« 2007-1-25日常 | トップページ | 声が生まれる »

2007.01.28

幸せのちから

こどもの目からみると、とーちゃんは、医療機器をたくさん買い込み、これを売ってもうけようとしている(おいらには、わかんないんだけど、アフターケアやってくれそうもない^^;)。これをたくさん買い込んでいる。これを月2台売ると、生活ができるんだ。250ドル(?)安くない??

あんまり稼いでいそうにない。かーちゃんは、とーちゃんにあいそをつかして出て行った(「ボクのせいで」なんていう台詞がなんとも、よかったーこれはおいらの感想)。
とーちゃんは、走り回っている。税金は、滞納、家賃は滞納。しまいには、トイレの中でねるはめになる。教会の救護施設でとまったとき、教会で聞いた歌はよかったし、フットボールの試合にはつれていってくれたけど。
ボクは、中国人の経営する託児所で、ひがな、TVを見せられて暮らしている。

でも、とーちゃんは、もともとの頭のよさをいかして、証券会社の無給のインターンを経て、社員になるんだ、その後は、会社をおこすんだ\(^o^)/。

成功して、よかった、よかったって物語なんだ(^^ゞ

|

« 2007-1-25日常 | トップページ | 声が生まれる »

コメント

こんばんは♪
パパは成功したから良かったものの、あーいう状態から成功しない人のほうが多いんですよね、実際は。
第一、あの骨密度を測る機械もなんだかインチキ臭い~(笑)
あれでやっていけるという自信はどこから?
もともと営業のセンスというか話術とかが上手かったんでしょうね。
実話のサクセスストーリーって大感動に繋がらないのは気の毒かもしれません。

投稿: ミチ | 2007.01.30 22:16

■ミチさん、こんばんは。
実話だから、リアルだってことはないですよねぇ。あれって、「実話」ってのがないと、ウソっぽいですもんね(^^ゞ。
でも、好日性は、成功に絶対必要ですよね。
暗い、懐疑する、実業的成功者っていないですもんね(^^ゞ

投稿: 悠 | 2007.01.31 18:09

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/140581/13687207

この記事へのトラックバック一覧です: 幸せのちから:

» The Pursuit of Happyness (幸せのちから) [アリゾナ映画ログ − 砂漠から...]
2006年12月31日鑑賞Tagline:  N/Aストーリー1981年、サンフランシスコ。クリス・ガードナーは高級医療機器のセールスマン。5歳になる息子クリストファーは彼にとって何より大切な存在。実の父を知らずに育ったク... [続きを読む]

受信: 2007.01.30 05:55

» 映画「幸せのちから」 [ミチの雑記帳]
映画館にて「幸せのちから」 ホームレスから億万長者となった実在の人物、クリス・ガードナーの実話に基づく映画。 実話に基づく・・・ということは、最初から答えはわかっているし、途中の苦難も報われる日が来ると思って見ているので、どんなにお涙頂戴のサクセスストーリーかと思いきや、さにあらず。 サクセスストーリーというよりも、子供を抱えた父親の奮闘記であり、父子の深い絆の物語だった。決して涙�... [続きを読む]

受信: 2007.01.30 22:13

» 【2007-25】幸せのちから(THE PURSUIT OF HAPPYNESS) [ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!]
全財産21ドルから立ち上がった父子の、実話に基づいた感動作。 この手は、離さない── [続きを読む]

受信: 2007.02.18 22:19

» 映画 幸せのちから [よろず茶屋 ]
遅くなりましたが・・・。久しぶりに家に居た休みだったので、前に観たこの映画の感想など。 がんばれお父ちゃん!!と叫びたくなるような、地味だけど、静かな感動を呼ぶ良品でした。 いちばん注目だったのはウィル・スミスの実の息子が子役デビューして 本物の親子....... [続きを読む]

受信: 2007.02.21 17:56

» ウィル・スミス親子共演の「幸せのちから」見てきました。 [よしなしごと]
 ウィル・スミス親子共演の幸せのちからを見てきました。 [続きを読む]

受信: 2007.02.22 23:42

« 2007-1-25日常 | トップページ | 声が生まれる »