« 『カンナさん、大成功です』 | トップページ | 「椿三十郎」 »

2007.12.17

「追奏曲、砲撃」

桜園会、深津篤史、作/演出。
大阪で家庭を持っていた、父が、沖縄で、別の人と所帯をもっている。
沖縄では、弟がいるかもしれない。
祖母が死に、父と連絡をとらなければならなくなって、父に電話すると、内妻が出て、父に電話をつなぐ。

物語らしい、物語といえば、そういう話だけど。でも、これがストレートで、出てくる訳ではない。断片をつなぎあわせるとそうなるだけの話なんだけど。

舞台には、円形のカウンターらしきもの、両端は階段になっている。
一瞬に、あるときは、沖縄のスナック、大阪南のスナック、大阪の川べり、沖縄の海べりになる。

「おれ、アメリカ人になりたいねん」というスカジャンをきた日本人。
「おれ警備員なんやけど、親父、バイオリン弾いてたんや、つらいぞ、芸術家の息子は」という警備員が面白かった。

沖縄、大阪を結び、大阪(北)の家庭、沖縄(南)の家庭。家庭ってなんなんや、とい問いかけがある。

父、息子以外の人物は、問題を抱えながらも、家庭している。でも、壊れた家庭の中でも父を求める主人公の作家が切ない。

大阪の川で、魚は、半分、ネオンをあび、半分は川の暗い底をみている、しかし、魚を見る人には、死んでるとしかみえへん。

|

« 『カンナさん、大成功です』 | トップページ | 「椿三十郎」 »

コメント

なんか、ここ
純文学サイト読んでるみたいだじょ~

投稿: b | 2007.12.20 09:55

□bさん、こんにちは。
たまには、純文学したいときもあるねん(笑)。

投稿: 悠 | 2007.12.20 14:32

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/140581/17389634

この記事へのトラックバック一覧です: 「追奏曲、砲撃」:

« 『カンナさん、大成功です』 | トップページ | 「椿三十郎」 »