« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »

2007.07.29

身体性の教育@トークセッション

場所は、前をあるく女子大生らしきが「ここを歩いてる私が好き」って連れと話しながら歩いてたな。200707291236000_2
甲野善紀(武術家)、島崎徹(舞踏家)、内田樹(レヴィナス研究家、著述家)。

続きを読む "身体性の教育@トークセッション"

| | コメント (4)

エロディアス、ガートルード

 エロディアスは、サロメ(岩波文庫)の母。

エロディアスは、王が死んだ後、王の弟と結婚する。ガートルード@ハムレットみたいだ。

続きを読む "エロディアス、ガートルード"

| | コメント (2)

2007.07.28

スペインもののお芝居

って、「バレンシアの熱い花」@宝塚のお話なんです。
主演女優さん(フェルナンド)、この方、前の組におられたとき、ワキでもいい芝居されてたんですけど、この歌劇にかぎって間がもたない。

続きを読む "スペインもののお芝居"

| | コメント (6)

2007.07.22

生活習慣病に克つ新常識

「新潮新書」小山内 博、2003.5.20
メタボになりかかっている(いや、もうなっている)我が身を、なんとかしようと、求めた。

続きを読む "生活習慣病に克つ新常識"

| | コメント (6)

生きることのレッスン

竹内敏晴,2007.6.5,(株)トランスビュ
竹内さんの本がでたと聞いたので、もとめる。

続きを読む "生きることのレッスン"

| | コメント (0)

舞台版「腑抜けども悲しみの愛を見せろ」@DVD

映画をみて、舞台が気になって、ついに、DVDでみました。
映画の永瀬さんがやった、知的-誠実な兄貴は、舞台版では、一本抜けた、若者になってました。妹は、ほんと、いじけた感じがでてたし。
同級生は、舞台にでてこない。
で、主演女優、映画版より絶対いい!!

続きを読む "舞台版「腑抜けども悲しみの愛を見せろ」@DVD"

| | コメント (0)

2007.07.16

からおけ利用法

雨がふってるし、いつもの公園までは、、、、。
これ、狂言の台詞の練習のお話。

続きを読む "からおけ利用法"

| | コメント (4)

休日出勤@2007.7.16

せっかく晴れたのに、なんで、でていかな、あかんねん、と思いながらも。
まー、ライブ行ったことだし、年寄りには、疲れは3日後にでるちゅうし、まー、足慣らし、肩ならしに、と。

続きを読む "休日出勤@2007.7.16"

| | コメント (0)

2007.07.15

篠井英介さん@ライブ

篠井さん、共演の女優さん、うまかった。おもしろかった。
なんでだろ、と、つらつら考えてて、そうだ、能役者と狂言 を演じ、狂言役者が、能を演じる、あの面白さににてる!!裏芸の魅力!!女優さんはdancer&singer&actressだけど。

続きを読む "篠井英介さん@ライブ"

| | コメント (0)

2007.07.14

腑抜けども悲しみの愛をみせろ

命題が人にとりつくと、
たとえば「家族は家族のことを気使わなければならない」
「兄は、妹を守らなければならない」
「親は、子供のためにだけ、生きなければならない」

続きを読む "腑抜けども悲しみの愛をみせろ"

| | コメント (2)

2007.07.11

「ダイハード4」「昭和人」「アメリカと私」等

映画「ダイハード4」ダイハード観るのは初めてなんだけど、アクションがすごい。それと話半分にしても、PC抜きには成り立たない世界のすごさ。
「昭和人よー吉本隆明、江藤淳、鉄腕アトムへ」文芸春秋8月号の内田樹のエッセイ。
「アメリカと私」江藤淳、講談社文芸文庫、2007.6.10

続きを読む "「ダイハード4」「昭和人」「アメリカと私」等"

| | コメント (2)

2007.07.07

「腑抜けども、悲しみの愛をみせろ」

本谷有希子 講談社文庫、2007.5.15
京都シネマ行ったついでに、購入。
本谷さんの本の主人公って、異常なところがあるんだけど、それがなけれ ば、その人自身がなくなってしまう、そんな、ぎりぎりで生きてるみたいな人格だと思うけど、どうだろう。シナリオが載ってる「月刊シナリオ」も目をとおし たけど、最後が、本とちがってた。

続きを読む "「腑抜けども、悲しみの愛をみせろ」"

| | コメント (0)

「選挙」

東大出の候補者が、「公募では、東大でてるからいいやってことかな」。自分でいうかー。
しかし、候補者の選挙期間中の、生活は、すさまじいいいいいいい。こんなんで、いいのって気がする。

続きを読む "「選挙」"

| | コメント (5)

「いとこ同志」

夜汽車の中で、帰省する年上の女、男、これが、いとこ同士。
佐野史郎+渡辺美佐子、向井孝成+宮本裕子(各いとこ同士)。出演はこの四人。
「もし、私が、人生を楽しんで生きてないとおもったら、付き合うのをやめてほしい」ってな台詞がよかった。

続きを読む "「いとこ同志」"

| | コメント (0)

2007.07.05

「キサラギ」

下北沢の舞台でみたいぞ!ってな映画でした。
塚ジー、小栗旬、ユースケ・サンタマリア、香川照之、、、みんな、役者じゃ。
「日本魅録」香川照之・キネマ旬報社、2006,10,31買ってきました。

続きを読む "「キサラギ」"

| | コメント (4)

2007.07.04

「こんなとき私はどうしてきたか」

中井久夫、医学書院2007,5,25
中井さんは、神戸大学名誉教授の精神科医。精神科医としての実践を、さる病院の医師・看護師にかたられたものをまとめたもの。

続きを読む "「こんなとき私はどうしてきたか」"

| | コメント (6)

2007.07.01

「ルームサービス」

テアトル・エコー ジョン・マレー&アレン・ボレッツ作

義弟が支配人をしているホテルに、スタッフを「つけ」でとまらせ、スポンサーをさがす、プロデューサー。ある日監査がはいり、金をはらわない客は追い出せ、となる。田舎からでてきた脚本家、モスクワ芸術座にいた、老ホテルのウエィターを巻き込みながら、芝居はうてるのだろうか?コメディ。

続きを読む "「ルームサービス」"

| | コメント (0)

「日本人はなぜ日本を愛せないのか」

鈴木孝夫、新潮選書、2006・1・25
日本は、中国を模範としたり、イギリスを模範にしたり、アメリカを模範にして生きてきた。日本人の身体も「日本人はなれ」した体格になり、頭は金髪、、、、、。

で、模範とした国のいいところいえるでしょうが、悪いところをいえますか?

続きを読む "「日本人はなぜ日本を愛せないのか」"

| | コメント (2)

« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »