« チェーホフを楽しむために | トップページ | 稽古日誌2006-1-20 »

2007.01.19

警察庁から来た男

佐々木譲 角川春樹事務所 2006-12-18
札幌の交番に、女性人権会議ジャパンの女性が、タイから人身売買で売られてきた処女とともに、飛び込んだ。ほっとしたのもつかのま、少女は、身元保証人と称する男に連れ去られる。

ぼったくりバーの階段から、客が突き落とされた。調べにきた警官が、バーの店長をなぐるところを写真に撮られ、それで、この事件は、立件できなくなる。

警察庁から、キャリアの監察官が、道警察の腐敗があるのではと、派遣されてくる。

道警察の裏金作りを証言し、閑職にまわされている巡査部長。

監察官は、巡査部長と協力し、腐敗した刑事を洗うが、こつぶばかりである。

死んだ客の父が、再捜査を依頼にくるが、その宿泊施設がなにものかによってあらされている。

巡査部長とともに、おとり捜査を実行した刑事も今は盗犯係に回されている。かれは、おとり捜査は、警察内の情報によって、つぶされたのではないかと疑っている。

これらが、最後に、一本の線にまとまってくる。

久しぶりに、最初から、途中読みせず、最後まで、読んだ小説です。

|

« チェーホフを楽しむために | トップページ | 稽古日誌2006-1-20 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/140581/13577027

この記事へのトラックバック一覧です: 警察庁から来た男:

« チェーホフを楽しむために | トップページ | 稽古日誌2006-1-20 »