« マイ・ブルーベリー・ナイツ | トップページ | 王妃の紋章@映画 »

2008.04.08

なにが伝統芸能でぇ(笑)

「海からみた歴史と伝統 遣唐使・倭寇・儒教」小島毅、勉誠出版 2006、12
著者の本は、「義経の東アジア」「足利義満消された日本国王」「東アジアの儒教と礼」と読んできました。
日本独特のものってぇのは、あるもんけぇ。全部、中国、朝鮮からきたもんだ、いまは、ヨロッパ、アメリカからきてるけど。

例えば、お能、お能って、複式夢幻能、僧が旅にでてくると、老婆、老人に出会う。で、夜を過ごしている間に、老婆は、実は、小野の小町、老人は実は義経ってもの。
彼らは、僧に成仏を頼んで消え去る、こんな物語、仏教をのぞいたらなりたたないじゃん。(あ、仏教は中国からきたんだよ)。

で、明治維新の原動力となった、神道、実は、これは、中国から輸入された道教に、儒教がプラスされてできあがったもの、靖国神社なんて、神道に儒教がいろつけされてできている、、、おお、、、そうだったのか。

考えてみれば、当時の中国は、圧倒的な先進国、それを学ぶしかなかったんじゃない。韓国は、中国以上に儒教の国になってたときもあって、モンゴル民族が支配し、弁髪なんてのをはやらした野蛮な、清国により、自分とこの方が偉いっておもってたんじゃない??

遣唐使廃止、鎖国っていうけど、物の分布をみれば、僧の交流、民間の交流をみれば、中国、韓国、日本は、交流してたんだ、ってのわかる。

日本には、中国の影響をそのときどきに受けて、道教、儒教が流れ木ている。そういえば、いつも稽古に行く宗安寺に、冠は道教、服装は仏教、履物は儒教ってな不思議な人物がおかれている(なんとか太子)。

|

« マイ・ブルーベリー・ナイツ | トップページ | 王妃の紋章@映画 »

コメント

あ、この本のこの作者、僕の同級生ですわ。
相変わらずだなあ。

投稿: 両 | 2008.04.09 07:49

□両さん、こんにちは。
ひゃ、小島さんと同級生ですか。小島さんの本ここんとこはまってます。
学者さんの本とは思えない、でも、学者の本です。おもしろいですよ。

投稿: 悠 | 2008.04.09 12:11

両さん、こんにちは。同級生って麻布のですか?

投稿: まこ | 2008.04.11 19:02

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/140581/40816926

この記事へのトラックバック一覧です: なにが伝統芸能でぇ(笑):

« マイ・ブルーベリー・ナイツ | トップページ | 王妃の紋章@映画 »