« 2007-5-26 | トップページ | 平田オリザ@メモ »

2007.05.27

外を歩くのにいい季節

駅にあつまって、これから、どこかへ出かけようという集団。ある駅につくと、どっとおりる集団。
歩くのにはいい季節なんでしょうね。

「私の名はキム・サムソン」(ごめん、名前を間違ってるかもしれない)。
TUTAYAに寄ったが貸し出し中。全部で16話(30分ドラマ)。DVDは、8枚ある。

「字幕屋は銀幕の片隅で日本語が変だと叫ぶ」光文社2007-2-20 太田直子

題は泣かせる映画のもじりだろうけど。最近は、泣かせる映画が売れてて、男女が互いに「バイバイ」っていってるに、「僕の大切な妹」「さようなら」なんて字幕が、営業の要求ではいるとか。
「君の瞳に乾杯!」は「Here's lookin' at you! kid!」の訳だけど、これは職人芸で、いいんだけど。

1秒の台詞は4文字、3秒なら12文字以内で字幕をつける、この本で知った。まー要約字幕にならざるをえませんよね。

配給会社が字幕制作を丸投げにしている風潮になっているんだとか。字幕の質が低下しないでほしい。おいらは、台詞を聞いてわかる語学力がないんだから。

|

« 2007-5-26 | トップページ | 平田オリザ@メモ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 2007-5-26 | トップページ | 平田オリザ@メモ »