« 「ライオンを夢見る」 | トップページ | 読書日記2007-11-25 »

2007.11.24

アスリートとわが名よばれん秋の暮れ

ふ、ふ、ふっ、たかが、2km走れるようになっただけで、これですもんね(笑)、ほんと、こまった性格だ。で、10日間期間限定ランナー生活が終わりました。

でも、なんば走りが体験したくなって、「古武術で毎日がラクラク」(荻野アンナ、祥伝社)「甲野善紀身体操作術」(dvd付 河出書房新社)、「ナンバ走りを体得するトレーニング」(MCプレス)。荻野さんの本で紹介されている一本足の下駄まで注文しました(笑)。

「言語技術が日本のサッカーを変える」(田嶋幸三、光文社新書、2007,11,20)。
サッカーのスタイルは国でちがう、たとえば、守りを固めるイタリア、ワンツーパスをつかって速いスピードでボールをつなぐドイツ、「キック&ラッシュ」のイギリス。ところが、日本は伝統をすりあわせる作業をしないまま、それぞれの国のサッカースタイルを取り入れてきたと、著者はいう。

考えることがなく、自分がなぜ、そこへパスするかを、説明する言葉をもたない日本人プレイヤー。

これって、他の分野でおきたこととおなじだよね。

JFAが、福島に中高一貫校をつくって、エリート教育を実践している。

指導者が、選手に説明する言葉をもつ必要があるな〜。
そこいくと、狂言何ぞは、「これは、このあたりのものでござる、それがし、叔母じゃ人にねだって酒を飲もうと存ずる」なんて、自分で、自分の行動を説明している。これだよね(ちがうか、笑)。

それと、「古武術」読んでたら、昔の能の歩き方は、今とちがっていたかもしれないって出ていた。おいらも、体験的にそう思う。能の、歩くとき、前に出す足、つま先があがるのに、ずっと違和感があったんだ。きっと、明治以降にかわったんだと思う。

|

« 「ライオンを夢見る」 | トップページ | 読書日記2007-11-25 »

コメント

一本足の下駄、気になりま~す
それで歩けたりするんですか??

投稿: maki | 2007.11.24 20:57

□makiさん、こんばんは。
http://www.m-bbb.com/products/g.html
ここに載ってるんですけど、5本のうち一本だけとめて、使用してるって、荻野さんの本にありました。うちにとどくまで、10日ほどかかるみたいなんです。歩いたら、報告しますね。

投稿: 悠 | 2007.11.24 22:26

鞍馬山の天狗がはいてるあれは一本葉というのでっせと
突っ込みを入れようとしたけどちがった。
見るからに捻挫をしそうな
やっぱり何とかの冷や水だ^^。

投稿: かと | 2007.12.02 07:40

□かとさん、こんにちは。
一本歯ですよね。思い出しました。
いやぁ、低いから捻挫のしようもないものでした。
いいんです、おいらは、「へんな、じじい!」と思ってもらえれば(爆)。からだ壊さない程度でやってます(^^;)。

投稿: 悠 | 2007.12.02 11:23

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/140581/17168932

この記事へのトラックバック一覧です: アスリートとわが名よばれん秋の暮れ:

« 「ライオンを夢見る」 | トップページ | 読書日記2007-11-25 »