« 「いとこ同志」 | トップページ | 「腑抜けども、悲しみの愛をみせろ」 »

2007.07.07

「選挙」

東大出の候補者が、「公募では、東大でてるからいいやってことかな」。自分でいうかー。
しかし、候補者の選挙期間中の、生活は、すさまじいいいいいいい。こんなんで、いいのって気がする。

これ、日本人じゃない目でみたら、どうなるんだろう、きっと、滑稽なんだろうな。

選挙カーにのって、名前を連呼する、出会う人に手をふり、握手する、、、、
選挙事務所では、電話作戦。有名な応援者の演説会への人集め。

人は、ほんとうに、上記のような誘いかけで、投票するんだろうか。

選挙の主役(あ、ドキュメンタリーだけど)が、開演前挨拶をされてました。
この間の選挙には、結局出ず、今は、無職なんだそうです。

映画に映ってる人で、ほんとは、消してほしい場面があるんだけど、実際のクレームはきていない、とのことでした(主役自身が、消してほしい、場面があるっていわれてました)。

「公明党の人、じゃないや、創価学会の人が、新聞とってくれっと、言うのさ、新聞代は払うんで、あなたの名前でとってほしいっていうのさ」。こんなの撮られたら、消してほしいよね、私だったら。

|

« 「いとこ同志」 | トップページ | 「腑抜けども、悲しみの愛をみせろ」 »

コメント

こんにちは♪
私も先日見てきました。
TBの数から言って見た方がとても少ないのではないかしら?
公開劇場も限られているでしょうし。
でも、すごく面白かった~!
選挙って過酷ですよね。
でも、なんだか楽しそうにも見えるんですよ。
あ、あの山さんは今は無職なんですか?
川崎氏宮前区にはもう住んでいないのかしら?
彼の人生においてあの補欠選挙中のドタバタはなんだったのかと自問していらっしゃるかも。
東大卒、切手コイン商というのもかなりユニークですけど、今後の山さんが気になります。

投稿: ミチ | 2007.07.08 10:10

■ミチさん、こんにちは。
感想人ごとのように書いてますが、じつは、おいらは、ボランティアで、選挙カーにのってたことがあります。夕暮れ時には、ペンライトをふってました。ほんと、選挙はおまつりです。人がいきいきしてて、アドレナリンを放出してます。
(応援してた方は、一度目は、落選、二度目は当選しましたが、住民の反応がちがってましたね、選挙カーにのってるだけでしたけど。当選するときは、ほんと、「頑張って!」ってな反応が多くありました)。

投稿: 悠 | 2007.07.08 11:13

田舎の選挙は面白いよ。
集落全体とか、親戚一同とか、みな同じ人に投票する。
若いころそんなあほなと自分で決めて投票したら
なぜか立会人をしていたおじに気づかれて
散々怒られた。
鉛筆の動き方で誰の名前を書いたか判るんかな。

投稿: かと | 2007.07.11 01:51

もうひとつ、
若いころ仲良しの友達のおじさんが立候補した
友達からお茶に誘われ
うちのおじさんに入れてと頼まれた
もちろんはじめから彼女のおじさんに入れるつもりだったけど
頼まれて入れるのはいやだから
私は自分の選んだ人に入れると答えた
あっ、そう!
あんたってそういう人やったんやね!
それ以来ずっと未だに絶好状態
年賀状も来ない
彼女も必死だったと今は理解できてるけど
私も若かったというはなし^^

投稿: かと | 2007.07.11 08:36

■かとさん、こんばんは。
ちいさい、田舎ではねぇ、だれが何票とるか、票がよめるもんね。
投票のお誘いもあるしねえ。

投稿: 悠 | 2007.07.11 23:06

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「いとこ同志」 | トップページ | 「腑抜けども、悲しみの愛をみせろ」 »