« 2007年7月 | トップページ | 2007年9月 »

2007.08.31

はも・あみだ・はも・あゆ・たこ!

がんぎ・フグどく・ぎちゅういち・サザエ・鰹・こしょ鯛・・・・・

Photo_3魚説経の舞台はおわりました。

続きを読む "はも・あみだ・はも・あゆ・たこ!"

| | コメント (4)

深川安楽亭@青年座

Photo山本周五郎原作の舞台化。同じ原作を舞台にしたのが無名塾(仲代達也)の「いのちぼうにふろう」
写真は、いただいた、出演者の方のサインです。

続きを読む "深川安楽亭@青年座"

| | コメント (0)

2007.08.25

2007-8-25

日傘購入、リハーサル(申し合わせ)、意志のちから

続きを読む "2007-8-25"

| | コメント (9)

2007.08.22

「いつまでもデブと思うなよ」岡田斗司夫

新潮新書,2007,8,20
オタク学、デブの著者が一年で50kgやせた(ちなみに171センチ、一年前は117kg、いま67kg)。
ひけつは、メモ帳一冊!

続きを読む "「いつまでもデブと思うなよ」岡田斗司夫"

| | コメント (7)

2007.08.20

三題話

ビジネスとしての「お寺」
惚け防止と脳トレ
経済政策の失敗

続きを読む "三題話"

| | コメント (2)

2007.08.19

「吉原手引草」小説@ショート・ショート

松井今朝子、幻灯社、2007.7.20 第6刷 一話一話がかたりです。
おまえさん、なにかえ、身請け前に逃げた遊女葛城のことを調べておいでなさるのかぇ? それとも、ここのなかで、どうやったら、遊女の気を引くかをおしえてほしいっておおもいかぇ?

続きを読む "「吉原手引草」小説@ショート・ショート"

| | コメント (2)

2007.08.18

舞台がちかい、、、、、

昨日が稽古日。まー大丈夫だと思ってた「魚説経」の台詞が、2、3つ飛んでいる。
代役の「呼声」の二郎冠者、なーに、台詞なんて、と、思ってて、台詞は大丈夫なんだけど。

続きを読む "舞台がちかい、、、、、"

| | コメント (4)

2007.08.15

ニコール・DAY@DVD

いくとこもねぇ、見る映画も、舞台もねえ。
TUTAYAで、借りたDVD。いずれも、ニコール・キッドマン主演。
「記憶の刺」「毛皮のエロス」。どちらも近所の映画館には回ってこなかった。

続きを読む "ニコール・DAY@DVD"

| | コメント (7)

2007.08.12

「外国語を身につけるための日本語」

白水社、三森ゆりか、2003.10.5
「日本人はなぜ英語ができないのか」岩波新書、鈴木孝夫、1999.10.5

日本人は、すぐに英語に翻訳できるように、言葉をはなしてない。
「やっぱりあれよね、冬は鍋」「あれですか、試験は受けた方がいいですか」
こんな言葉をはなしてるのに、急に、英語ではなせって言われて、どうやってはなすんだ。

続きを読む "「外国語を身につけるための日本語」"

| | コメント (4)

「串田戯場」@串田和美

(株)ブロンズ新社、2,007.6.25
この前「幽霊はここにいる」@安部公房の舞台で、串田さんをみられると思ったら、お病気で、出演がなかった。
歌舞伎の演出、「夏祭浪花鑑」「盟三五大切」「三人吉三」「平成中村座」「四谷怪談」と中村勘九郎さんとかかわられた舞台の演出についてかかれてある。

続きを読む "「串田戯場」@串田和美"

| | コメント (0)

2007.08.08

怪談@映画、ショートショート

夢の中でおいらは、深川に身をひそめ、小唄なんぞを、豊志賀師匠にならっている。
師匠の元に「新」ってな奴がでいるするようになって大分たつ。

続きを読む "怪談@映画、ショートショート"

| | コメント (4)

2007.08.06

速度ノ花

山田せつ子、五柳書院、2005,12,17

サシャ・ヴァルツの公園に出演してた、日本人ダンサー鈴木孝子さんが、アフタートークで、私は、??のもとでダンスを始めたんですが、そのころ、??は舞踏派ではなく、ポスト舞踏派と呼ばれてました、と話されていた。山田さんが、自己をポスト舞踏ですと述べてられる、ので、関係ありかな??。鈴木さんの話、注意してきいとけばよかった。この本を知ったのも、サシャ公演をみたことの縁による。

続きを読む "速度ノ花"

| | コメント (0)

2007.08.04

2007−8−4日常

謡と仕舞の稽古。
最近、大声出して謡わないようにしてるんだけど、今日は師匠から「お前が、大きい声がでるように、私は、大きい声を張り上げて謡ってるのや」「声がかれても、いい、次にはおおきい声がでるんやから」と注意される。

200708042231000知り合いが能面教室に通って彫った第一作。ほめてもらってきたが、かえさなあかんやろうな(笑)。

続きを読む "2007−8−4日常"

| | コメント (8)

夏のフェスティバルーーその2

劇団地点「かもめ」(原作チェホフ)
演出、主宰の三浦基さんは、もと「青年団」(主宰平田オリザ)のとこにおられたのかな?今は京都で、チェホフの4大戯曲連続上演を目指しておられ、本作は2作目。

続きを読む "夏のフェスティバルーーその2"

| | コメント (0)

夏のフェスティバル2007

@琵琶湖ホール どっちみち大津へ行くんだし、怪談@映画も観たいしと、早起きして稽古にいきましたが、結局、映画はみられなかった。

ソロダンス「9」@東野祥子、
サシャ・バルツ&ゲスツ「ケルパー(身体)」
地点「かもめ」(原作チェホフ)

写真は、琵琶湖ホールにあった、戦後演劇ポスター展200708041751000より


続きを読む "夏のフェスティバル2007"

| | コメント (0)

2007.08.01

『歩きながら考える 』

五柳叢書、川村毅作。
川村毅は、第三エロチカの主宰者(っても、川村さんの舞台はみたことがない^^;.
この五柳出版社、この間、紹介してもらった本「速度の花」の出版社でもあった。

続きを読む "『歩きながら考える 』"

| | コメント (4)

« 2007年7月 | トップページ | 2007年9月 »