« エレンディラ@考察モード | トップページ | 夏の夜の夢@その2 »

2007.09.09

夏の夜の夢@子供のためのシェイクスピア

ロビーで、小田島先生をおみかけした。でも、右手に包帯をされている。あれ、本当に小田島先生?
って、思ってたら、終演後のアフタートークで、福井貴一さんが、客席の小田島先生を紹介されていた。開演前には、イエローヘルメット@黒コート団、滋賀出身である福井さんの歌が聞けました。

伊沢麻紀、福井貴一、佐藤誓、山口雅義、戸谷昌弘、土屋良太、キム・ティ、大内めぐみ、山崎清介、人形ってな出演者が、一人でいくつかの役を受け持ってられた。土屋さんは、渡辺えり子さんの旦那さん。

再現風というか、シェイクスピアの台本とおりにやるより、語りをいれたり、森の木を人がやったり、黒コート+黄ヘルメット+帽子の一人が、コート等をとると、ヘレナだったりする、この「子供のためのシェクスピア」好きなんです。

今回も、舞台は、机だけ、音楽は手拍子と、口でならす音のみ。簡素すぎる。

翻訳劇のとき、台詞が聞き取れないときがあるんだけど、たとえば、ハーミア@キム・ティさんの台詞「私を、きらいになったの?」ってのを、黄ヘルメットの縁者が繰り返す。こういう工夫があるので、台詞が聞き取れないってなストレスはない。

パックが、「どすこい、どすこい」「うぉっす」なんて、相撲取り風の台詞あったり、テンポがよく、観客も、前半が終わったところで、拍手したり、劇中劇でも拍手したりと、のりがよかった。ボトムが、ロバの口、ロバの角をつけて、あらわれると、「あ、ろば!ろば!」と子供の声があったりとのりがよかった。

この劇、今日が日本最終公演で、次は、韓国公演です。無事終わるのを祈ってます。

|

« エレンディラ@考察モード | トップページ | 夏の夜の夢@その2 »

コメント

>悠さま
>たとえば、ハーミア@キム・ティさんの台詞「私を、きらいになったの?」ってのを、黄ヘルメットの縁者が繰り返す。こういう工夫があるので、台詞が聞き取れないってなストレスはない。
子供向けの工夫が楽しいですね。ワタクシ的には,パックとオーベロンが親子であることがバレバレのお衣装が笑えました。ヒポリタはオーベロンの元カノとか。好みに一貫性があってよろしい。これって子供向けなんやろか。

投稿: とみ(風知草) | 2007.09.10 23:21

■とみさん、おはよう。
>バレバレのお衣装
あ、そうか、といまごろ気がついてます(^^;)
狂言は、大人のためのものですけど、子供にもうける、それに似てますね、きっと。

投稿: 悠 | 2007.09.11 06:46

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« エレンディラ@考察モード | トップページ | 夏の夜の夢@その2 »