« 2007-2-17日常 | トップページ | ニッポンの小説 »

2007.02.17

CONVERSATIONS WITH OTHER WOMEN

昔短い間、結婚していた男女が、別れてから18年経って、男の妹の結婚式で出会う。

女は、結婚を解消してから、別の男性と結婚している。男は、彼女のことをおもい、今も結婚はしていない。しかし、若いダンサーの恋人がいる。

画面が左右に分割されていて、おのおのに、一人がうつされる(ときには、二人がうつることもあるが、、、左右に、過去の二人と、現在の二人が同時にうつることもある。)

映画の大部分、9割近くは二人の会話である。

これが面白かった。お互いに話していても、基本は、ひとりなんだ。
二人の間のセックスも会話の延長みたいだ。過去と、現在の今が、画面で交差する。
時間も1時間半、これくらいが集中力をきれずにみられる限界かな(笑)。

最後の左右分割の画面なんだけど、二人が、同じところにいるのに、浮かないような、苦い感じにみえるのが、なんとも、よかった。(どんな場面かはネタばれになるんで、かかないですが)。

もし、あなたは、昔、かって愛し合って今は別れてしまった人とあったとき、どんな会話ができます??

この間、アメリカの女優のインタビュー映画@DVDをみたが、中年になった女優が、若さだけを尊重する映画界に不満をもっている、同時代の女性をきちんと描いてほしい、といっていたのを思い出した。この映画は、同時代の女性が、きちんと描かれていた。

|

« 2007-2-17日常 | トップページ | ニッポンの小説 »

コメント

悠さん・・この二人の言葉の駆け引きがよかったですよね~!!
半分に画面を割って、心の中の自分と、反対の言葉を言ってる自分が、なんとも最高でした!(^^)!

彼の嫉妬がなんとも、言えなかったなぁ~。。女の人は現実的ですね(笑)
帰りのタクシー・・女性は未練なかったもんなぁ(笑)
ほんまにこの映画面白かったです!(^^)!

投稿: はむきち | 2007.02.20 19:53

◇はむさん、こんばんは。
最初、ほんとに知らない二人同士の会話とみえて、ビデオ撮る人の前の会話で、えっ、で、「昔のわけありでね」って台詞が生きてきますよね。
女は、役者じゃ(笑)。

投稿: 悠 | 2007.02.21 21:32

体調が悪かったのですが、タイミングを逃すと前売りを、また無駄にしそうだったので行ってきました。アーロン・エッカートも、ヘレナ・ブナム=カーターも、この作品に出たかったそうですが、役者さんなら、一度はやってみたい役だろうな、と思いました。静かな雰囲気でよかったです。

投稿: あかん隊 | 2007.03.03 22:07

■あかん隊さん、こんばんは。
よかったですよね。全編に自分が写っている、こんな、おいしい役ないですもんね(笑)。

投稿: 悠 | 2007.03.03 23:08

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/140581/13945185

この記事へのトラックバック一覧です: CONVERSATIONS WITH OTHER WOMEN:

» 生田神社 結婚式 [使える!?]
陣内&紀香の生田神社結婚式は10万円? [続きを読む]

受信: 2007.02.18 01:32

» カンバセーションズ Converdation(s) [cococo]
男はズルいロマンチスト、女は罪なリアリスト とある。 まさに、その対比を分割した [続きを読む]

受信: 2007.03.03 22:03

« 2007-2-17日常 | トップページ | ニッポンの小説 »