« 「選挙」 | トップページ | 「ダイハード4」「昭和人」「アメリカと私」等 »

2007.07.07

「腑抜けども、悲しみの愛をみせろ」

本谷有希子 講談社文庫、2007.5.15
京都シネマ行ったついでに、購入。
本谷さんの本の主人公って、異常なところがあるんだけど、それがなけれ ば、その人自身がなくなってしまう、そんな、ぎりぎりで生きてるみたいな人格だと思うけど、どうだろう。シナリオが載ってる「月刊シナリオ」も目をとおし たけど、最後が、本とちがってた。

「親は、娘のために犠牲になるべきだ」
「兄は、妹のために、妹だけを愛さなければならない」
こんな倫理観で、人は、ふりまわされて生きている。

自分は、選ばれた才能をもっているから、それを要求する権利がある。

どの命題も、まちがっているようには思わないが、しかし、これで、ふりまわされるとはねぇ。

現実なんか知りたくない、現実たって、人間の脳で認識するんだから。

高橋源一郎が、「見えない戦争が終わった後で」という題で、解説をかいている。

「見えない戦争」が実はあったのだ、と。

ps 題名の「腑抜けたち」は誰をさすのだろう?家族?主人公?世間?

|

« 「選挙」 | トップページ | 「ダイハード4」「昭和人」「アメリカと私」等 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「選挙」 | トップページ | 「ダイハード4」「昭和人」「アメリカと私」等 »