« 能「檜垣」 | トップページ | 昭和の時代 »

2007.12.13

「ロング・グッドバイ」(THE WRONG GOODBYE)

矢作俊彦、角川書店、2004.9.11
レイモンド・チャンドラーの「ロング・グッドバイ」(THE LONG GOODBYE)ではない。一度買って読まずに古本屋に売った。気になって図書館で借りて読んだ。
やっぱりチャンドラーの本を読んでから読む本だ。本には、読むときってものがある。人生には、赤い糸が呼んでくれることもあるのだ。

探偵が、
最初、酔っぱらいと出会うところ、
その酔っぱらいを空港まで運ぶのを手伝ったあと、その酔っぱらいが殺人罪の容疑をかけられているのを知る、
酔っぱらいが死んだと聞かされる
、、、、、、、、
等々が共通するって、矢作さんが、チャンドラーの作を、換骨奪胎しているのだ。

ジャパニーズ版「ロング・グッドバイ」は、1975年に終わったベトナム戦争というか、ベトナム反戦運動へのオマージュのようなおもむきがある。

「バーナムの森」なんて名前がでてくる。ふふ、「マクベス」だっちゅうの、それは。

「なー、この年になると、人と別れるのはそう辛くない、、、、別れもいわずにいなくなられるのは、、、、たまらない」
「さよならっていうともうあえない気がして、もちろんだれでもってわけじゃないけど」
そういう別れの話だ(^^;)

ハードボイルドは、(おいらの口癖がはじまる)、取り返しのつかない、過去を懐かしむ、センチメンタルな物語だ、もちろん、振り返るには、もちろん、酒がいる。





|

« 能「檜垣」 | トップページ | 昭和の時代 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/140581/17359361

この記事へのトラックバック一覧です: 「ロング・グッドバイ」(THE WRONG GOODBYE):

« 能「檜垣」 | トップページ | 昭和の時代 »