« しゃべれどもしゃべれども | トップページ | ザ・シューター@映画 »

2007.06.03

2007-6-2日常

「300」@映画
「日本人としてこれだけは知っておきたいこと」中西輝政 PHP新書 2006-10-30

「300」'for freedam 'と言う言葉が何回もでてくる。ペルシャ軍と戦う、300人のスパルタ軍団。自由を脅かすものには、断固戦う9・11以降のアメリカの新自由主義みたい。

アメリカ映画の歴史物は、ストーリーは史実に忠実ではない、と、塩野七生さんが、PBの対談で言ってたから、そこは、目をつぶってっと。戦闘シーンには圧倒されるな。それと、オラクル(神託を告げる美女)の妖しさ。神託を受けた後のリーダーの「非合理と、専制主義に対し、戦わねば、、、」という言葉、これも、今のアメリカ軍みたいだけど。

「日本人。。。」第二次世界大戦は、ソ連の陰謀によりおこった。日本が戦争する発端となった「ハルノート」は、日本を追いつめるべく、ソ連のスパイが画策したんだ。(根拠は、戦後でてきた、ソ連側の資料だというけど、それに、何が書いてあるかは、明らかにしない)。

「民主主義が広まったから」「軍事に金を使わなかったから」戦後の経済発展の原因だ、というのは間違いだ、中国にしろ、韓国にしろ、軍事に金をつかっても、経済発展はしている、民主化がおくれている中国でも、経済発展をしてる、、うーん、なるほど。
「9条があったから、日本は平和だった」9条があるのは、日本だけ、大半の世界の国は、9条なんかないけど、平和だったではないかーーうーん、なるほど。

「騙すより騙されろ」こんな格言があるのは日本だけで、これが日本人の美徳だーーなるほど。
なるほど、なるほど、と思うところもありました。

|

« しゃべれどもしゃべれども | トップページ | ザ・シューター@映画 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« しゃべれどもしゃべれども | トップページ | ザ・シューター@映画 »