« 読書日記2007.11.14 | トップページ | 「ボーン・アルティメィタム」 »

2007.11.15

「ユーゴ(有故)」

「朝まで生テレビ」でおなじみのカン・サンジュさんの講演を聞いてきた。
韓国の朴大統領の暗殺事件を扱った映画だそうだ、原題は、「そのとき、その人々」だが、意味をとって「ユーゴ」という題になったそうだ。

朴大統領は、日本の陸軍士官学校を出た軍人でもあった。
彼が、大統領となり、今、問題となっている金大中拉致事件に関わり、側近に暗殺される。

秘密宴会で、当時、韓国では日本文化を紹介できなかったのに、歌われていた歌は演歌「北の春」@日本の演歌。

ほんとに、映画みたいだ、けど、これが映画になる。

日本でいえば、田中角栄の収賄事件が映画になるみたなものかな(笑)。

カンさんの話し方が、ゆっくりとして、すこし、テンポがあってもってなもんでした。田原総一朗さんの企画でした。

いつ公開か、聞き忘れた(^^;)

|

« 読書日記2007.11.14 | トップページ | 「ボーン・アルティメィタム」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/140581/17076480

この記事へのトラックバック一覧です: 「ユーゴ(有故)」:

« 読書日記2007.11.14 | トップページ | 「ボーン・アルティメィタム」 »