« 2007-01-13悠亭日乗 | トップページ | エスケイプ/アブセント »

2007.01.14

長谷川四郎集@影書房 映画@愛ルケ

戦後文学エッセイ集2 2006-12-20
丹下左膳の作者長谷川海太郎の弟さん。海太郎は、林不忘、牧逸馬、谷譲二と3つの名前を使い分けている。左膳は、林不忘作である。
函館の人とばかり思っていたら、お父さんは、佐渡で北一輝を教えていたとあった。

長谷川さん、花田清輝っても、もう、知らない人が増えていると思うけど、4人合作の「故事新編」@芝居を見てるんだけど、うーん、ハイカラすぎらーと当時のおいらは思ってた。
だいたい、これらの人が信奉していたブレヒトも、ハイカラだったし(^^ゞ。

最近、あり合わせのもので、考えを組み立てていって考えないと、思うところがあり、偉い人の著作をまって、それで、読んで考えようなんてのは、手間がかかって、ってんで、この人たちに、興味を持ちだしたのかな。

ブレヒトもそうだけど、芝居の中で、では、物語の主人公は、どう生きたらよかったのか。ワキの人は、どのように接すればよかったのかを、芝居で感情移入するのではなく、考えるてくれってことだもんな。

映画評で、佐藤忠男さんが、やってるのも、これと似てるかなと、勝手に(^^)。

「ゴドーを待ちながら」に比して、「ヒットラーを待ちながら」ってな芝居をつくろうってな話がでてくるけど(1974年の文書)、いまとなっては、冗談ですまなくなってっる??

愛ルケ@映画
しのぶさん、だんだんキレイになってゆくし、ハセキョウは、妖しい検事だしなんです。新聞連載中読んでました。ハセキョウの方がエロい感じはしましたが、どうも、法廷場面が「ゆれる」ほどよく撮れてないのが、不満ですね。
笑った台詞@津川雅彦の「えぇ、それって文学でしょ?」(これに大笑、お客さん、笑いませんでしたけど^_^;)。
やっぱり、恋愛映画は、苦手な映画です(-_-;)。

|

« 2007-01-13悠亭日乗 | トップページ | エスケイプ/アブセント »

コメント

>悠さま
ちょっと赤目っぽい衣装があったりして,当初,時代設定を昭和末期にしているのかと錯覚しました。
原作読んでません(m_m)。「阿寒に果つ」は読んでます。

投稿: とみ | 2007.01.14 22:57

■とみさん、こんばんは。
>赤目っぽい衣装
気がつきませんでした(-_-;)。
阿寒にはつは、たしか天才少女との邂逅の物語でしたよね。いまの渡辺さんの作風とは全然ちがう、少年物語ですね(^^ゞ。

投稿: 悠 | 2007.01.15 21:23

こんにちは♪
「愛ルケ」をTBさせていただきました。
私も恋愛映画は苦手です。
とくに渡辺センセのやつは・・・。
裁判シーンに期待していたのですが、ハセキョーの服装以外はダメでしたね~。

投稿: ミチ | 2007.01.19 08:13

■ミチさん、こんにちは。
渡辺先生のは、日経新聞で読んでるのがいいんですけど、あとはねぇ(^^ゞ。
ハセキョウの台詞に「逢うために新幹線代往復をつかうなんて」ってのがあって、これに、どきりでした。だって、恋愛じゃなく、新幹線つかって芝居見に行く方いますもんね(^^ゞ。

投稿: 悠 | 2007.01.19 12:04

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/140581/13487067

この記事へのトラックバック一覧です: 長谷川四郎集@影書房 映画@愛ルケ:

» 映画「愛の流刑地」 [ミチの雑記帳]
映画館にて「愛の流刑地」 渡辺淳一の同名小説の映画化。 スランプにあえぐかつてのベストセラー作家村尾(豊川悦司)は人妻・入江冬香(寺島しのぶ)と出会い、愛に溺れていくが、情事の果てに彼女を絞殺してしまう。 冒頭、誰もが期待しているであろう二人の情事のシーンから始まり、あっという間に冬香が死んでしまう。この二人がどういう風に出会って愛を育んできたかは取調べや裁判の場での回想という形で徐々に明らかにされていく。 殺�... [続きを読む]

受信: 2007.01.19 08:11

» 愛の流刑地:みたい映画♪ [今日は何を書こうかな・・・]
彼と映画「愛の流刑地」を観にいこうか迷ってます。彼の反応が楽しみ(笑)他の映画も気になりますがね。 [続きを読む]

受信: 2007.02.12 16:35

« 2007-01-13悠亭日乗 | トップページ | エスケイプ/アブセント »