« 宝塚歌劇ならぬ’楽塾歌劇’ | トップページ | 読書3冊 »

2007.05.20

2007・5・20読書日記

大嶽秀夫 「新左翼の遺産」東京大学出版会 2007・3
ブント60年安保闘争から、大学闘争までを考察するも、その前史、60年安保闘争の解明が主。
チャーチルが、フランスのレジスタンスを評して、「いったいどれだけ、ナチスの敗北に貢献したか、疑問である」といっているが、「ひざまづいて生きるより、たったまま死にたい」レジスタンスは、このような、反抗であった、と大嶽さんは書いている。もって瞑すべきだな、おいらたち後輩は(^^;)

大学闘争のときの組織の原則は、
まず、やりたいものが、この指とまれ、方式であつまる(多数決原理ではない)
やりたくないやつは、やりたいやつの運動を実力でつぶすか、みまもるか、どちらかだ。

ってなもので、このゆびとまれ方式だから、参加、退出は自由
ってことは、参加しないものに対する優劣感情はないし、退出したからといって、優劣感情もない。

このあたりの組織論が、どう評価されるか、ぜひ、つぎの著作での評価を読みたい。

|

« 宝塚歌劇ならぬ’楽塾歌劇’ | トップページ | 読書3冊 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 宝塚歌劇ならぬ’楽塾歌劇’ | トップページ | 読書3冊 »