« 安寿ミラ@ハムレット | トップページ | 2007-2-12日常 »

2007.02.12

フィリピン ベッドタイム ストーリーズ

フィリピン俳優と、日本人俳優の共同作。燐光群の作品。燐光群の俳優さんの濃い俳優さんにまじって、宮本裕子さんも出演。2時間で4小作品と演じる。

フィリピン語が飛び交ってました。フィリピン語の方は、舞台に設置されたTV画面に翻訳がされているのですが、作品が時間が短くて、なんか、よくわかんなかった。

で、「フィリピンパブで」@内田春菊作・出演が面白かった。
フィリピンパブで知り合って、ベッドをともにした男性。酔っている間に、結婚の約束をしてしまっている。実は、ベッドをともにした女性は、結婚相手をさがすために、パブで働いていた、経営者の娘。
男性が、ようやく、結婚する気になったとき、実は、女性は性転換した元男性だとわかる。
経営者の父は、性同一性障害で生まれた我が子は、自分が、妻に妊娠する際、ストレスを与えたのが原因だと反省し、家族のために、いきることを決意している。娘の幸せのためには、何でもする。
女性の3姉妹が、かたことの日本語で話す、ちぐはぐさも、笑った。

吉本新喜劇風シュールな味付け、フィリピン語も飛び交う、笑いがあった。

ダンス&ソングのエンターテイメントのお芝居@西宮にある芸術文化センターをみた後、伊丹アイホールで見てきました。田舎の子は、都会にでるときは、欲張るってあれもこれもなんですけど(^^ゞ。
燐光群の主宰者坂手さん、蜷川さんと組んで、彩の国さいたま芸術劇場で芝居やられるそうです。チラシがでてました。

|

« 安寿ミラ@ハムレット | トップページ | 2007-2-12日常 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/140581/13880452

この記事へのトラックバック一覧です: フィリピン ベッドタイム ストーリーズ :

» 旅行代理店フィリピン [旅行代理店フィリピン情報]
旅行代理店フィリピンのご紹介 [続きを読む]

受信: 2007.02.14 14:32

« 安寿ミラ@ハムレット | トップページ | 2007-2-12日常 »