>悠さま
細かい突っ込みどころがあったり,合衆国のイーストウッド監督が造られたということへの畏敬とか,雑念がありますが,人間の尊厳を讃える素晴らしい映画と思います。リベラルなイーストウッド監督に畏敬の念を持たなくてはなりません。
>責任をとって死んでくれる人がいる=それで助かる人がいるはず。
>上司に責任がおよばないようにと、取調べの間に死んでゆく人がいる。戦前は、まだ、ふっきれてないと思う。
汚職が明るみに出て自殺というのがその証です。安直すぎます。
星条旗もう一度見ようかと思いますが,えっ明日で終わり!

投稿: とみ | 2006.12.14 23:33

■とみさん、こんばんは。
イーストウッド監督、リベラルですよね。公平ですし。
リスペクトしてます、私。
でも、アメリカの物量作戦、星条旗のときもそうでしたが、すごいですね。星条旗のときは、穴のなかのツチグモのような日本兵って、アメリカ兵にしたら、怖いやろうなと思ってましたが、物量に勝つには、あれしかないですよね。水際作戦ではねぇ、と素人でも、思いますわ。

投稿: 悠 | 2006.12.14 23:59

終わってないですよね。「死の美学」というか「死生観」というか。
「死んで勝つ」なんて変です。死んだら勝てない、そう思って生きてます。(爆)「ローハイド」みてました。「荒野の用心棒」みました。セルジオ・レオーネも大好きで、エンリオ・モリコーネの曲に浸っていた時期もあります。あのガンマンが、こうした映画を監督するような方になるとは…。映画史上に残る不朽の2作となりますね。

投稿: あかん隊 | 2006.12.15 00:51

■あかん隊さん、こんばんは。
「死んで勝つ」→「死んで生きる」→「リビング ガイスト」(=いける屍)ですもんね。
でも、庶民には「死んで花実が咲くものか」ですもんね(^^)。
ローハイド、荒野の用心棒みていないんですよ(;_;)

投稿: 悠 | 2006.12.15 17:19

悠さん・・こんにちわ!!
あの中村獅堂君・・正直ビックリしました!!
獅堂君が演じた役が一番へタレちゃんで、死ぬのが怖いんやなぁと思いました。。
こんなこと思うのは私だけかなぁ・・(笑)
あの獅堂くん・・「木更津・・」の獅堂くんの役の、犬島君になんとなく似てる感じがしたのです(笑)

アメリカから見た日本の不気味な感じと、日本から見たアメリカのスンゴイ兵の数と武器・・。
2つの国から見れてとてもよかった思いました。。

きっとニノくんはバケツを捨てに行ったとき、「あいたたたっ・・俺あかんやろなぁ~_| ̄|○」って思ったでしょうね~。。

投稿: はむきち | 2006.12.19 17:02

■はむきちさん、おはよう。
私は、獅堂くんが、最後に一人で敵地に向かうとき、首にまきつけたのは、てっきり地雷だと思って、「すごいよね」って思ってたんですが、あれ、水筒だったのですよね。水の出ないとこで、他人の水筒までもって行くか!!(はい、後で怒っております(^^ゞ)

投稿: 悠 | 2006.12.20 06:36

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/140581/13001628

この記事へのトラックバック一覧です: Letters From Iwo Jima:

» 映画「硫黄島からの手紙」 [ミチの雑記帳]
映画館にて「硫黄島からの手紙」 クリント・イーストウッド監督の「父親たちの星条旗」に続く硫黄島二部作第二弾は日本側の視点から描いた作品。 1944年6月硫黄島に着任した栗林忠道陸軍中将(渡辺謙)は、早速硫黄島を自分の足で一周する。地形を観察し、体罰を振るう上官を戒めながら、とにかく自分の足で歩き、自分の目で見て、作戦を立てる。苦しい食糧事情から、自らも一兵卒と同じだけの食事しか取らないという態度を通す。定石... [続きを読む]

受信: 2006.12.09 23:51

» 硫黄島からの手紙 [Diarydiary! ]
《硫黄島からの手紙》   2006年 アメリカ映画 - 原題 - LETTER [続きを読む]

受信: 2006.12.10 16:26

» 硫黄島からの手紙 [Akira's VOICE]
観賞後に胸を満たすのは,反戦の強い思い,ただひとつ。 [続きを読む]

受信: 2006.12.10 16:45

» 硫黄島からの手紙★LETTERS FROM IWOJIMA [銅版画制作の日々]
 クリント・イーストウッド監督、硫黄島2部作『硫黄島からの手紙』を観てきました。平日の夕方にも関わらず、多くのお客さんでした。1作目『父親たちの星条旗』はアメリカから見た硫黄島、今回は日本から見た硫黄島。5日間で硫黄島戦は終結するはずだった。しかしその日数をはるかに越えて36日間に及ぶ長期戦と変貌戦史に残る戦いへと変えた男たちがいるのである。 指揮官の名前は栗林忠道・・・・・太平洋戦争におい... [続きを読む]

受信: 2006.12.12 17:03

» 硫黄島からの手紙/Letters From IWO Jima [我想一個人映画美的女人blog]
米国人であるクリントイーストウッド監督が 『父親たちの星条旗』と対にして、硫黄島の戦いを日米双方から描いた第二弾。         世界に先がけての日本公開。 先に観た『父親たちの星条旗』の方は良かったながらもピン"と来ない部分もあったものの、 日本側から観たこの戦いを描いた今作、こころに深く刺さるものがあった、、、。 予告篇で観ていた限りでもかなり興味深かったけど 感動させようとしていたり、... [続きを読む]

受信: 2006.12.13 02:00

» 【劇場鑑賞138】硫黄島からの手紙(LETTERS FROM IWO JIMA) [ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!]
1945年 硫黄島 アメリカが5日で終わると思っていた戦争を 36日間守り抜いた日本人たちがいた これは彼らの話である [続きを読む]

受信: 2006.12.14 23:04

» 硫黄島からの手紙 [風知草]
10日に鑑賞した。硫黄島からの手紙 LETTERS FROM IWO JIMA監 [続きを読む]

受信: 2006.12.14 23:05

» 硫黄島からの手紙(20061210) [cococo]
スローモーションで、舞い落ちてくるような、たくさんの手紙や葉書。最後のシーンで涙 [続きを読む]

受信: 2006.12.15 00:52

» 硫黄島からの手紙 [悠雅的生活]
余は常に諸氏の先頭にある。 [続きを読む]

受信: 2006.12.16 22:06

» 硫黄島からの手紙 2006-70 [観たよ〜ん〜]
「硫黄島からの手紙」を観てきました〜♪ 太平洋戦争末期、栗林中将(渡辺謙)は、本土防衛の最後の砦、硫黄島に降り立つ。栗林中将は、着任早々それまで進められていた作戦を大幅に変え、兵隊たちへの待遇も変更する・・・ 人気Blogランキング    ↑ 押せば、壮絶な攻防戦が・・・ ... [続きを読む]

受信: 2006.12.20 07:27

» 硫黄島からの手紙 (Letters From Iwo Jima) [Subterranean サブタレイニアン]
監督 クリント・イーストウッド 主演 渡辺謙 2006年 アメリカ映画 141分 戦争 採点★★★ 仕事や日常生活を送る中で常に感じることなのだが、ほんの少し立ち位置を変えるだけでも、物事が大きく違って見えるもの。しかし、そのちょっとだけ違う見方、考え方、取り組み方とい..... [続きを読む]

受信: 2006.12.21 07:21

» 硫黄島からの手紙 [はむきちのいろいろ日記]
戦況が悪化の一途をたどる1944年6月、日本軍の最重要拠点である硫黄島に新たな指揮官、栗林忠道中将が降り立つ。アメリカ留学の経験を持つ栗林は、無意味な精神論が幅を利かせていた軍の体質を改め、合理的な体制を整えていく。上官の理不尽な体罰に苦しめられ絶望を感じていた西郷も、栗林の登場にかすかな希望を抱き始める。栗林の進歩的な言動に古参将校たちが反発を強める一方、ロサンゼルス・オリンピック馬術競技金メダリストの“バロン西”こ... [続きを読む]

受信: 2006.12.21 19:18

» 硫黄島からの手紙 [CINEMA DEPOT's BLOG]
DEPOTのおすすめ度:★★★★★ 公開日:2006年12月9日 配給:ワーナー・ブラザース 監督:クリント・イーストウッド 出演:渡辺謙,二宮和也,伊原剛志 鑑賞日:2006年12月11日 MOVIX三郷 シアター11(座席数518) 【ストーリー】 戦況が悪化の一途をたどる1...... [続きを読む]

受信: 2006.12.21 22:44

» 硫黄島からの手紙 2006-70 [観たよ〜ん〜]
「硫黄島からの手紙」を観てきました〜♪ 太平洋戦争末期、栗林中将(渡辺謙)は、本土防衛の最後の砦、硫黄島に降り立つ。栗林中将は、着任早々それまで進められていた作戦を大幅に変え、兵隊たちへの待遇も変更する・・・ 人気Blogランキング    ↑ 押せば、壮絶な攻防戦が・・・ ... [続きを読む]

受信: 2006.12.22 20:28

» 硫黄島からの手紙 [スーパーヅカン]
遅ればせながら新年明けましておめでとうございます! これからもどうぞよろしくお願いいたします!! たくさんお休みさせていただきましたので、これからまたガンガン行きたいと思います(≧∇≦)b さて早速、 年始1発目は『硫黄島からの手紙』です。 製作年度 2006年...... [続きを読む]

受信: 2007.01.07 17:51

« 三輪@謡 | トップページ | 戯曲を読む@21世紀戯曲文庫 »