« ブルーストッキングの女たち | トップページ | 読書日記2007-3-19 »

2007.03.19

Slouching toward HOLLY WOOD

老映画監督のボビー・ラッセルは、ハリウッド黄金期の代表監督だか、今は、映画を撮らせてもらっていない。隣に事務室をもったのが若手監督デニス。
ちょうど、ボビーが絶望して、首をつる瞬間に部屋をまちがえて、はいってくる。

仕事のない監督と、エージェントと映画契約は結んだが、作品がない若手監督。

ボビーは、自分の作品を、デニムの作品として、映画作品にすることを思いつき、二人は協力してってな物語。

ボビーとデニムの秘書がメアリー。

台詞を聞いていると、「喜劇」。作品も「喜劇」なんだけど。まさしく台詞にもあるように「意外性が喜劇」なんだけども。

ボビーがかれていて、また、老練で、弱気から強気をいったりきたり、ってとこに持ち味がある喜劇だと思うのだけど。

ボビーを、まだ、若々しい、力のある監督として演じたのが、いけなかったのかな~。
(平田オリザがいうような演出ー演技の計算が、はずれてたみたい)。

|

« ブルーストッキングの女たち | トップページ | 読書日記2007-3-19 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/140581/14318374

この記事へのトラックバック一覧です: Slouching toward HOLLY WOOD:

» 首 しこり [首 しこり]
健康に関してはいつでも気をつけたいもの。ここでは自分でも簡単に気がつきやすい、首しこりについて紹介します。 [続きを読む]

受信: 2007.03.20 00:09

« ブルーストッキングの女たち | トップページ | 読書日記2007-3-19 »