« 「追奏曲、砲撃」 | トップページ | 「マウス・トラップ」 »

2007.12.24

「椿三十郎」

なんか、他のブログみてたら、評判いまいちだったんで、どうしようか、迷いましたが、見てきました。
上質の娯楽作品にしあがってましたよ。いまいちの評判はなぜ?

「T・R・Y」っていう、日中戦争時代の、日本、中国を舞台の詐欺師の物語,これ、おしゃれだったんですよ。この映画の織田裕二がよかったんですよ。(「踊る大捜査線」より)。

今回も、「T・R・Y」の方の織田裕二で、他の役者もよかったです。
物語も、「正義」なばかりで、討ち死にしそうな、悪人にころっとだまされてしまいそうな、若サムライを、引き連れて、なんとか、彼らの正義をまっとうさせる。

でも、この若い奴ら、結局、三十郎なんぞに世話になったこと、忘れてしまうだろうな、って雰囲気も、よかった。

古典芸能の世界では、明治以前から、今にいたるまで、たとえば、「末広がり」「ぶす」なんぞをやっています。昔の、初代千作が演じた「末広がり」のDVDが、あれば、若い奴が演じる、「末広がり」なんぞ、みたくもないわい、ちゅうわけには、いかんのです。
やはり、時代、時代で、同じ台本でも、同じ親から習った芸でも、かわります。

それと同じように、映画作品の原作とおりのリメイクがあってもいいんとちゃう。
よくできた台本ですもん(笑)。

|

« 「追奏曲、砲撃」 | トップページ | 「マウス・トラップ」 »

コメント

確かに「良質」ですね。駄作ではありません。
脚本、そのままですし。(^^;)
織田くんは、「踊る…」のイメージが強烈過ぎて損してるかもしれませんね。悪役も定石通り、ダマされる(トヨエツ)のも、あまりに簡単。現代映画としては、「デス・ノート」のような、一風変わった、入り組んだ話が好まれるのではないかな~。どちらかといえば、「善人」のモデルケースとしての「三十郎」、現代では人間的魅力に欠けるのかも。
昔なら「ちょい悪」に思えた人も、今では「古く」て、少しも「悪」の部分が見えないのです。

西部劇の流れ者ガンマンのイメージ、そのままのようで。

投稿: あかん隊 | 2007.12.24 01:53

□あかん隊さん、こんばんは。
>脚本、そのままです
そうそう、脚本がいいですよね。きっと、どんなリメイクでも、脚本とおりだと、きっと、いいしあがりになりますよね。
>西部劇の流れ者
そうそう、きっと昔は、アメリカ映画意識してたんですよね。いまの韓国映画に、よその国を意識してるって感じがあるんですけど。ちがってます??

投稿: 悠 | 2007.12.24 19:56

こんばんは♪
やっぱり黒澤映画を見たことのある人はちょっと辛口になってるんじゃないでしょうか?
この映画は三船敏郎への当て書きだったでしょうし。
笑いのツボなんかは何十年たっても変わらないんだな~と思いました。
よく出来た脚本ですよね。
黒澤版で若侍は加山雄三だったと思うのですが、この役は松山ケンイチ君の方がニンに合っていたと思います。

投稿: ミチ | 2007.12.25 23:53

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/140581/17459129

この記事へのトラックバック一覧です: 「椿三十郎」:

» 映画 【椿三十郎】 [ミチの雑記帳]
映画館にて「椿三十郎」 黒澤明監督と三船敏郎のコンビが1962年に放った傑作時代劇を森田芳光監督がリメイク。 おはなし:町外れの社殿で、上役の不正の告発の相談をする井坂伊織(松山ケンイチ)ら若侍9人。そこに突然薄汚れた浪人(織田裕二)が現れて、慌てふためく若侍に逆に的確なアドバイスをし、室戸半兵衛(豊川悦司)率いる悪者の手先から彼らを逃がしてくれた。 黒澤明版はかなり以前に見たことがあります。 このリメイク版は脚本を全くいじらず、おまけにカメラワークもカット割りまでもオリジナル版に似せている... [続きを読む]

受信: 2007.12.25 23:50

» 踊る大捜査線3に岡田准一!織田裕二腹をくくった【画像】【動画】 [踊る大捜査線3に岡田准一!織田裕二腹をくくった【画像】【動画】]
織田裕二(40)がやっと腹を決めた。フジテレビが映画「踊る大捜査線3」制作委員会を立ち上げに動き始めた!出演はいつもの顔ぶれ。織田裕二との確執がある柳葉敏郎をはじめ、ユースケ・サンタマリアらが出演する。製作サイドは第2弾の173億円を上回る200億円を目指している。「いかりや長介扮する和久刑事は引退し、海外で暮らしている設定。織田裕二が写真に向かってアドリブで話かけるシーンが盛り込まれる。また、ユースケ・サ�... [続きを読む]

受信: 2007.12.27 12:09

« 「追奏曲、砲撃」 | トップページ | 「マウス・トラップ」 »