« 生活習慣病に克つ新常識 | トップページ | エロディアス、ガートルード »

2007.07.28

スペインもののお芝居

って、「バレンシアの熱い花」@宝塚のお話なんです。
主演女優さん(フェルナンド)、この方、前の組におられたとき、ワキでもいい芝居されてたんですけど、この歌劇にかぎって間がもたない。

大尉としては、貴族の清楚な娘に慕われ、遊び人としては、情熱的なフラメンコを踊る娘(イサベラ)に慕われるって、いい役なんですけど。

大望を果たした後、イサベラは「それまでは、表と裏があって、私が愛してたのは、裏の顔をもつあなた。いま、あなたには、裏の顔は必要ないのだから」と去ってゆく。去った後、舞台にのこるフェルナンド、ここ一人で、ぐっと、観客を引きつけるところなのに、間が。。。。

で、おいらは考えた。フェルナンドはイサベラを愛してない!
イサベラの言葉は、本心じゃない、裏+表=全部を愛してるんだ、それを振り切るせつないココロなんだけど。
でも、フェルナンドは、それを受け止めているんだろうか。

ラモン@若者は、フェルナンドの誘いに「おいらは、いまでも自由だ!謀反に加わりたくない」っていうんだが、ここに共感してしまった。ラマンは、結局妹を殺され、悪徳領主をやっつける怪傑ゾロチーム(本当は、「黒天使」です(^^))に加わるのですが。

|

« 生活習慣病に克つ新常識 | トップページ | エロディアス、ガートルード »

コメント

悠さん
>この人、さってゆく恋人を愛していない!!
同感でした^^;
ラストに至るお芝居の間も、主人公ふたりの燃え上がる恋の炎が見えなかった。
それらしいお芝居はしてらっしゃったけれど^^;

投稿: なっぺ | 2007.07.28 14:11

あれ?たくさん書いたのに、消えてしまいました。
また出直してきます。
「主演女優さん」て、「主演男役さん」のことですね?
女性ですけどこの場合は「女優さん」とは言わないから、なんだか新鮮。

私が観た時はふたりの間に「恋の炎」は見えていましたよ。

投稿: お絵描きぺんぎん | 2007.07.28 14:11

あら?
悠さん、『スペイン』のお話・・・なくなっちゃった?
たくさん書いたのが消えてしまったので、仕切りなおしに来たのだけれど・・・

投稿: お絵描きぺんぎん | 2007.07.28 14:17

■なっぺさん、こんにちは。
大尉さん演じたときと、奔放な遊び人演じたときも、同じ性格に見えたからかな。ここはハムレットくらい変わっていただくとよかったかな(^^)

投稿: 悠 | 2007.07.28 14:20

■お絵描きぺんぎんさん、おひさしぶりです。
主演女優さん、そうです、男役の方です。ついつい、女優さんと書いてます(^^;)。
「恋の炎」ですよね。私がみたときは、男役さん、抑制気味だったのか。
すいませぬ。コメントごと、消えましたので、復活しましたが、元記事が記憶にたよってるので、ちと、違ってます(汗)。

投稿: 悠 | 2007.07.28 14:24

■お絵描きぺんぎんさんへ
なぜ、愛がたりないのか。
フェルナンドの「イサベラは死んだ!」って台詞がありましたでしょ。あの一言が、なんとも、普通ぽくかんじたんですよ。きっと、それが原因ですかね。

投稿: 悠 | 2007.07.28 20:39

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 生活習慣病に克つ新常識 | トップページ | エロディアス、ガートルード »