« 「あの大鴉、さえも」@ピッコロシアター | トップページ | 日本音楽の再発見@平凡社 »

2008.04.27

シアトリカル@映画

唐十郎と劇団唐組の記録。
昔、むかし、おいらが大学生だったころ、赤テントに大学で公演をって企画があってったんだけど、結局もの別れで、赤テントは、通り抜けて広島大学で公演してっった。その後、京都糺すの森での公演をみたことがあります。
あのころの2枚目は、根津さんだった。終盤、テントの後ろが、あけはなたれ、根津さんの矢がはなたれるってな演出に、感動してました。(そのころは、シェイクスピアの芝居なんてなんだ、って、その後、観ることになるなんて思わなかった。)

「行商人モネ」ってな芝居が書かれてできあがるまでの、唐組のレポート。

唐さんって、権威者で、酔っぱらうと人格かわって、急に、劇団員を責める。これが、連合赤軍とことなるのは、回りの劇団員が、まーいつものことだ、よっぱらいのおっさんなんだから、ってな余裕があること。映画監督の大島渚の息子大島新と喧嘩する場面があるんだけど(おいらは、新の方が悪いとおもう)、これも、パフォーマンスぽぃい。

でも、昔とかわってないや、唐さん。ほんと。

台詞の、息継ぎのところで、でこで息をつぐか。
主役が歌ってるときに、回りの訳者は、ただいるのではなく、どういう「いる」あり方をするのか。
台詞が言い終わるとき、つぎの台詞が、どの間で、発せられるべきか。

いやぁ、この演出の場面は、ほんと参考になりました。

でも、唐さんがかわらなっかったってのは、いいことなんだろうか。
根津さん、小林薫さん、佐野史郎さん、むつさかさんとか、みんな劇団でたのは、なぜなんだろう。今回は十軒寺梅軒さんが客演ででてられた。

|

« 「あの大鴉、さえも」@ピッコロシアター | トップページ | 日本音楽の再発見@平凡社 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/140581/41013617

この記事へのトラックバック一覧です: シアトリカル@映画:

« 「あの大鴉、さえも」@ピッコロシアター | トップページ | 日本音楽の再発見@平凡社 »