« リンボウ先生の<超>低脂肪なる生活@林望 | トップページ | 本日、ウォーキング日和 »

2008.03.08

クロサギ@映画

山崎努さん、小須田康人、北村有起也、がでていた。
とくに、山崎さん演じる桂木、これがよかった。
「もう、あきた、ブルータスごっこ!」「今度はシーザーごっこにしようよ」
日本刀をもって、「ブルータス、お前もか?」
野外舞台で、日本刀をもって、「赤城の山も今宵かぎり、、、」

人生に憂いた老人、詐欺も、人生もPLAYだ。
シェクスピア役者の山崎さん、ほんと、よかった。

で、映画の方は、なんか「情緒めんめん」「思い入れたっぷり」ってな場面があって、こういうとこ抜いた方がいいんじゃい、ってとこが苦手だった。
昔みた「マコト」っていう映画の情緒面々に似てた。
これがなく、テンポよくすすむと、ほんと、いい映画だったのに。

情緒めんめん部分は、禅がアメリカに行って、スマートにばって帰ってきたように、アメリカにも通用するものをってな思考があれば、よくなるんじゃない。村上春樹の小説は、最初からアメリカの読者想定してるみたいな(~~;)

|

« リンボウ先生の<超>低脂肪なる生活@林望 | トップページ | 本日、ウォーキング日和 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/140581/40429635

この記事へのトラックバック一覧です: クロサギ@映画:

« リンボウ先生の<超>低脂肪なる生活@林望 | トップページ | 本日、ウォーキング日和 »