« 長谷川四郎集@影書房 映画@愛ルケ | トップページ | チェーホフを楽しむために »

2007.01.17

エスケイプ/アブセント

絲山秋子、新潮社 2006-12-20
現在(2006年)正臣、40歳、職業革命家が、これをみきり、妹の経営する託児所に勤める前の一週間を京都で過ごす、エスケイプ。双子の弟が、旧友の死を知り友宅@大津を尋ねるまでの日々がアブセント。

正臣は、偽神父、フランス人なのに、フランス語ができなくて、日本語をしゃべる、が語る、「男の子と女の子が手をつないでいましたが、ついに、手を離さずにいられなくなって、もう、あえなくなった。でも、神は、どちらも、同時に考えていてくれる、私たちにできることは神を信じて、できることをするだけです。」ってのに感銘を受ける。

おいらも、この話には感銘を受けた。

文体は、
どっちにいったらいいのかな。
(自分で決めろ)
比叡でも登るか。
(体力いるぞ)。ってな風で、会話体、つっこみ会話ありーってものかな。

正臣は、京都側から、比叡に登ると、琵琶湖をみる(京都から登っても、滋賀しか見えない)。

和臣は、大津の旧友宅をたずね、比叡を眺める。

このラストの光景もいい。

全共闘の20年後を書いた、「スズキさんの休日」@矢作俊彦とは、また、味わいがちがって、軽いけども(^^ゞ

|

« 長谷川四郎集@影書房 映画@愛ルケ | トップページ | チェーホフを楽しむために »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/140581/13541780

この記事へのトラックバック一覧です: エスケイプ/アブセント:

« 長谷川四郎集@影書房 映画@愛ルケ | トップページ | チェーホフを楽しむために »