« 夏の夜の夢@子供のためのシェイクスピア | トップページ | HERO@映画 »

2007.09.09

夏の夜の夢@その2

キム・ティさんは、舞台に出てられるときより、舞台化粧をおとされて、アフタートークのでてこられたが、こちらの方がよりきれいだった。

この、お芝居の面白さは、

「へい」
「へいってなんだかわからない。おれ理科苦手なんだ」
「理科じゃないだろ!」
ここで、ドアをあけて出てきて@パントマイム、こんどは、これを迎える方に回り、「おつとめごくろうさんです」(と、頭をさげる)。ってな、シェイクスピアの台本とおりとはちがう遊びがあること。ボトムは、口パクで、「千の風になって」を歌うし。

で、先ほどの「へい」のパントマイムのところ、韓国人には、わからないそうです。韓国では、刑務所から出る人には、「とうふ」をもっていって出迎え、出てきた人がこれを食べるのだそうです@キム・ティさんのアフタートーク。

それと、韓国の学生の男性はまめで、つきあった100日記念日だとかに、彼女が立寄りそうなところに、例えば喫茶店に、「こういう女性がきますので、このバラを渡してください」という、手の込んだことをするんだそうです。
それと、一日、10回ほどは電話し、手紙も数通書くとか!

日本とは、だいぶ恋愛事情がちがいますな。

|

« 夏の夜の夢@子供のためのシェイクスピア | トップページ | HERO@映画 »

コメント

>悠さま
>日本とは、だいぶ恋愛事情がちがいますな。
韓国公演,楽しんできてほしいです。
アジアの恋愛事情は家族の絆が強いから,その布石なんでしょう。

投稿: とみ(風知草) | 2007.09.10 23:24

■とみさん、おはよう。
ほんと、韓国でも、楽しさを、感じてほしいですね。
福井さんが、キムさんに、「それって、結婚してもつづくんですか」
キムさん「いいえ、結婚するまでです」福井「あーよかった」(会場 暴)ってのが、その後つづいたトークです。

投稿: 悠 | 2007.09.11 06:44

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 夏の夜の夢@子供のためのシェイクスピア | トップページ | HERO@映画 »